雪之丞な日々Ⅱ



獺祭祭。

先日通りがかりの酒屋さんで「獺祭」の酒粕が売っていたので思わず購入。

今まで酒粕なんて買ったこともなかったしあまり好きでもなかったのだけれど、今年の初詣で1杯の甘酒にとても心温まったので興味があったの。


で、買ってしまったはいいけど、初買いの酒粕をどうしたらいいんでしょう。

確か以前置きぬけに「はなまるマーケット」で酒粕特集をやっていたのをおぼろげに覚えていたのでレシピを探すと「はなまるマーケット」での酒粕特集を発見。

へえ、結構使い道があるのね。
何にしようかな。

もともと魚が好きだし、西京漬けやら粕漬けは大好き。
ならばやってみよう、魚の粕漬け。

昨夜はちょうど駅近くのスーパーの魚が半額に。
タラと鮭の切り身を安く購入。やった!

そしてレシピのとおりつけてみる。
すごく簡単。
そして何よりも酔いしれたのが酒粕のいい香り。
うわーっ。
酒粕ってこんないい香りがするのね~。

そして酒粕を買った店で買っておいた「獺祭発泡にごり酒」も冷蔵庫に待機しているし。

そして今日、よく思ったより早めに家に帰れたので。

祭り開催。

d0137764_23152052.jpg
焼き方もなるべくレシピに載っているとおりやっていたけれど、オーブンがないのでコンロの魚焼きのオーブン機能を使う。

どうも火の加減がわからないし、ちょっと焼きがたりないような。と思って最後に強火にしたらこげちゃった。
こういう漬けた魚って焼き方が本当に難しい。

でも獺酒の発泡にごりとおいしくいただきました。
にごり酒というと甘いイメージがあるけれど、これはすっきり、強気な味。
開ける時に勢いがよくてあわてたけれど。
今年の泡だちは強めだって酒屋さんも言っていたっけ。

ちょっと塩気が強めだった魚にも負けませんねー。
もうちょっとふっくら焼けるとよかったなぁ。でもおいし。



まだあまっている酒粕。次は何に使おうか。
粕鍋にしてもいいかも。身体が温まりそう。

とにかく今回酒粕を買ってみてその香りのよさにうっとり。
これは獺酒の酒粕だからこんなにいい香りなの?
それともスーパーで売っている酒粕もいい香りなの?
なんか顔とかにも塗っちゃいたい感じ。すべすべになりそう。

これをかった酒屋さんで、今、八海山の酒粕が売っているのを買っておくべきか迷い中。

ひな祭り代わりの獺祭祭は私なりにやり遂げた感があって満足かと。






そして今日はもうひとつおいし、うれしいことが。

お昼前にピンポーン。
出てみるとお隣の方。

「今日、お雛様で散らし寿司をたくさん作ったのでよろしかったらと思って。まだ作りたてで味もわからないんですけれど。」

d0137764_0103410.jpg
散らし寿司をおすそ分けしていただいた。

使い捨てのお弁当ケース(というの?)には散らし寿司だけではなく、菜の花とジャコとカリカリに焼いた揚げの和え物とデザートのイチゴまで。

エレベーターでたまに会った時にお話するだけなのに。


本当に作りすぎてしまったのかわざわざ多めに作ってくださったのかはわからないけれど、独りで暮らす私のために、こんな風にお弁当のようにしておすそ分けしてくださるスマートな心遣いがとてもうれしい。そしてきっと時間的にもまだお昼ご飯を作ってしまわないうちに、でもお昼に間に合うように配慮してくださったに違いないタイミング。

仕事がなければこのまま公園にでもビールとともにもって行ってピクニックをしたい感じ。それは無理だったけど。


早速お昼にいただくと、レンコンやしいたけ、その他の具がたっぷりの優しい味の散らし寿司。
ものすごく箸がすすむ味。おいしいしなんかすごくうれしい。

ご馳走様でした。そしてありがとうございました。
マンション住まいで周りの方が良い方だというのはとても安心なこと。



ここに引っ越こしてきてもうすぐ1年。

エレベーターで会った方々とは必ず挨拶を交わすし、交通整理のおじさんも「行ってらっしゃい」と声をかけてくれるし、酒屋さんでも「かばんのチャック、開いてるけど大丈夫?」と言ってくれたり。
長年東京に住んでいるれど、いままでこんなことはなかった。


なんだか思いがけずとても良い環境の中で過ごせていることに感謝。
# by yukinojyo3 | 2008-03-03 00:19 | Trackback | Comments(8)

梅は咲いたか!

朝ニュースで「梅が見ごろです。」って聞いたような気がしたのよ。

そこで私は思いついた。

「そうだ梅を見に行こう!」

そして梅をみるなら「梅が丘」に決まり!!でしょ!



電車で行けば簡単なんだけど、色々な街を歩くのが大好きなので、違う方向から歩いて見ることに。

早速地図で道を確認。
世田谷区ってすっごく道がわかりにくい。
道一本間違えるととんでもない方向に向かってしまったりするので、ポイントをチェック。

天気はいいし、土曜日独特ののんびりとした雰囲気のなか歩いているのは気持ちがいい。

難しい曲がり角も無事通過したようで珍しく順調順調。

そしてそろそろ私の目指す「梅が丘公園」が出てくるはず。



まだかなぁ。

あ、あったあった!公園が見える。
早速公園に入って行こうとしたけれど、ふと目にした「露店、出店、禁止」の看板。
あれ?数年前にH嬢と来たときには露店が出てて、買い食いした記憶があるんだけど。
それに人が少ないような。

そこで公園名を確かめると「羽根木公園」と書いてある。

やっだぁ~、公園は公園でも違う公園じゃな~い。



でもこうなると「梅が丘公園」の位置がわからない。
とにかく梅が丘の駅を目指してみるか。


そのころにはさっきまで雲ひとつなかった空に雲がかかりだし気温も下がってきたような。
いそがなくちゃ。
住宅街の中で迷いながらもどうやら梅が丘の駅が近くなってきた様子。

そして家族連れやカップルなども増えてきたので、その波についていって見ると、その先には公園が。

やっとたどりついたよ、「梅が丘公園」。ホッ。

で、ふと入り口の地図を見てみると

「羽根木公園園内地図」

ん。



「羽根木公園」?
これ「梅が丘公園」じゃないの?

ってところでやっと気がついた。



そもそも「梅が丘公園」なんて存在しないのだよ。

私が「梅が丘公園」と勝手に命名していたのは

梅が丘駅からすぐの羽根木公園の梅林だったんだーー!!

思い込みって怖い。
それに私の見ていた地図は小さいので公園名まで書いてなかったのよ。



って事は、

私はちゃんとこの公園にたどり着いていたのにわざわざ回り道をして別の入り口にたどり着いたというわけ。

よくよく思い出してみればH嬢ときたときにも「羽根木公園に梅を見に行こう!」だったよね。
先に思い出しなさいよ、だわ。



もうがっくり。



でもせっかくたどり着いたんだから梅よ、梅。


階段を上っていくと、そこには見渡す限り梅の木が。






確かに梅の木が。







花は。








ほとんど咲いていないじゃないの!!
一分咲きぐらい?

なんだかさみし~い感じ。



しかも、そのころには風まで吹いてきて、その隣にある土のグラウンドから土ぼこりが襲ってきた。
朝洗ったばかりの髪も顔も一瞬にしてざらざらに。



なんか悲しくなってきた。
悔しいからまだ花の咲いていない梅林を一周し、そこで気力もなくなり駅に向かう。
途中にかかっている「ひな祭り」の歌。



この物悲しいメロディーがなんとも私の気分を一層かなしーくさせるのよ。

なんで「お祭り」なのにこんなにもの悲しいメロディーなのかしら。



いつもなら商店街など探索するのだけれど。
そして「梅が丘」の駅の周りは商店街がいっぱいで楽しそう。

だけど、おとなしく電車に乗ってすごすごと帰宅。

あーあ、せっかく盛り上がって出かけたのに散々だったわ。

そもそも「梅が見ごろ」と小耳に挟んだのはなんだったんだろう。
東京のことではなかったのかな。


そして何回も梅を見に行っているのに「羽根木公園」を勝手に「梅が丘公園」と思い込んでいたとは。



私のやることはいつもどこか抜けている。

なんだかなぁ。

でも途中までは気持ちよかったからよしとするか。




梅の見ごろはまだちょっと先かしらね。

こんどはいっそのこと水戸の「偕楽園」にまでいっちゃおうか。




というほど梅の花が好きなわけでもない。
# by yukinojyo3 | 2008-03-01 23:20 | Trackback | Comments(2)

2月って。

なんだかあっという間なのよ。
それじゃなくとも他の月よりなんで日数が少ないの?うるう年ってだれが決めたの?
31日まである月と折り合いはつかなかったの?とか思っている2月。

毎年うっかりと月末を迎えちゃうのよね。

そんなうっかり月末を迎えてしまった2月を振り返れば。

前半はとにかく寒くってひきこもり。
食べ物、飲み物があれば自分がどんなに引きこもれるか自慢したいくらいよ。


そして大好きインストラクターがいるジムを2月いっぱいで退会。
なぜかってね、地元のおばちゃんパワーに負けたかなと。

はじめは通うのに30分かけてもこのインストラクターの指導を受けたいと思っていたし、今もそれはかわらないど、やはり環境って大切だったのよ。

同じ系列のジムなれど、今回の所はおばちゃん盛りだくさん。もちろん自分もおばちゃんの分類にはいるけど、まだまだな感じ。

それは前のところでもあったけど、でも地域色ってあるんだなぁ、と思う。
私はジムに行くと
「話しかけないで、ジムでは誰とも知り合いにはならないわよ!」
オーラを発し、顔見知りの人たちに会釈ぐらいはするものの話したことはほとんどなかった。

けど、今回は私が発する強烈なオーラをいとも簡単に打ち破って話しかけてくるおばちゃんたち。
ま、それはそれでいいんだけど、レッスンが始まってもまだ話をしてたり、なんだか違和感。
そして、シャワー室に行くにもどこも隠すところなしの大胆さ。
私はそのパワーに圧倒されてシャワー室を使わずに帰宅し自宅でシャワー。
建物のつくりも古いので、時間が空いたときの居場所もなく。
とにかく居づらかった。

結局、そのインストラクターのプログラムがある曜日が空いていても行く気力がおきなくなってしまったのよね。

私にしては珍しく5年続いたジム通いをここで断念するのは無念だし、今でもそのインストラクターにはずっとついていたかったという気持ちでいっぱいだけど、行かなきゃ何にもならないし。

残念だけど、幽霊会員になっているよりは、と心を決めてやめちゃった。

その代わりお金を使わなくてもできる事。
歩くことを心がけてます。
結構これ、いろいろな発見があって面白い。
それは追々。


あと反省点はね、
「思い出すなら20年前の出来事より昨日の事」
よ。

ほんっとこのところ昔話ばかりが多くなっていることに反省。


「あのころは。。。。」
って話が普通に10年単位前のことになっているんもん。

これまた昔のことはやたらよく覚えているのよ。
だけどね、これを共有できる友達同士ならいくらでも昔話してもいいけど、今そこに一緒にいる人たちのみんなが同じ時を過ごしているわけではないし、過去の楽しい事ばかりを思い出してもね。
実際は面白い事いっぱいなのが困っちゃうんだけど。
数々の伝説も人それぞれあるし。

けど、記憶って自分の都合のいいように作り変えられてたりするしね。これはこれで大切な思い出だけど、昨日や一昨日、1週間前の記憶がほとんどないのはいかんよね。
せめて昨日の行動、食べたものくらいは明確に思い出して、そして先を見て行かなきゃ。って思うのよ。


でも、○十年前の事でも楽しく語れるのが同級生ってもの。

先日、「ミーティング」で集まったH嬢、K嬢、Fちゃん。
本当にミーティングもしたわよ!
行ったのはFちゃんが紹介してくれた中野にあるイタリアン「ジョバンニ」

中野といえばその昔、毎晩のように飲み明かした街。
そのころ豊島区に住んでいた私も自転車で15分の中野に毎晩のように通っていたっけ。
明け方まで飲んでまた自転車で家に帰って楽器もって仕事へ。
あのころのパワーって何だったんだろう。あれが若さってものなのかしら。

と、色々と懐かしい中野。そしてやっぱりすっごくいい街。
物価は安いし、ブロードウェイは変わらず楽しいし。私たちが遊んでいたころとは色々変わってるけど、基本的な雰囲気は変わらない。
中野ってやっぱりいいなぁ。

そんな中野に住んでいたり遊びに通っていたり住んでいたりする4人で昔話に花が咲くのはすっごく楽しい。
そしてFちゃんがお勧めのこの店。シンプルな味でおいしい。自家製パンもモチモチでおいしかった~♪



d0137764_22415614.jpg
短い2月。
食べたり飲んだり引きこもったり。

あ、思い出した。
強風の時には大変だったっけ。
コンタクトにはごみが入りまくりで涙ぼろぼろ、涙が出れば鼻水もだらだらでぐちゃぐちゃ。
本当に灰色の竜巻状のものが迫ってくるのは怖かった。今までこんなことってなかったと思う。
やはり異常気象?
全身じゃりじゃりで大変だったっけ。


思い返せば色々あったのね2月。
だけど、明日からは気持ちを入れ替えて行こう。

気がついたら頂きものの花束の中から新芽が出てた!
なんかかわいいしうれしい。
私は家の中の緑や花が元気だとすごくパワーもらえる。
この新芽、明日はお日様に当ててあげよう。

ところで、これ何の花(木?)なんだろ。
# by yukinojyo3 | 2008-02-29 22:56 | Trackback | Comments(6)

ちょっときつい。

リップクリームが手放せないこの季節。

でもこの前、100均で買ってみた「潤うタイプ」のリップクリーム。

なぜかゴマ油の香りがするのだけど。

毎回中華っぽい香りのリップクリームって唇の潤いはともかく、塗るたびにちょっときつい。




今よく見たら「セサミオイル配合」って書いてあるじゃない。

私の嗅覚は間違っていなかった!
というか間違いようのないくらいのゴマのかほりなんだけど。
寝る前に塗ると特にきつい。

次はリップクリームぐらいは薬局で買うべし。
# by yukinojyo3 | 2008-02-23 00:43 | Trackback | Comments(4)

ありがとう!

一昨日は、仲良しAちゃんとデート。
築地で仕事終わりのAちゃんとカレッタ汐留のいつもの店「VIA QUADRONNO」で待ち合わせ。

時間は6時ちょっと前。
泡でかんぱーい!
あれ、まだ時間あるね。もう1杯飲めちゃう。
そして、6時半が近くなりそろそろ行きましょうか。同じ建物内にある劇団四季の「海」劇場へ。

同じ建物内で外に出ない。ってことは、コートは要らない?
とずうずうしくもコートまで預かってもらい、「ウィキッド」観劇。
またウィキッドかいっ!なんだけど、今回キャストも変わっているというので観てみたいなと。
新しいキャストはさておき、今回の席は2階中央の席で舞台全体が見渡せる。

4回目にして舞台全体の細かいところまですべてわかって全てに納得で大満足!

そして、また店に戻る。
「ただいま~~!」
座ると同時にささっと泡が出てくる。乾いた喉においしい~!
そしてそのすぐ後に出てきたプレートがこれ!
じゃ、じゃーーん!

d0137764_12214466.jpg


うわぁ~!何これ!!

実はこの日誕生日だった私のために店長が書いてくれたもの。

待ち合わせに先についていたAちゃんが私の誕生日だということを店長に話していてくれ、甘いものはあまり食べないからね、というアドヴァイスまでしてくれ、そのために店長が考えに考えてくれた力作がこれなのね。

すっごくうれしい!!!!
にっこりマークとなによりかわいいのがヴァイオリンの絵。
「ヴァイオリンの絵がなかなかうまくいかなくて紙の上で練習したんですよ。どうしてもギターみたいになっちゃうんで。」
いやいや、すばらしい。
これを私たちがウィキッドを観ている間に、他のお客様の相手もしながら考えて手をかけてくれた賜物のこのプレート。しかも新婚旅行から帰ってきたばかりで時差ぼけ中というのに。
本当にありがとうね。

そして泡の後は白ワインに。
一口味見をした店長がにっこり。

私たちも早速飲んでみると、そのにっこりの意味がわかったよ。
d0137764_12303543.jpg
この白ワイン、すばらしくおいしい。
イタリアの北の方で作られた「トカイ フリウラーノ」という品種で作られたワイン。
このワインだけで飲んでもいいしっかりとした味わいもあるけど料理の邪魔もしない。
ほしいね、これ。
この日飲んだワインと同じものを手に入れるのは無理だそうだけれど、「トカイ フリウラーノ」でできたワインを探してみようかな。

お勧めの「岩中豚のTボーンステーキ」ともよくあう。
ってか、この豚もおいしい!脂身が苦手な私でも脂身をおいしいと感じられる。

いつもの生ハムや赤ワインも頂き、閉店過ぎまでお邪魔してしまった。
しかもはじめの乾杯の泡はご馳走になってしまうし。

なんだかすばらしい誕生日になってしまったわ。
店長、そしてこんな楽しい思いをさせてくれ忙しいのに一緒にすごしてくれたAちゃん。
ありがとうね!



大人になってからの誕生日は私にとっては別に特別なことではなく、どちらかといえば誰にも知られることなく何事もなしにひっそりと過ぎていってほしいもの。

だったのだけれど、こんな風に誕生日を過ごし。
そして当日、その後もたくさんの方からメッセージをいただいて。

私自身が不精なので、人の誕生日も平気で忘れてしまうのに、こんなにたくさんお祝いのメッセージをいただいて本当にうれしかったしありがたい、と思う。
皆様本当にありがとう。
友人たちからのメッセージに「身体に気をつけて…」というメッセージが多いのが自分の年齢を物語っているなぁ。。。と肝に銘じたり、クスッ、としたりもしたけれど。


そしてプレゼントも色々頂きありがとう。すべてがうれしいけれど。
そのなかでも愛用しているのが

d0137764_12565567.jpg
写真の手前においてある黄色いひらひらしたもの。
これは「ミスティーガーデン」」というエコな加湿器。
白い器の中に水を注いでおくとこのフィルターを通して自然蒸発し、電気を使わずに加湿できるという優れもの。
このところものすごく乾燥していて、寝ていても喉がからからになるし、静電気もすごい。
なので、先日エジプト料理で誕生日祝いをしてくれたNちゃんが「何かほしいものありませんか?」と聞いてくれたので、ちょうどテレビで紹介していたこれをおねだりして誕生日祝いにいただいたもの。実際これを湿度計の近くに置くとすぐ湿度が上がっていくのよ。静電気も落ち着いたよう。ありがとうNちゃん。
ちなみに後ろのバラは毎年誕生日に「HABA」から届くもの。バラ1輪っていうのもいいものね。


そしてもうひとつは
d0137764_1343116.jpg
Aちゃんがくれた「お風呂上りの五本指スリッパ」
お風呂上りに履いたとたん「きっもちいい~~~!」
足の指の間が伸ばされ、土踏まずの所に適度なカーブがありふわっふわのタオル地。

今年プレゼントに入浴剤などもいただいたので、家に帰って入浴剤入りのお風呂にゆーっくりつかりこのスリッパを履くのが至福の時。

また家から出れなくなっちゃうわ!
Aちゃんにお礼のメールしたら「赤ワインこぼさないようにね。」と鋭い指摘。
赤ワインの時には脱ぐべし!ね。その前にこぼさないようにしなさいよ。だけどね。



こんな風に周りのみんなの温かさを感じた誕生日。
みんなに心から感謝です。



そして来年まで健康で過ごせるようにもう少し身体(特に沈黙の臓器あたり)をいたわって過ごしたい、と。




毎日のように思ってはいるのよ、ほんと。
# by yukinojyo3 | 2008-02-21 13:16 | Trackback | Comments(8)

食べればカイロの..

昨日は友達2人とエジプト料理の『ルクソール』という店へ。

エジプト料理ってどんなものなのかしら。。。と思いながら店に入ろうとすると扉があかなーい!とがちゃがちゃやっていたらエジプト風(?エジプトの知識ないので)の衣装をきたイケメン店員さんが扉を開けてくれた。どうやらインターホンを押さなければいけないらしい。

店内は各テーブルがカーテンで区切られている。よくこの店の前を通るけど、外から見ても不思議な店だったけど、店内も独特の雰囲気。

先についていた2人はもうメニューの検討をしていたけれど、私はしばらく店内をきょろきょろよ。


まずはビールで乾杯!みんなで違う種類のビールを頼んで味見。
食べ物はどうする?なんだかメニュー見ても良くわからないんだけど。

「モロヘイヤスープは頼むでしょう。」
「あとサラダと、、肉料理はどれにしようか、この『タジン鍋』っていうのは?」
「でも、らくだのコブの肉を使ってコラーゲンたっぷりって書いてあるよ、もし豚足みたいなのだと私は苦手かも。」
「どんなのだか聞いてみよう!」

店員さんに聞いてみると肉団子状のものをトマトソースで煮込みチーズをかけて焼いたものだとか。じゃあ、それ行ってみよう!
そのほかには白身魚のフライのアボカドソースやピタパンなどを。

まず運ばれてきたのはモロヘイヤスープとサラダ。
モロヘイヤは古くからエジプトで食べられかのクレオパトラも食していたとか。
d0137764_14133022.jpg


運ばれてきたときからにんにくの香りがすごーい!
でもおいしい!!!これは美容と健康にいいに決まってるよね。
サラダもひよこ豆とかが入っていておいしい。

白身魚のフライにはアボカドとカスピ海ヨーグルトを混ぜたソースがたっぷり。
これをピタパンにはさんで付け合せのトマトや適当にサラダの野菜とかはさんでレンズマメのディップとかも混ぜて食べると。

「すっごく高級なヘルシーフィレオフィッシュって感じ!!」。
はまるおいしさ。これで売り出してもいいかも。

そこに運ばれてきたタジン鍋。
d0137764_1420227.jpg


真ん中の卵の黄身を崩しながらトマトソース、チーズ、一緒に煮込まれたキャベツ、そして肉団子とともに。
らくだの肉って生まれて初めて食べたけど、違和感はなし。というか香辛料がものすごく使ってあるので、多分味はそんなにないけど、匂いに癖がある肉なのかもね。。。

でもコラーゲンがそんなに入ってる感じはしないんだけど。
「でもらくだのコブの部分って脂肪なんじゃないの。キャラバンの間にそれを使っていくんでしょう?」
「私たちキャラバンに出てるわけでもないのにこんなに栄養摂っちゃっていいの?」
「みんな家まで徒歩で帰る?」

と珍しい料理に盛り上がり、ここの店員さんがいわゆるイケメンクンだったのでその話から好みの男性談義に。

へぇー、それぞれ好みって違うもんだね~。とか、
でも外見がよくても中身がともなってないとね。そう思うと外見がいい人って大変なのかもね。
でもそれは外見でカバーできるのかなぁ。とか
あと声も大切じゃない?とか

女三人、自分たちの事や現実は棚の上、いや、宇宙のかなたにまで追いやっちゃって言いたい放題で~す!



さて話は料理に戻るけど、ここの料理はエジプト料理ではなくエジプトの食材を使った「創作料理」だそう。だから本当のエジプト料理がどんなものかはわからないけれど、やはり、モロヘイヤ、豆、キャベツなどが主な食材のよう。
ここの店ではかなり日本人向けにアレンジされているのだと思う。

エジプト。一度は行ってみたい国かも。
ちゃんと知識がないと面白さも半減以下なのだろうけど。
まずはハムナプトラを見て吉村先生の講義を聞いてからね。
すっごくエジプトに興味がわいてきてしまった。何か本を読んでみようかな。


結局開店の6時から閉店の11時まで(平日は4時までらしい)、おなかいっぱい食べて、あーでもないこーでもないと大盛り上が。
一応私の早めの「誕生日祝い飲み会」という名目だったのでプレゼントをいただき。充実した5時間。なかなかこういう珍しい料理の店に行く機会ってないしね。ありがとう!

店を出て
「おいしかったね~~~!!にんにくですっごく力もついちゃったし、コラーゲンでお肌もつやつやで、明日どうする~~?」


「私明日、歯医者なんだけど、しかも午前中。」

うーん、無意味な体力とピカピカの肌(予想)。
それよりかなり迷惑なにんにく臭(現実)。

しかたあるまい。おいしいものには変えられない!

そして今日の午前中。

歯医者さんに行ったらお肌がつるつるですべっちゃって治療がしにくくて大変だったみたいだわ。
にんにく臭?そういえば歯医者さん、マスクを二枚重ねにしていたかも。

なぁーーーんてね!!



でもお肌はともかく、なんだか元気よ!

天気が良くて暖かいからだけかもしれないけど。
あと昨日すっごく笑ったからかもね。
# by yukinojyo3 | 2008-02-18 14:50 | Trackback | Comments(2)

ちょっと復活?

いやー、人間ここまでぼぉーっとしたまま日々を過ごせるんだと自分に驚くほどの数日間。

朝目が覚めて起き上がるまでしばらく布団の中でぼぉーっ。

仕事、近所のスーパー、歯医者とかに行く以外は家でぼぉーーっ。

税金の計算とかもしなくちゃいけないんだけど、ぼぉーーーっ。

本を読みながらも内容が頭に入ってこずぼぉーーーーっ。

お酒飲んでてもぼぉーーーーーーーっ。

これじゃいかん、と散歩に出かけたりもしてみるけど、公園のベンチで噴水見ながらぼぉーーーーーっ。

しかも、帰ってきたらすっごく眠くなっちゃってぐっすり寝込んじゃうし。

この前久しぶりにH嬢に会ったときにも
「相変わらずぼぉーーっとしてるね。」
と言われたので
「今、歯医者の治療で麻酔した後だから。」って言い訳したけど。
「麻酔が脳までいっちゃった?」
かもねー。

なんか自分でも不安になるほどよ。
このまま来年とかになってて次にきがついたら70歳ぐらいになっちゃってるんじゃないかと心配してたけど。


そんな日々を過ごしていた昨日、友人Fちゃんが先日韓国に行った時のお土産を持ってうちに来てくれたので、秘蔵の「かっらーい鍋」を。

d0137764_14173967.jpg
真っ赤だね~。でも、思ったほど辛くないかな。この前の火鍋のほうが辛かったかもね。
でも、やっぱ、辛っ!!!後からくるね~。と鍋をつつきながら韓国の話とか聞いていた。

しばらくすると仕事が早く終わったKちゃんも駆けつけてくれ、鍋を一口食べしばーらくしてから「ケホッ!辛っ!あー、だから2人とも赤い顔してるんだ。もう出来上がってるのかと思ってた。」
そんな簡単に出来上がれれば安上がりなんだけどなぁ。

久しぶりにこの2人と話していると会話のテンポも突っ込みも速いので、はじめのうちはろれつも回らなかった私の脳もすこしずつ活性化されてきたような。

でもKちゃんの家族の話になったときふと、
「ねえ、私Kちゃんの結婚披露宴て出たんだっけ?」といったら二人から同時に
『はぁーーーっ!何をいってんのぉ!?』『あなたダレよ!!!』
と非難ごうごう。

その当時歩いて30歩の家に住んでいた私が結婚式に出ていないわけがない。
親戚のように動きまわり演奏にも参加し受付もしたんだっけ。

あーぁ。最近激しく人の名前が思い出せないとか、今何をやろうとしてたか思い出せないとかそういうレベルの問題じゃなくなってきてるわ。

そして、その結婚式の受付の話から
「そういえば雪之丞ってあのころ結婚式の受付のプロだったよね。」

そうなのよ。
みんながどんどん結婚していくに伴い、受付をよく頼まれていた私はいつの間にか受付のプロになっていたんだったわ。名前を書いてもらい、ご祝儀を受けとりそれをロッカーに入れ、ロッカーの鍵を親族の方に渡す、みたいな手順が頭に入りきっていたし。新郎側の受付の人に「この場合はどうしたらよいんでしょう?」とかきかれてもてきぱきと対応してたっけ。

自分の少なーい能力をそこで使っていたとは!
今思うと妙に結婚式の受付に慣れすぎてしまっているのもどうかと思うけどね。
でもその後みんな幸せに生活してるからめでたしでいいんだけど。

そんな話あり~の、まだ携帯のない時代の話からコンビニのない時代へと話はさかのぼり、小学校の暖房はどんなだった?とかKちゃんにいたっては「まだ小さいころ電報だったもん!!」。
えぇ~~っ!電報?それはなかったよ!いつの時代?地域差なの!?


それに比べたら今はロボットがヴァイオリン弾いちゃう時代だものね。
これだけ便利さが違えば年代によって人の考え方や生活も違うわけだよね。

そしてフィギュアスケートの浅田真央ちゃんとミキティーの演技に見入りながら
「本当に今の若い子って手足が長くて顔がちっちゃいね。」

まだ17歳と20歳ですごい精神力だなぁ。
演技もますます美しくなって思わず引き込まれちゃうもの。
安藤美姫ちゃんは体もすっきり、顔もすっきりして綺麗になったなぁ。

こんな女性独特の『思いつくがまま、会話のテンポ早め話』を何時間もして(聞いて?)たら、ぼぉーーーとぼやけていた意識も少しはっきりしてきたかも。
人と話すって大切なことなのね。

それにしてはまとまりのない長い文章だけど。
ま、多少意識がはっきりしてもこの程度ってことだわね。

バレンタイン?
遠い国のお話だったわ。
# by yukinojyo3 | 2008-02-15 15:13 | Trackback | Comments(4)

女子力向上!か?


仕事と仕事の合間に結構な時間が空いちゃったけどどうしよう。一度家に帰ったら家を出るの嫌になりそうだし、かと言って雪の中を歩き回るのも大変だし。なんか時間つぶせないかなぁ…。

ってところで思いついた。

「そうだ!ネイルをやってもらおう!」


私は、これまでプロの方にネイルをやってもらった事がない。


楽器弾くから爪は伸ばせないし、どうせすぐ剥がれちゃうだろうし。無駄になっちゃうだろうな。ってずっと思っていたけど、周りの楽器仲間の女性たちは結構してるし、見せてもらうとやはりプロの仕上がりはキレイ。

ちょうど同じビル内に友達に教えてもらったネイルサロンがあるし。いってみよ!

そして店の前で様子を伺い、勇気を出して
「あの~、ネイルお願いしたいんですけれど、予約も何もしていなくてってお願いできますか?」と聞いてみた。

私はこういう初めてのところが苦手で無駄に緊張する。

店員の方に
「ハンドですか?」と聞かれ
「ハ、ハンドぉ?」
と声も裏がえる始末。
店員さんが
「あ、手の爪でよろしいんですよね。」「そ、そうです。」

手か足か、はたまた両方か、って事ね。
爪は足にもアルって事忘れてたよ。
なんか素手でやる方法と機械を使う方法かなんかあるのかと思っちゃったよ。
なれないもんだから緊張しちゃって訳わからなくなってるし。


この後は話もスムーズに進み、すぐにやってもらえる事に。ヤスリで爪の形を整え、甘皮を丁寧にとり、ネイルケア。なんだか気持ち良くてねむ~い。
そしてカラーする前に料金を払いコートも着ておく。

これは塗りたてのカラーが剥げないようになのね。
そしてカラーもプロの手で綺麗に入れてもらい。
指がキラキラ、キラキラ!


以前オネエマンのタレントさんが
「女性は指の爪を綺麗にしておかなくちゃだめよぉ~。指の爪っていつも自分で見れるからそれを見てるだけで気持ちが華やぐしぃ、指に気を使うから手の仕草もきれいになるのよぉ~!」
と野太い声で言ってたけど、なるほどね!

確かに物を持つ時にも「むんず」と掴まず、指先を伸ばして丁寧にとるようになる。




ネイルが完全に乾くまでの数10分は確かに私もそうだった。


その後は普段とかわりなくになっちゃったけど。

キレイに伸ばして手入れした爪なら気も使うけど私の場合、爪は短いから仕草に気を使うのは忘れちゃう。

d0137764_21324840.jpg


だけど、ふと見た瞬間、キレイに形が整えられキラキラしている爪を見るのはかなり嬉しい!


これなら女子力向上にもなる?
かも。お勧めよ♪
# by yukinojyo3 | 2008-02-06 21:15 | Trackback | Comments(6)

おのぼりさん。

私の中では変な自信があって、「台風や雪の日には外に出なくてすむ運命」」だと思い込んでたのよね。
でもそれは台風も雪も東京ではめったに出会わないだけのことで「運命」じゃないんだって事なだったのらしい。もっと早く気がつくべきだった。

「運命」は崩れ去り今日は雪の中仕事へ。

寒いのはここまでくると気持ちいいくらいだけど、滑らない靴をはいて出たつもりなのに結構すべりやすく、慎重に歩を進める。

5回ぐらい危ない目にあいながらも無事駅に到着。
そして新橋で「ゆりかもめ」に乗り換える。


もちろん窓際の席を独占。
雪のためダイヤが乱れていて発車までちょっと車内で待たされたけどその間も雪が舞う窓の外の風景を見ているだけでたのしい。

そしてゆりかもめが発車すると夕暮れの風景にうっとり。 

新橋を出、浜離宮を見下ろしながら汐留めのビル群、竹芝桟橋、レインボーブリッジ、東京タワー、そしてお台場のきらきらとしたイルミネーション。


今までもゆりかもめには何回か乗っているのよね。
でも昼間乗った時には特にはこんなこと思わなかった。多分夜乗ったときにも。
きっと絶妙な時間だったのだろうね。
あと、雪でくすんだ中の明かりは余計美しさを増したのだと思う。

乗車券売り場で1日乗車券の買い方を聞いてきた韓国の若い女性2人組もたまたま私の後ろの席に座ったけど、「レインボーブリッジ」を連呼して(他の言葉は韓国語なのでわからなかっただけだけど)風景を楽しんでいたようでなんだか良かったなって。


今まではね、省エネの時代にこのきらきらは電力の無駄なんじゃないか、と思っていたのよ。
だけど、これはこれで魅力的。窓にへばりつく私の心はすっかりおのぼりさん。曇った窓に私の興奮した息が吹きかかるのに気がつき、途中から窓にへばりつくのは自粛してちょっと冷静な感じを装ったけどね。
でも、こういう気象と時間がかみ合った瞬間ってすごく素敵!
さすがに写真を撮るほどおのぼりさんにはなりきれなかったけど。
座席が横並びではなく、ボックス型(?)の4人向かい合わせになっているのも誰もが自然に風景を見れるようになんだろうな、と納得。
運賃が高い!と思ったけど、、、まぁ、順当なのかも。とまでおもってしまう。

そのうちゆりかもめ1日乗車券(800円)を買ってこの辺でゆっくりするのもいいかも。。って思ったりね。

いつかやってみたいな。

どうやらわりとベタなシチュエーションに感動するタイプ、らしい。






そして話は変わるけど心配なのは明日の朝。

凍結が心配。
雪道だけなら参考になるかならないか良くわからないこんなサイトもたまたま見つけたのだけど。凍結には適用できないかしらね。というか、こんなこと気にしながら歩いている方がころびそう!!
# by yukinojyo3 | 2008-02-03 22:56 | Trackback | Comments(4)

やめられないとまらない。

とまらないのは何かって「小松菜」。しかも生の小松菜。

昨日スーパーで買った小松菜を油揚げと煮びたしにでもしようかな。と冷蔵庫から取り出しふと小松菜の袋の裏を見ると、「そのままサラダでも食べられます。」と書いてあったので、試しに葉をかじってみたら、あら、おいしい。
1/3ぐらいは煮びたしにしたけど。

煮びたしを作りながらもキッチンで生の小松菜を茎のほうからぽりぽりぽりぽり。
パソコンに向かいながらもぽりぽりぽりぽり。
テレビを見ながらぽりぽりぽりぽり。

なんだかとまらなくなってきたよ。
ストレスも飛んでいく~、ような気がする。

切る手間も要らないし、何もつけないで、ひたすらぽりぽりぽりぽり。
客観的に見ると怖い気もするけど。でもとまらないの、ぽりぽりぽりぽり。

自分の中の何かが壊れてしまったんじゃないか、と不安になるほどぽりぽりぽりぽり。

生小松菜過食症!?ほんとにとまらないんですけど~!ぽりぽりぽりぽり。
ま、いいか、栄養あるし。ぽりぽりぽりぽり。
# by yukinojyo3 | 2008-01-31 12:39 | Trackback | Comments(9)

あたるもあたらぬも。

「のだめ占い」なるものを発見。

結果

私は

『千秋さま』なの?

● 「千秋」なあなたは指揮者デス。
 強い自我を持ち、敬愛する人にはどこまでもついていくタイプ。一度心を許すと、生涯に渡って変わらぬ友情や愛情を持ち続けるでショウ。
 なんでもできる多才な人物ですが、その分、ちょっぴり融通の効かない部分もありそう。特に周囲から反対されると、妙に頑なになり、内側に閉じこもってしまいがちなので、ある程度の柔軟性を身に付けたいところです。
 料理、洗濯掃、除力などすばらしいハウスキーピング力をお持ちのあなた。オレ様的な行動を少し控え、謙虚さを持ち合わせればあなたの人生は完璧でショウ。
 一言:自分とは全く異なるタイプに惹かれマスね。

● 雪之丞さんの恋愛運最高デーは、1月1日です 。




だそうな。
これ、本名でやっても結果は同じだった。
でも。

第一に人についていくタイプの私に「指揮者」はありえなーい!!!!!

それ以外に対しては。

強い自我を持ち→ない!
敬愛する人にはどこまでもついていくタイプ→かもね。

何でもできる多才な人物→絶対それはない!

周囲から反対されると妙に頑なになり内側に閉じこもってしまいがち。→当たり!あまの                                             じゃくだし変なとこで意固地。

料理、洗濯、掃除など素晴らしいハウスキーピングをお持ちのあなた。→三つとも激しく×。一番ほしいものなぐらい。特に掃除力!

自分とは全く異なるタイプに惹かれマスね。→自分と同じタイプなんて2人いたら世の中的に大変だし、見てたら普通にイライラするでしょ。


占いってこんなもんだけど、。とかいってるわりに分析などしてるけどね。
ま、それはいいとして

●雪之丞さんの恋愛運最高デーは、1月1日
って。。。







もう終わってるじゃん。
来年まで待つの。。?



でも大丈夫、本名でやればは4月なのさ!
何が大丈夫なのかよくわからないけど。

お暇な方やお疲れで息抜きしたい方は占いで遊んでみてくださいな。
# by yukinojyo3 | 2008-01-27 19:41 | Trackback | Comments(10)

三丁目の魔力。

仕事場によっては通り道なのよね、新宿三丁目。
決して二丁目じゃないわよ~ん。かなり意味がちがっちゃうからね。


通り道に新宿三丁目「新宿伊勢丹」があるって危険。

特に地下の食品売り場はね、私にとって宝石箱。

そして先日かってしまったのが、
d0137764_23481473.jpg
京都いづうの『鯖姿寿司』。
一人前で6切れ。
でもこのぎっしりした米の重なりだと一食に2切れがちょうどいいくらい。

でも2日間持つので、昼に買って、その日の昼、夜、翌朝、各2切れづつでたべきれます。
これ、姿寿司なので、端っこは「え、、鯖これだけ、、詐欺だ!!」と思うんだけどね。
真ん中からは厚みも増してくるのよ。

私はこういう魚の酢漬けが大好き。
やめられないの。
スーパーとかでもままかりやニシンの酢漬けものがあると買っちゃうのよね。

そして、これを買っているときにもずっと漂っていたソースの香り。
あーそそられる。

そして、いつの間にか買ってました。
d0137764_2355115.jpg
京都「しんぶ」のねぎ焼き。

ねぎたーーぷり。
なによりソースがおいしい。
けど、ねぎだけだとちょっと物足りないかな。
海鮮お好み焼きとか、ほかにも気を引くメニューはあったけど、焼きが間に合わなかったらしく、ねぎ焼きしかなかったんだけどね。




これを買った後にもおいしそうなものがいっぱいの伊勢丹デパ地下。
ここで、買い出すと値段感覚もなくしてしまうし、ついつい買いすぎてしまうんだけど。
考えないようにしてるけど、お値段もカロリーもいっちゃってるよね。

でも、いいのよ。たま~にはね。



ただ結構ここを通るのよね。
いや、ここの駅で降りなければいいことであって。。。。。。

土日は近寄っちゃいけないとこよね。

絶対寄らないから大丈夫、、、大丈夫。
降りたら最後よ。

何か没頭できる本を読んでこの駅をやり過ごそうっと。



追記
結局急行電車がきてしまい、新宿三丁目は降りたくても降りれず。
よかったんだけど、選択技がないのもちとさみしかったりして。
# by yukinojyo3 | 2008-01-26 23:26 | Trackback | Comments(4)

4時着、4時寝、4時帰。

おとといはここに引っ越して初のお泊り客。
お客さまは仲良しAちゃん。

いつもはAちゃんの終電を気にしながら飲まなきゃならないから今度泊まりでゆっくりね。と前から言っていたの。
私たちの場合、仕事終わりだったり翌日が仕事だとAちゃんは楽器も背負ってこなくちゃならないし、やはり気持ち的にゆっくり飲めないし。

そしたらちょうどの2人が2日丸々空いている日が合ったのよ。
それが一昨日。

私も今なら結構料理意欲があるのでつまみもつくる気あるし。

前日に「明日大丈夫?」メールとともに「野菜はいっぱいあるけど、肉肉しいものはないかも。」とか、「掛け布団がぺらぺらだから防寒対策はしっかりしてね。」
とメール。

そしてお買い物して4時ごろAちゃんが
「腕がちぎれそう~~!」といいながら紙袋を一杯抱えてやってきた。

袋から出てきたのはワインやらチーズやらいろいろ。
「何飲む?」と聞くと
「もう飲み始めるの?」
「ほかに何かやることある?」
「ないね~、じゃあ泡!」

ってコトで泡を開けることに。すると
「ちょと待って、これ、泡に合わせようと思って買ってきたの~。」
と真鯛の昆布締め、おいしそすぎー。そしておうちから持ってきてくれたというキャビアも。
すっごいーい!

真鯛のために塩と柚子胡椒を用意して、かんぱーい!
d0137764_23273897.jpg
キャビアはどうやって食べる?と聞かれたので「缶からスプーンですくって食べる成金食いがしたーーい!」
だってこんなこと一生に一回だものきっと。

昆布締めは塩だけで食べても倒れるほど美味しかったけど、そのうちAちゃんが真鯛にちょい柚子胡椒、他の料理に付け合せてあったたまねぎの微塵切りとわけぎ、そしてキャビアを乗せて食べて悶絶。
私の分もそうやって、昆布締めでこれらを包んで食べると、もう絶品!!
泡にもぴったりーーーー!贅沢すぎるーーー!

そんなことしているうちに泡が空き、Aちゃんが新宿伊勢丹のワイン売り場の店員さんを「美味しくなかったら許さないわよ!」という目で威圧して選んでもらったというボルドーの白「シャトー ローザン デスパーニュ」を開けてみる。

d0137764_23295280.jpg最近白でもちょっと重めの深みのあるワインが気に入っている私たち。
その期待にすばらしくこたえてくれるワイン。しかもあまり冷やしすぎないほうがいいワインなので、飲むにつれ香りと味がこっくりしてきておいしい~。

これ、スモークチキンでもいけるかも、とやはり自宅から持ってきてくれたAちゃん宅がクリスマスにいつも買っているというスモークチキンを温め、骨にまでしゃぶりつく。
スモークの香りにも負けない白ワインだったわ。ボトルも下の方に模様も入っていたりしてかわいいの。

さて、これも空き、お次は赤ワイン。イタリアの「コッリ ベ リッチ」
これも前の白とのつながりで選んでもらったワインだという。
これだけの白の後にイタリアに戻るってどうなんだろうね。

といいながら飲んでみれば。ボルドー白の後でも引けを取らない美味しさ。
このつながり、とても正しいじゃないの。

すばらしいワインセレクト。
伊勢丹のワイン売り場のお兄ちゃんとAちゃんの目力に拍手。

そして、ワインで盛り上がりながらも更なる盛り上がりはやはりAちゃんがレンタルして来てくれた「キューティーブロンド2」を見ながら大笑い。

「キューティーブロンド」はどちらも見ているけど、1のインパクトが強くて2をほとんどおぼえていなかったけど、こうやって見ると面白いし。
まあ、話も実際にはありえないけど、なんかかわいくて好きなのよ。DVD買っちゃおうかな。

そうこうしているうちにワインも空き、Aちゃんが「どんどん焼き」を作ってくれた。
小麦粉を溶かしたものにジャコ、ねぎをいれて焼き、醤油で味付け鰹節たっぷり。
ワインに合う料理ばっかりだった舌にはうれしい味。

じゃあ、ビール飲もっか。

こんな風にすごしているうちに夜も更け。
「今日はプルプル肌作戦が待っています。」とAちゃんが持ってきてくれた美容液たっぷりのシートパックの時間。
洗顔し化粧水で肌を整え美容液ひたひたのパックを顔全体に。

私の顔を見たAちゃん、
「変な顔~~~!!」
「Aちゃんも変な顔だよ~~~!!」とお互いの顔に大爆笑。
この時間にはもう2人ともめがねだから白いマスクにめがねはおもろいコンビ。
これだけはどんなに親しい男の方にも見せられないわね。

パックしながらまた泡をあけ、飽きもせずにまた「オズの魔法使い」のDVDを流しておく。

こうして気がつけば午前4時。
12時間飲み終了。そしてご機嫌さんで就寝。

そして翌朝目覚めて外を見てみれば一面の雪景色。
うわー寒そう!
でも今日はお外に出なくていいしね。

こうしてまたのんびり。
昨夜の残り物で適当にランチにし、2人でヌクヌク、ダラダラ、ゴロゴロ、トドトド。

そしてテレビでやっていた「斉藤さん」の再放送に見はまってしまった。なかでもミムラが演じる「マノさん」がツボ。

これを見終わって、そろそろAちゃんもお帰りの時間。
翌日仕事がなければここからまた「かんぱーい!」な感じだけど、幸い、翌日は朝から仕事だし。
こうして一昨日午後4時にきたAちゃんは午前4時までのみ、翌日午後4時に帰っていった。

Aちゃんが帰った後もごろごろし、夜は「斉藤さん」を見てしまうというテレビ局の作戦にまんまとはまり、ベットに入る。

なんだか「シーン!」
音だけじゃなく空気まで「シーン!」とした感じ。

お客さんが帰った後ってなんか寂しくなるのよね。
しかも24時間(マイナス6時間、睡眠の分ね)、ずーっとわいわい、きゃあきゃあ馬鹿騒ぎしてたから。

d0137764_19294513.jpg
残ったのはツワモノドモが。。な空きボトル。
結構これ見ているだけで幸せだけどね。ワイン、美味しかったんだもん。


いつ寝てもいい状態でダラダラ出来るって素敵。それにワインからつまみからツボを抑えたDVDの選択まですばらしくてよ。ありがとう!また遊びにきてねAちゃん。


でも一晩もAちゃんを独占して、またもやAちゃんを溺愛するパパ(前にも書いたことあるけど、変な意味のパパじゃなくAちゃん実父です)からのライバル視がますます激しくなったような。。。。
# by yukinojyo3 | 2008-01-24 19:12 | Trackback | Comments(2)

今度は情けなーい予想外。

いやー寒いです。そして乾燥もすごい。

もともと喉があまり強くないのでちょっと油断すると『私は喉から』風邪をひくタイプ。
そして鼻も通らないほうなので夜はポカーンとくちを開けて寝ている。
口呼吸が体に悪いのはわかっているけど、眠っている時には口をテープでとめておくわけにもいかないしね。

そうすると、夜中や朝にものすごく口の中がからからに乾いている。
このままじゃ喉から風邪をひきそうなのでこのところマスクをして寝ることに。
もちろん鼻は出してね。そうしないと息苦しいから。

そしたら快適じゃーん。
マスクで保湿効果もあるし、朝楽ちん。

これはいいわ~。と思っていた昨今。

そして、今日、午後からの仕事で化粧をしようと鏡に向かうと、なんか違和感。
角度によって口から耳にかけてドラえもんのひげのように両方の頬に筋が。

ナニナニ?
と思いながら考えれば、これは「マスクのゴムの後」。
しかも、鼻にかぶらないように下目にしているので角度も約45度できれーに。

あちゃー、何とか消えないかな、と蒸しタオルなど当ててみたけど、あまり効果なし。

大体起きてからもうなが~~い時間がたっているのよ。
その間にお風呂に入り顔も洗っているのに。

それでも後が消えないって、ががーーん。
これが年齢というものなのか。。。。

予想外でした。

今は跡が付かないマスクも出回っているけど、あれだと鼻までかぶってしまうのよね。

結局髪の毛で隠し目にしながら仕事に行ったけど。
そして誰にも気が付かれずに帰ってきたけど。
もし気が付かれても「風邪予防に電車の中でマスクしてたから。」
って言い訳までばっちり考えていたんだけどね。


しかしながら年齢を重ねるとこんな予想外の出来事が体に一杯起きるのね。

ああ、お肌の弾力を取り戻すにはどうしたらいいのかしら。
ふかひれ?すっぽん?
そんなもんじゃ効かなくなってるかも。
ドモホルンリンクル?
化粧水やら、美容液やら何種類も使うのは苦手。毎日のことだからすばやく済ませたいのよ。
という長年の発想がいけなかったのか。


なんかいい対策はないものかしら。

それでも私は風邪をひくより、ひげのような跡が付いても今夜もマスクをする方を選ぶわよ!

だって、年々免疫力も回復力も落ちているんだもん。

なさけなーーーーい!!!!
# by yukinojyo3 | 2008-01-21 20:24 | Trackback | Comments(4)

予想外でした。

今夜はこんなはずじゃーなかった。

すべてはおととい買ったカリフラワーのせい。

実は私、ほとんどカリフラワーを買ったことがない。

何でかって、ブロッコリーの方が安いし緑な分栄養がありそうだったから。

だけど、おととい、スーパーに行ったらカリフラワーがやたら安かった。

で、つい、買ってしまったのだけど。

で、そのまま放置。

でも、そろそろ何とかしないとね。

と思ったら急に「カリフラワーのフリット」が食べたくなって。

で、作ってしまった。

カリフラワーを軽くゆで、衣をつけ、油でジュッっと。
その直前に一生懸命掃除したコンロで。
またもやコンロは油で大変なことに。
予想外でした。

それもなんで掃除した後にわざわざ揚げ物するかなぁ。
また掃除。。。。する気なし。

しかもここに越してきてから揚げ物は初めて。
だって油がはねて汚れるのが面倒だし、油を捨てるのも面倒だし。
だのになんで急に揚げ物をしだしたんだか。
予想外でした。


油を捨てるために、ちょっと残っていた豆乳も飲み干しました。
飲む前に豆乳を飲むなんて予想外でした。
それも空きパックに紙くずをつめて使い終わった油をしみこませるために。
揚げ物。。。。。今後しないな。。。たぶん。

そして、チーズをたっぷり入れた衣で揚げたフリットを揚げながら、これに合う飲み物を考えたら。泡しか思いつかなかったです。
d0137764_21542234.jpg



しかも今日、冷蔵庫にあるものといえば、先日作った「大豆たっぷりとりごぼう」と昨日ゆででおいた小松菜を「おひたし」にでもするかな。後は豆腐を「湯豆腐にでもするかな」でした。

どう考えても日本酒か焼酎かビールでしょう。
だからこのためだけにスパークリングを開けるなんて、予想外でした。
それも残り少ないお気に入りのスパークリングを。


で、これはこれで結構美味しかったです、けど、食べ切れません。
そしてフリットにしていないただゆでただけのカリフラワーもまだタッパーにたくさんです。
一株でこんなにあるとは予想外でした。



で、無事、カリフラワーのフリット、とスパークリングの組み合わせで美味しくいただいたけれど、ほかの料理にはスパークリングは合わず、日本酒にも手を出してしまいました。

カリフラワーのおかげでこんなにお酒を飲まなくちゃならないなんて。


予想外でした。。。。。
# by yukinojyo3 | 2008-01-19 22:08 | Trackback | Comments(8)


ヴァイオリン弾き、芸者ストリングスカルテット(芸スト)雪之丞の日常をなんとなく。ほぼ飲食ブログと化してます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
鍵さま、諸々了解です!
by yukinojyo3 at 23:53
南風さん。 そうだ、芸..
by yukinojyo3 at 15:45
宮崎が10年以上前って、..
by 南風 at 19:48
鍵様、了解です。ありがとう。
by yukinojyo3 at 22:53
スミちゃん。 それは残..
by yukinojyo3 at 15:48
4月15日はスチャダラパ..
by スミノフ at 14:41
スミちゃん。 >街を破..
by yukinojyo3 at 11:30
おおー!雪さまもシン・ゴ..
by sumirnoff1 at 21:23
南風さん。 それはトラ..
by yukinojyo3 at 09:28
おや、ダリ展ってそんなに..
by 南風 at 18:51
メモ帳
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
18世紀のイタリアを代表..
from dezire_photo &..
中秋の名月
from おん ザ ひとりごと
カニ遠方より来たるありま..
from 東京アンダーザブリッヂ
北海道開拓おかき
from 迷わず並べよ 食べればわかる..
クロワッサンNO1を体験!
from 東京アンダーザブリッヂ
気が付けば朝……
from まいにち酒飲み
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧