雪之丞な日々Ⅱ



浅草は面白い。

先日の休日、お友達M嬢と「今日は一日遊べるよー。」という日があり、何する何したい?

そうなると迷う。するとM嬢から「姉が花展に出店してるから浅草で遊ばない?」との提案。
いいね~。

で、午後に浅草で待ち合わせ墨田区役所内にある「すみだリバーサイド」へ。
この日は来ないはずだったM嬢のお姉さんも来る事になったそうで「吾妻橋で待ってる」って江戸時代の待ち合わせか、なんて笑いながら川の風景を楽しみながら吾妻橋を渡ります。

ここでお姉さんと合流。
早速花展へ。

花展なんて初めて。色々説明を聞きながら回ると面白いものです。
d0137764_10201310.jpg

こういう紅葉のグラデーションも生けるだけではなく冷蔵庫に入れたりして温度管理などする大変な作業があるそうです。

今回は10か国の花器に季節の花を生けるというテーマだったので色々な花器も観れて面白かった。イギリスの花器が意外に渋くてわびさびを感じたりして。

d0137764_10235148.jpg

女の人とト音記号にみえるのは私だけか。。。
花展を終えて下に降りるとこれが壁いっぱいに。ここに入った時から気になっていたんだけど。
d0137764_10395283.jpg

これ何でできているんだろう。とよく見てみると折鶴なんです。すごいね。毎年度作品は変わるみたいです。墨田区役所ほかにも面白いところがたくさんありそう。いいなぁ墨田区民のみなさん。区役所行くの楽しくなるよね。

と楽しんだ後はアサヒビール本社の22階のラウンジでお姉さんがビールをごちそうしてくださるとのこと。わーい!

外から見たことはあっても中に入るのは初めて。
d0137764_10264487.jpg

ちょっと曇り空だけど、こんな感じ。この右手にスカイツリーがすぐ近くに見えます。
なんだかスカイツリーの尺が短く感じるというM嬢。言われてみればそう。ガラスの反射のかんけいかな。

そして来ましたビール。
d0137764_10293548.jpg

出来立てのビールはびっくりするほどうまい!!!このビールを毎日飲みたいんですけど。ビール会社の社員になれば飲めるのかしらん。
やっぱりビールも新鮮さが命。これからはスーパーでも製造日にきをつけて買おう。
ほんと、美味しかったです。

そして下に降りるとお姉さんの旦那様とその友達のおじさま2人が敷地内にあるビアハウス?でまだ飲んでいました。おじさまの一人が暇なので花展に来て「どうせなら浅草で飲んでいきなさい」とお姉さんに言われてかなり前からいたはずなのにまだいた。せっかくなのでご一緒させていただきます。

私達はビール飲み比べセット。
d0137764_10362530.jpg

ビールの説明の裏には「只今、ビール飲み比べ中」のお知らせ。
向かいの席でビール飲み比べ中のM嬢のと並べるとこんな感じ。
二人とも気に入ったのはヴァイツェンでした。

さてこの後浅草で飲もうと言っていた私達。なんか浅草っぽいとこでモツ煮とか食べたいね。と言っていたんですがなにも下調べせず。こういうのはおじさま方に任せるのが一番。
「一緒でもいい?」とM嬢が気を使ってくれましたが、むしろ歓迎です。

アサヒビール本社、この角度から見上げるのは初めて。
d0137764_10474061.jpg

光るゴジラの尻尾か?なんて言いながら吾妻橋を渡り台東区に戻ります。
d0137764_10483619.jpg

この時間、吾妻橋からみる風景はなんともいいね。

浅草の色々なものが面白くて「あれ見て見てー。」なんてはしゃぎながら写真を撮ったりしている私たちに比べおじさま方には勝手知ったる道。見失わないようについていかねば。
d0137764_10521089.jpg

参道の前では下馬しないとね。シモウマではありません。いや、私、昔「上馬」(カミウマに住んでたもんで、ついでに友達がシモウマに住んでいたもので)。

そしてついたのがこんな通り。
d0137764_10534570.jpg

自分がどこにいるもわからないまま、思い描いていたところに着きました。さすが。

どの店も混雑しています、ので席が空いていたこの店に。
d0137764_10555636.jpg

そして。
d0137764_1056307.jpg

男性陣はモツ煮、私達は牛筋煮込み。そうそう、こういうのがいいの。
七味をかけていただきます。牛筋ごろごろ入ってます。
この辺、昔は韓国料理やさんでいっぱいだったそうです。
とかね、とにかくおじさま方の話が面白い。昔っからの知り合いだという3人。ほんと仲がいい。思いで話競争してます。いいなぁ、こうやって思いでを共有しながら今も暇があれば一緒に遊んでるって。この日で花展が終わるため後片付けをしていお姉さんも片づけを終えて合流。
花展で使ったお花たくさんいただいちゃいました。家に花があるって嬉しい。

この日は暖かかったけれど、夜になると流石に冷えてきました。
明日は仕事だから、とかゴルフがあるからとか、またも翌日予定自慢!?でこの辺でお開きに。帰り道もわからないのでまた必死についていきます。

それでも観光客らしく雷門をパシャリ。
d0137764_11442.jpg


こうして無事駅にたどり着き解散。
この日はすべてお姉さんとおじさま方にごちそうになってしまいました。ありがとうございます。
やはり初めはこういうこなれた方々とご一緒出来て正解。たまたまだけどよかった。そしてほんと楽しかった~。

それにしても浅草は面白そう。大体雰囲気がわかったところでまた遊びに行きたいところです。
墨田区役所もね。
[PR]
# by yukinojyo3 | 2016-10-29 11:14 | Trackback | Comments(0)

芸術の秋とか。

時はさかのぼり、10月前半でしたが、ダリ展に行ってきました。

と、その前に新宿で時間が余ったのでこちらで『シン・ゴジラ』鑑賞。
d0137764_1154841.jpg
d0137764_11542188.jpg


ダリ展もシン・ゴジラも観たかったのだけど、なかなかきっかけがなくて。どうせならこういう時に観ておかないと、いつの間にか終わっているパターンを繰り返してしまうので一気に行っちゃいます。

もう少し時間があればタイ料理ランチなどしたかったのだけど、思ったより時間がなくてこのビルの1階で昼食。でもちょっと失敗の昼食で完食できず。一食を無駄にすると悲しい。

時間になったので映画館に入ります。平日の昼間にも関わらず結構な人出です。
映画は…。ゴジラの物語ではなくてゴジラというものが現れることによって巻き起こる政治や核の問題の映画でした。あえて感想は申しませんが、後日美容院に行ったときに美容師さんとこの映画の話で盛り上がってしまいました。
今までのゴジラ映画とは確かに違います。っていうかゴジラじゃなくてもいいんじゃない?

映画も終わり六本木に向かいます。ミッドタウンをふらりとしたりオシャレなディスプレイを見ながら新国立美術館に向かいます。
d0137764_1281565.jpg


入口で友達と落ち合い、お楽しみのダリ展へ。
d0137764_12104241.jpg

この日は15分のレクチャーも受けることが出来てダリの画家人生を8期に分けて解説してもらいます。
これをもとに観ていくと、誰に影響を受けたか、何を思っていたのかなど納得しながら観れてとても興味深かったです。天才のふざけたおじさんというイメージだったダリのイメージがガラッと変わりました。ダリは広島長崎の原爆にものすごく衝撃を受け、そのころの絵にはそのことが現れいますし、その後原子学も学んでいます。核をいう部分では昼間のシン・ゴジラともつながるところがあって色々思ってしまいました。

こうやって一人の画家の作品を観れる絵画展が好きです。
そしてダリ展はとてもボリューミーでした。
最後に写真を撮れるコーナーがあったので行ってみましたが込み合っていたので横からパシャリ。
d0137764_12175285.jpg

正面から見ると顔に見えるのかな。
見応えあるダリ展。満足でした。声をかけてくれたお友達に感謝です。

観終わるころにはおなかぺこぺこ。以前に行ったベルギービールの店に行こうとしたけれど、私の記憶違いでたどり着けず、近くのタイ料理や「クルン・サイアム」へ。
昼間タイ料理食べようと思いながら食べられなかったのでうれしい!
ビールで乾杯。
d0137764_1221261.jpg


ヤムウンセン、春雨サラダ。
d0137764_1224174.jpg

美味しい。辛さとうまさが絶妙です。

横にあるのはもち米。こういう器に入ってきます。
d0137764_12252477.jpg

名前は忘れましたが海鮮カレー的なもの。
これ、辛みはないけれどすごく美味しかった。海鮮もたっぷり。先ほどのもち米を少しづつ手で丸めて汁と一緒にいただくとまた美味。

d0137764_1228463.jpg

海老のタイ風さつま揚げ。さっきの海鮮の汁につけたりついてきたタレにつけても美味しいです。
この辺でラストオーダーの時間が来てしまったのでこの日はここまで。帰りがけにほかのお客さんが食べていた麺類も美味しそうだった。ここの店美味しいです。昼のリベンジもばっちりです。

こんな濃-い一日でした。映画も美術展も見逃すことなく観れてよかった!

そして昨日は文京区千駄木の養源院というところでゴンド画展をやっているというので行ってきました。ここには千代田線千駄木駅か南北線本駒込駅か都営三田線白山駅からいけるのですが、ちょうど都営線に乗っていたのであれ?ちょっと乗り換えればいけるんじゃない?と思って。
基本引きこもりなので出かけたからには色々こなしておかねば。それに寺院内のギャラリーでという事だったので天気が良い日に行きたかったのです。
初めて降り立つ白山駅。
d0137764_12372289.jpg

このあたりはお寺が多いです。

秋にしてが強い日差しの中養源院に到着。
入ってすぐの左手にギャラリーがあります。
d0137764_12393552.jpg


ゴンド画についてはこちら
以前ワインバーで意気投合したOさんからその存在を知りなんだかはまっています。
Oさんお久しぶり!
早速靴を脱いで入ってみます。
d0137764_12421140.jpg

ゴンド画は色使いや細かいモチーフの集まり(表現方法がよくわからない)だったりと独特です。でもなんだか落ち着くのです。ふと見上げると窓から緑が鮮やかに見えます。それをOさんにいうと、「ここは窓からは緑しか見えないし。車も通らないので鳥の鳴き声とかが聞こえてくるんですよ。」と。本当に静かだし、ちょうど鳥の絵を見ているときに鳥の鳴き声が聞こえて来ていい雰囲気です。

d0137764_12481877.jpg

毎回開催期間が限られているので観にいけないまま終わってしまうことも多いのですがいい時に行けて良かった。

こうやって10月は色々な事を楽しんでます。
こんなに行動的に動くなんて。私の生態を知っている友人たちは冬眠の時期が近付いていることをそほはかとなく感じているかもしれません。
[PR]
# by yukinojyo3 | 2016-10-25 11:50 | Trackback | Comments(6)

美味しい秋の夜長。

秋真っ盛りです。

そろそろ美味しいものを食べに行きたいね、な仲良しAちゃんと私。
さてどこに行きましょうか。
行きたい店はいっぱいあるけれど飲み予定の日は私は松戸で仕事。
だと常磐線か千代田線で考えましょう。

候補の中から行きたかった店の予約が取れたので常磐線上野寄りの秘密基地に行きます。

カウンターに座りビールで乾杯。
お店はお客さんで賑わっています。予約が取れて良かった!

メニューを見ながらお通しを待ちます。
来ました。
d0137764_10311593.jpg

綺麗です。この店の楽しみは器やあしらいも美しい事。目でも楽しめます。
里芋とブロッコリー、そしてブドウ海老って言った?

と食べたAちゃんがびっくり。
d0137764_10332784.jpg

ブドウを海老で包んである!?
でもブドウと海老って味の組み合わせはどうなの?

あら~おいしい。

ここの店の出すもの、美味しくないわけがないんだけどね。

お次は秋刀魚。
「これは一口で口に入れて!」とAちゃん。
はい、いただきます。

私、何も言わず目がまん丸になりました。なんじゃこりゃ。
二人で「なんだろこれ、なんか中に美味しいものがいっぱい入ってる。なんの味だろう」
なんかわからないけど、口の中でいろんな味がするけど纏っていて余韻もすごいんですけど。
はーびっくりした。お通しだけでこれだけ楽しめるってやっぱこの店すごいね。

d0137764_10431847.jpg

お酒は〆張鶴の「純」をボトルでお願しました。これ、飲みやすくてすいすい進みます。

d0137764_10451644.jpg

銀杏。こういうのつまみにずっと飲んでられるよね。
d0137764_10465854.jpg

カワハギ、肝ポン酢でいただきます。盛り付けも美しい。

そしてカマスのあぶりと蒸しアワビ。
d0137764_1051384.jpg

カマスを食べながらあぶりものって美味しいな。と思いながらお次、蒸しアワビをくちに入れると。

「ちょっとちょっと、Aちゃん、このアワビの柔らかさは何?」
話の途中にも関わらず話を遮ってでも伝えたい美味しさ。また目がまん丸になってしまいました。
いままでのアワビを覆す食感。何がどうなってこうなった?
「そう、ここのアワビ美味しいの、私もここでアワビ感かわったもん。」とAちゃん。
だよね~。いやーびっくりした。今まで結構美味しいアワビを食す機会はあったと思うけど、そのすべてを超えたわ。話の腰を折るほどのアワビちゃんでした。

温かいものもいただきましょう。
d0137764_1112794.jpg

鴨鍋。サイズ感がちょうどいい。
そして鴨が柔らかい。味も間違いない。
肉は美味しいものしか食べられない私。鴨も脂の部分があまり好きじゃないので普通の店では頼まないけれど、このお店なら絶対美味しいに違いないと思ったらやっぱり美味しかった。美味しい肉は大好きなのです。

ここでいったん落ち着きます。
d0137764_1155981.jpg

チェイサービール。Aちゃんは米焼酎。

お腹も落ち着いたので。
d0137764_1185443.jpg

ほうれん草とじゃこのお浸し。こういうものでもきちんと美味しい。
d0137764_1195121.jpg

焼き梅干し3種とニンニクオイル焼き?
焼き梅干しはAちゃんが器に順番にとって味比べさせてくれ、最後は私が種までしゃぶりつくしました。
ニンニクはアツアツほっくほく。ビールに合うわぁ。

そしてここに来たらやっぱり食べたいのがこれ。
d0137764_11133870.jpg

茶そば。前に来た時にこの美味しさにびっくり。湯で具合〆具合。喉越しも気持ちいい。

あ~、美味しい~幸せ~。なんだろうこの店の幸せの上塗り具合。
そしてこの店の料理は絶対裏切らない。
来れて良かった秘密基地。

ごちそうさまでした。

だけど、まだ終電までは時間あるし、なんかポテトフライみたいなジャンクなものが食べたいね。と駅に向かいながら歩いている途中にあった開放的な串揚げやでレモンサワーとポテト。
d0137764_1119266.jpg

d0137764_11192239.jpg

ポテトは私たちが欲していたのとは違ったけどね。サワーでさっぱり。

そして駅の入口間違えたり、階段はちゃんと手すりにつかまってね。とか。
そんなばかばかしいところまでAちゃんとの飲みは初めからバイバイするまでずっと楽しい。
そして必ず美味しい。

そんな秋の楽しくて美味しい夜長でした。
[PR]
# by yukinojyo3 | 2016-10-22 10:22 | Trackback | Comments(0)

9月まとめ。

とにかく雨が多かった9月。なんだか長く感じました。

そのせいかもう10月の終わりかと勘違いしていたらしくはじめ題名に10月のまとめと間違って入力してました。

やはり天気が悪いのはなんだかね~。洗濯物にお日様の匂いがしないのも寂しい。

そんな9月、ショックだったのは小学校の同級生がくも膜下出血で亡くなったこと。
先月の末に小学校の同級生女子で飲み会があり〇十年ぶりに再会したばかりだったのに。
学生時代から体操や新体操で活躍していて今は地元で新体操教室を開いているとのことで誰よりも元気そうだったのに。あまりにも突然のことで驚いています。
ご冥福をお祈りします。

こういう事もあるので周りの人を「いつでも会えるから。」と思っていてはいけないなと思わされます。

そういえば柏そごうも9月で閉店です。
d0137764_1243461.jpg

小さい時私にとっての都会は柏で、そのシンボル的建物のそごうの最上階の回るレストラン、確かスカイレストランだったかな、で食事をするのは特別なときだったという記憶があります。
時は流れますね。

ほらほら、天気が悪いと人間暗くなってしまうものです。

楽しかったり美味しかった写真はまとめて。
d0137764_128468.jpg


d0137764_12145338.jpg


d0137764_1215406.jpg


楽しい時間もたくさん過ごしてますね。美味しいものも食べてます、飲んでます。
こういう写真を見るとにんまりしてしまう私です。

d0137764_12184967.jpg

お祭りも終わり、空気もすっかり秋です。

雪之丞一層肥ゆる秋の到来です。

なんか土曜が月初めだと感覚的に変な感じがするのは私だけでしょうか。前倒しされたような、というか区切りが悪いというか、月が替わる覚悟が決められないというか。

そして毎年のことながらこれから年末までが速いのよね。
[PR]
# by yukinojyo3 | 2016-10-01 07:50 | Trackback | Comments(0)

今年も無事。

9月になったら合わなきゃいけないのがアイコ。

京都のお姉さんが天に召されたのが9月11日。
なので毎年9月には飲むことにしています。

毎年のことながら8月の終わりごろに滅多にかかって来ない家電に夜遅く鳴るベル。
これはアイコだな、とわかります。やっぱりね。

飲みながらグダグダ話して9月の予定を合わせてというパターン。

さて、日にちも決まり予約を入れようとしていた店がその日はお休み。

アイコに「どこか行きたいところある?」と聞いたら「赤羽で飲んだみたい。」との返事。
おっ、私も行ってみたいからいいよ!

最近千ベロで赤羽よく紹介されてるものね。

当日私はちょっと早めに行ったのだけど、まずは駅の大きさに驚いた!
赤羽ってこんな都会的な駅だっけ?駅ナカをぶらぶらしてから町中探索です。
千ベロ飲みなどで紹介されているのはホンの一角なのね。だけど、その一角がすごい賑わいです。

もともと店を決めないでプラプラしてみる?っていう話だったけど、1年ぶりで積もる話もあるのにこのにぎやかさじゃ落ち着かないし、どこか落ち着く店はないかしら。と思って検索などもしていたのだけど。

そんなころアイコも到着。
きゃー、元気だった?会いたかったよ~。
それにしても大きな駅だね~、とアイコも驚いてました。

さて早速飲み屋街を探索しますがアイコも落ち着いて飲みたいという思いは一緒で「ここ良いんじゃないかと思って電話入れてみたら20時からなら大丈夫だってと「かんどころ」というお店を予約してくれてました。

さて時は19:30。予約まで30分あります。
その間に赤羽らしいところで飲んでみたいね。とはいうもののどこも満席っぽい。

テレビでも有名な「まるます屋」さんにも並びありだけど5人組一組。並んでみようか。
d0137764_1154287.jpg

と並びながら「朝9時からやってるよ。」「その時間から飲んでる人いるんだねきっと。」とか「アルコールの入っている人お断り」などの張り紙に「2軒目じゃダメってことか。」「いや、あからさまに酔っぱらってる人のことじゃない?」なんて物珍しいもんだから色々楽しめます。
すると前のお客さんが5名は無理なので、とお断わりされ、二名様でしたら大丈夫。すぐお席できますので中でお待ちください。と店に入れてくれます。店の中もすごい賑わいです。
メニュー量もすごい。色々気になるけどね。

というところで席に案内されます。
先ずはビールで乾杯。この時点で時間が20分もないのでおつまみは軽く、本日の漬物と大根おろしをお願いします。
d0137764_11125763.jpg

漬物が水ナスなのがうれしい。
もう1杯ビールを頼んで2人で半分ずつ飲んで時間です。

本当にサクッと飲みでした。でも経験として面白かった。

さて「かんどころ」さんに向かいます。まるますやさんからすぐのところにありました。

個室に2人で落ち着く。
さて改めまして。
今年も会えたことに乾杯。そして京都の姉さまに献杯です。
d0137764_11172242.jpg

前菜は好きな小鉢2品づつ選べます。そしてなんで日本酒もあるかというと、この後ここの名物、刺身12種盛りが来るから。

姉さまが天に召されてもう6年。私、姉さんの歳超えてしまいました。

そうこうしているうちにきました刺身盛り、どーん!
d0137764_11203989.jpg

店員さんがすべての魚を滞りなく説明してくれた時には思わず拍手。
もちろん私達2人は何もおぼえてませーん。

日本酒は均一料金。獺祭、あると頼んじゃうね。あと黒龍とか私の好きなお酒も頼みますよ。
ほかにはだし巻きやなめろう。
d0137764_11233164.jpg

だし巻きもなめろうも美味しい。
ここは料理の盛りもたっぷりね。

こんな感じで飲んだり食べたりしながらアイコと私の1年の失敗話やあれやこれやを話て笑い飛ばす大切な会です。お互い「わかる~!」ってことが多すぎて大笑いです。

楽しい時間はあっという間に過ぎる。アイコも私も最後は赤羽らしいとこで〆よう、って思いが一致してたのでかんどころさんを後にしてぐるっと見回します。
すぐ目の前にあった店の外のテーブルが開いていたのでそこに行っちゃいましょ。
d0137764_11293119.jpg

ここで軽く、モツ煮とかキュウリ昆布和えとかね。
d0137764_11302462.jpg


こういうところ、今度は昼間に来たいね、なんて話しながら一杯だけ飲んでそろそろ時間。
駅でわかれるまでも姉さまの知らせを受けて一緒に京都に行くことになった時の私の抜けっぷり話に大笑いしながらも「あれがなければ私達はこんな関係にならなかったよね。」「やっぱり姉さんの采配だね。」と二人で納得です。

ほんとそう思うわ。1年に一度しか会えなくともアイコがいてくれることは私の中の大きな支え。
だから1年に一度こうして無事お酒を酌み交わせることはとても大切。

来年も無事元気に会えますように!

赤羽の雰囲気も味わえたし意外に近いし。いつか昼のみしてみたいなぁ。
[PR]
# by yukinojyo3 | 2016-09-29 23:41 | Trackback | Comments(2)

気分は合宿?夏休み?

ちょうど一週間前になりますが、和太鼓、ピアノ、弦カルのコラボという企画があり、長野、新潟方面にいってきました。

まずは長野須坂のライブ会場へ。

気温的に寒いんじゃないかと思い込んでいたけれど、日差しがまぶしすぎて暑い!
日差しを遮るものが何もないから直で降りかかってきます。

さてライブも終わり、ライブ会場で美味しい食事とお酒をいただき、妙高高原の宿泊先に移動。

2人一部屋。春奴と私で畳の部屋に布団を敷いてゴロゴロ。
合宿的な感じです。

何気ないけれどなんだか美味しい朝ごはんをいただきゴロゴロ。
近くの温泉にも行きかえって来てまたゴロゴロ。
窓を開けて廊下側のドアにも隙間を開けておくと風が通るので暑さもありません。

そして午後、美味しい蕎麦が食べたい!というみんなの要望で車で5分ぐらいの「たかさわ」というお蕎麦屋さんに連れて行ってもらいます。

d0137764_14462336.jpg

限定の「霧下蕎麦十割」と「信州ひすい蕎麦」はすでに売り切れ。

天ざるを頼みます。
蕎麦を待つ間外をみればこんな絶景。
d0137764_14501930.jpg

コスモスが秋を感じさせます。相変わらず日差しはすごいけど。
でも私たちが泊まっているのは新潟なのに、ここは長野信州。車で5分なのに?
どうやら途中の川が県境だったようです。

そしてこの辺のお茶はすべてこれ。「えんめい茶」
d0137764_1452226.jpg

さっぱりとして美味しいのです。お土産に買って来ればよかった。

さてさてきましたよ。天ざる!
d0137764_14532672.jpg

天ぷらのほかにも小鉢がうれしい。煮物に蕎麦の実の餡がかかっていたりします。

お蕎麦もたっぷり。歯ごたえしっかりです。
そして美味しかったのが天ぷら。さっくさくに揚がってます。その中でもシメジやマイタケの天ぷらが美味しかった!マイタケはあってもシメジの天ぷらってあまりないような気がするけど、キノコのうまみがぎゅっとしてます。さすが山どころ。海老などはなくても十分なのです。

蕎麦もいただきおなか一杯。
満足したところで、会場に向かいます。

この日はホテルのロビー。セッティングをしてみたものの、これ、夜になったら窓からの明かりは入ってこないよね。楽譜見えないよね。
春奴が「あのアイスクリームのライトがちょうどいいんだけどなぁ。」「そんな借りられるわけないじゃない。」と言っていたら、あっさり借りられたようで。
d0137764_14595984.jpg

こんな感じに。なんかかわいい。こういうことでテンション上がる春奴と私です。

この日は本番終わった後に居酒屋さんに連れて行ってもらいました。
差し入れの日本酒。
d0137764_1514838.jpg

6人いればあっという間に空きますな。
若者がいたのでから揚げとかフライものとかボリューミー。で、ここのラーメンが意外な美味しさ。

帰りにコンビニに寄ってもらい空を見上げると満天の星空。星ってこんなに存在するんだー。
都会では絶対に見れない星空です。存在していても見えてないものっていっぱいあるのね、と哲学してみたりします。でもこんなに星があったら星座とか見つけられないね~。なんて話にも。

宿に帰り、最後の夜だからとみんなで軽く乾杯。就寝。

翌朝、なんとなく目覚め、カーテンをバッ!と開けて「いい天気~~!」。
と叫んでいたら「お願い、もうちょっと寝かせて…。」

春奴さん、二日酔いだったのね。ごめんねー!
お腹がすいたので朝ごはんを食べに行くとしばらくして春奴も来たけれど「無理」だそうで、握ってあったおにぎりを一つキープして部屋に戻りひたすら寝てます。この日運転もしなきゃならない春奴。かわいそうだけど、二日酔いに特効薬はないのよね。辛さもわかるだけに寝かせておくしかできないしね。

お昼頃には無事復活。
この日もお昼は蕎麦にしようと言っていて昨日と違う店も一軒聞いていたのだけど、「昨日食べれなかった十割蕎麦とヒスイ蕎麦を予約出きました。」とYちゃんから連絡。
なのでぎりぎりまで宿にいて1時に出発すればいいんじゃない?蕎麦食べるのに30分くらいでしょう。となり、チェックアウトして昨日と同じ「たかさわ」さんに行ってみると、車いっぱい、人一杯。昨日と違う風景です。日曜だからとちょうどお昼時っていうのもあって名前を書いて待ちます。
やっと席に通されましたがそれからも待ちます。厨房では女性たちが一生懸命働いています。

そして来ました。
霧下蕎麦の十割3枚とヒスイ蕎麦2枚。
ヒスイ蕎麦というのは信州蕎麦の新種でほんのり緑です。
d0137764_1521397.jpg

これが前日の。
d0137764_15213855.jpg

こちらがヒスイ蕎麦。この写真じゃ色の違いは判らないですね。

今回は天ざるにせずに1品料理をお願いしました。
キノコソテーにタケノコ天にわかさぎから揚げ。

d0137764_15234670.jpg

キノコソテーがものすごく美味しかった。やはり山のものは山でいただくのが一番です。
お蕎麦も前日とは全然違います。やっぱりこれ食べられてよかったね。
満足です。ごちそうさまでした。

この日は上越の坂口記念館というところで本番。
春奴、運転お疲れさまです。

d0137764_15265239.jpg

d0137764_15271691.jpg

こんな風情のある建物ですので。

セッティングもこんな感じ。
d0137764_1528219.jpg


和ですね。
響きもいい会場で気持ち良い感じだったのですがお客様が少なかったのが残念。

こうして3日間の公演も終わり東京への岐路についたのでした。
3日間お天気も良く、空気もきれい。そして家ではないのでなにかとやることがあるわけでもなく畳の部屋でゴロゴロしたりして合宿のような夏休みのような3日間でした。

まあ、色々色々色々あったけど、こうやって東京を離れていい気分転換になった3日間でした。
そして夜はさすがに冷えるんじゃないかとみんな長袖を荷物に詰め込んでいったけれど、登場することもなく快適な気候のまま3日間すごせてよかったよかった。
[PR]
# by yukinojyo3 | 2016-09-11 14:31 | Trackback | Comments(4)

夏休み日記。

長かったような短かったような8月。
印象は「大気の状態が不安定。」と「夏を楽しんだ。」でしょうか。

8月〇日。
東京の東方面の某ホテルにて。

ライブを聴きながらのバイキング。

d0137764_944852.jpg

結婚式か地方政治家講演会のバックかと見まごうセッティング。

d0137764_9453570.jpg

大人数での仕事の打ち上げにありそうな、いかにもなバイキング。飲み放題付き。

でも音楽がすごく良くってね。私達のテーブルだけ一番前の席で音楽に以上にもりあがってみたりして。こういうのもたまにはいいものでこの空気感、目いっぱい楽しんできました。

8月△日。
山の日は海へ。
江ノ電の混み方にへきえきとしながらもたどり着きました。
d0137764_9492895.jpg

d0137764_9501045.jpg

あづい~。ビール飲んでもあづい~。
そんな時の救世主。
d0137764_9511615.jpg

ハイボール。この器を頬や首筋に当てて体の熱を取ります。暑さにはビールより氷ものが効く~。
d0137764_953192.jpg

「タイ村」という名だけど、スペイン料理もケバブもラーメン屋さんまでもある。

でもタイ村だからタイ料理もね、と生春巻き。
d0137764_9543379.jpg

全体に料理のクオリティー高し!
昔の海の家のイメージとは全く違うのね。

おなかも落ち着いたところで、ちょっと海に出てみます。
d0137764_9563912.jpg

d0137764_9572139.jpg

足をじゃぶじゃぶつけてるだけでも超楽しい。少しお酒が入っているのもポイント。
気持ちいい!

日も暮れてきたので岐路につきます。
d0137764_9584528.jpg

江ノ電は電車もホームもあふれんばかりの人。
無理なので鎌倉までぶらり。これまた楽しい。
海は一気に夏の気分を上げてくれました。

8月✖日。
神宮花火大会は秘密基地から。
直前まで雨だったけれど、なんとか雨あがりました。
d0137764_1012666.jpg

花火の写真はどう撮っても爆発事故にしか見えませんね。
でも涼しい場所でお酒片手に室内から花火が見れるって一番いいね。来年もこの方法がいいなぁ。

そのほか、
8月◇とか□日。

実家に帰ったり、小学校の同級生女子会で10人も集まったり。
小学校時代の同級生には私はチェロを弾いていた印象が強いらしい。
器楽合奏クラブでチェロ弾いていたから。今弾けと言われても「ヴァイオリンを弾く人の持ち方だね。」って言われるし、弦が太くてまともに音も出ないけれど、そこは小学校のクラブ活動程度だったしから人が足りなければアコーディオンも木琴とかもやったし、器楽合奏クラブのほかに運動会では鼓笛隊、日曜日には体操クラブ。
なんだか私の持って生まれた少ない能力や行動力の80%くらいを小学生の時に使ってしまったのかもしれない。
なんていう小学生時代を思い起こさせてくれる小学校の同級生たちでした。

実家にも帰ったときには実家近くの同級生のご家族がやっている居酒屋さんによらせてもらい、数人で飲んだり。先月同窓会があってから急速に付き合いが深まっています。

実家ではしし唐やゴーヤを収穫したり、近所の方からいただいた、立派なキュウリやピーマンもいただいてきました。スーパーで売ってるものとは張りも艶も味の濃さも全然違います。ありがたや。

そしてオリンピックも感動しまくりました。後から特集を見ても毎回涙涙です。
良い夏を過ごせたと思います。


お.わ.り。
[PR]
# by yukinojyo3 | 2016-08-31 09:38 | Trackback | Comments(0)

7月最後はアンフュージョン。

暑いです。
昨日帰宅して着替えたら着ていた服の背中部分がびっしょりと汗染み、それもきれいに楽器のケースの形になってました。この時期楽器を背負うと密着して暑いのだ。

さて、7月末は大好きアンフュージョンに集合。

ではちょっと忘れかけているけどお料理ざっといってみよう!

☆季節のアミューズ
・有機人参のムースとズワイガニのコンソメゼリー
・安曇野野菜のピクルスと、長崎産、真蛸のマリネ
・姫サザエのエスカルゴバター焼き
・ブーレ・ジョンヌのガランティーヌ
d0137764_7433197.jpg

プーレジョンヌとは黄色い地鶏なのだそう。鶏ハムのような感じでビールに合う。人参のムースは安定の美味しさ。タコ、うまいね~。姫サザエも間違いない美味しさ。このエスカルゴバターをパンで食べたい!と言っていたところにパン登場。あますところなくいただきます。

☆北海道、礼文産ムラサキウニと大分由布産赤ピーマンのムース
青海苔風味のコンソメゼリー寄せ カクテル仕立て
d0137764_7491376.jpg

横顔
d0137764_7494274.jpg

野菜のうまみと青海苔風味のコンソメゼリーの愛称に舌鼓をうちつつ食べ進めていくとウニと混ざり合ってまあ美味しいこと。うに大好き!一番下に大きなウニの塊も。幸せだぁ。
いつもながらなんでこの器の中にこんなに美味しいものを絶妙のバランスで入れられるのか。すごすぎです。

☆宮崎産・トウモロコシ ゴールドラッシュの冷製ポタージュ
d0137764_7551242.jpg

あっま~~い!!!
昨年もいただいたけれど、より甘くなってない?
もちろんパンをちぎってドボン。
トウモロコシも私の好物。甘すぎるくらい甘かった~。

☆越前・三国 活〆サワラのぽわれ南仏プロバンス地方、アンチョビ風味のノイリー酒ソース
d0137764_7592556.jpg

ここでサワラって初めてかも。皮目しっかり、身もしっかりです。ソースに合う合う。

☆本日のメイン
赤牛の赤ワインソース
d0137764_811370.jpg

今回もロッシーニ注文なし。
赤牛、脂身はないと聞いたので、ならばそれいってみよう。最近美味しい赤身肉にはまってます。
もちろんこれおうまみがぎゅっと詰まった美味しいお肉。
だけど、味見させてもらったM嬢の鴨。
d0137764_853195.jpg

これ肉も美味しいし、ソースにグレープフルーツが入っていてさっぱり。めちゃくちゃ美味しかった。来年はこれだな。覚えていればね。

☆カカオマス80% EXビター有機チョコレートのクリームブリュレ パッションフルーツの香り
d0137764_8866.jpg

大人のデセールです。もちろん美味しい。

さて、今回お誕生プレートがない?
そうです。今回は誕生会ではなくお別れと励まし会。
ここのスタッフでずーっとワイン選びからサービスまでしてくれていたツキタ君が7月いっぱいでこの店を卒業して地元に戻り自分で店をやる、ということでツキタ君に会いに来たのです。

この店がオープンする前からシェフとともに店を支えてきたツキタ君。めきめきと腕をあげ、うなるようなマリアージュのワインを選んでくれてました。さみしいけれど、そしてこれから大変だと思うけれど地元で頑張って!

さて、今回はカプチーノが3人。
1作目
d0137764_818298.jpg

タカトシののトシ?

2作目
d0137764_8193424.jpg

ジブリ作品にいるよね、こういうの。

3作目
d0137764_8201376.jpg

立体的にしたら。。。。すけきよ?

これすべてツキタ君。らしい。これなら6人とも頼んでみればよかった。
これだけで大笑いです。
ツキタ君去った後のI君、これからよろしくね。

次に店に行った時にはもうツキタ君がいないと思うとさみしいけれど、自分の夢に向かって頑張って愛される店を作ってね。押しかけるから。今までありがとう。ひとまずお疲れさまでした。

そしてますます忙しくなるキクチシェフ。どんなに忙しくてもいつも美味しいお料理をありがとう。
ごちそうさまでした。
[PR]
# by yukinojyo3 | 2016-08-10 08:26 | Trackback | Comments(0)

7月後半。

梅雨も明けてやっと夏らしい暑さになりました。
寒いよりは暑い方が好きです。まとわりつくような暑さはいやですけれど。
そして懸念していたぎっくり腰にはなりませんでしたが五十肩になりました。とほほ。

タブレットを持つようになってPCは滅多に開かなくなりました。たまに開くとウィンドウズ10の使いにくさにイラッとします。というかたまにしか開かないからいつまで経っても使い慣れられないってことですね。

7月後半はなんだか忙しかったです。飲み会で。。。

秋のコンサートに向けて7年(その時は8年ぶりと盛り上がっていたけど、7年だったよ!)ぶりに顔を合わせたメンバーで「打ち合わせ飲み会」で大盛り上がりしてみたり、友達ご夫婦に誘われて美味しい和食の店に行き、そのあとお宅にお邪魔して」ワインをばんばん開けちゃったり。こちらご夫婦とも料理上手なのでついついね。あと友達の趣味仲間の集まりになぜか私も参加しちゃったり。
などなど。最近写真を撮るのが億劫だったりして画像なし。

でもこれはかわいかったので思わず撮ってしまった。
d0137764_1359558.jpg

写真が暗めなので画像処理したいけどやり方が変わってめんどくさい。しかも何故さかさま。回転させてみたけど、載せるとさかさまになっている。キーッ。


と言っておきながらここからは写真多いですよ~。
先日は以前銀座の名店「三献」の板さんIさんとお店で働いていたKちゃんと仲良しAちゃん、Tちゃんと私の5人飲み会。
こちらは5年ぶりの再会。変わらないね!
お店はAちゃんが小伝馬町の「ともすけ」を予約してくれました。私は一度しか行ったことがないけどそのときに大好きになったお店です。

ビールで乾杯!ひさしぶり~!
d0137764_1353863.jpg

山羊のチーズは自家製はちみつにつけて食べます。

d0137764_1365073.jpg

しらすとゴーヤのなんちゃら。ここのメニュはおいしそうなものばかりなので悩むんだけど、料理名が長くて覚えられないの。酸味が効いていて美味しかった。
白ワインで行きましょう。

d0137764_1391361.jpg

白いかと枝豆のなんちゃら。お店の方、こんな料理名の紹介の仕方で本当に申し訳ない。
盛り付けがかわいいでしょ。もちろん味も間違いなし。白いかがめちゃ美味しい。

d0137764_13104487.jpg

ネクターと生姜のなんちゃら。
これは泡で食べたいとのAちゃんの提案で泡をもらいます。「グラスじゃなくていいの?」のKちゃんの発言に「5人いれば大丈夫!」。だよね。
泡と合う合う。色もきれい。

d0137764_13134199.jpg

夏野菜の…
これが運ばれてきたときには席をはずしていたので聞かなかった~
もちろんこのころには赤をじゃぶじゃぶ行ってます。

d0137764_13163595.jpg

アクアパッツァ。これはIさんがきれいに取り分けてくれました。さすが!
残り汁はパンにつけていただきます。ここ、パンもものすごく美味しいんです。

d0137764_13274736.jpg

ここに来たら絶対食べたいのがパスタ。これはランプ肉とコーンのタリアッテレ。
ふう、初めてまともな料理名が言えた。肉の大きさとか、パスタに本当によく絡むように計算されてます。コーンが甘かった。

d0137764_1464654.jpg

そして最後は山椒となんだっけ?のリゾット。これは白でいただいたかな。このころには白赤、グラッパ、ビールと好きなものを飲んでたような。もちろんビールは私ね。

そういえば初めの方に書いたご夫婦の家でワインを飲んでいるときに私のビール好きを知っているのでチェイサーはノンアルビールにしてくれたのを思い出した。すごい気遣いに笑いながら感謝したわ~。

さて料理の話だけれど、写真だとリゾットって地味だけれど、これものすごく美味しかった。山椒がピリリでなんとも美味しい。

このお店はも店をやっているご夫婦もとても雰囲気がいいし、とにかく食材の組み合わせが「何故そんなことを思いつくの?」という組み合わせなのにどれも絶品。ワインも間違いないし。

そんな店で久しぶりの5人。IさんもKちゃんも変わらなくて面白すぎた。次はIさんのお宅に襲撃する約束をしてまたね!楽しい夜でした。

7年ぶりとか5年ぶりとか、年月は空いても合えば年月はどこかへ行ってしまうものなのね。

こんな感じで楽しい7月を過ごしております。それもこれもすべて周りがセッティングしてくれてのこと。ありがたいです。

明後日には8月です。
夏を楽しめるといいなぁ。
[PR]
# by yukinojyo3 | 2016-07-30 12:39 | Trackback | Comments(0)

6月の色々。

気が付いたら7月に入ってました。

さて6月の色々を思い出そう。
まずは小学校の同窓会がありました。○十年前の同級生たち。
覚えている顔もあればちょっと忘れている顔もあります。けれど、小学生ってみんな家も近いし、だれがどの辺に住んでいたかとか覚えているし、○○ちゃんち行ったよね。とか幼馴染的な部分もあるので懐かしい。すでに子供が独立している人もいたし、孫がいる人まで。
一度も苗字が変わっていない私からしたらちゃんと結婚して子供育ててってすごいなぁ、と思ってしまいます。
そして6年5組グループラインを作ったのだけど、これが小学生の頃のそれぞれの性格が出てて面白いったら。写真もすぐに送れるし便利な世の中になりましたね。

便利と言ったら、Skypeで海外にいる友達と3人で会話出来ました。昔、海外と連絡取ろうと思ったら郵便か急ぎだったら高い電話代払って電話、しかも時差ありであちらが朝になるのを待ったり、私など海外で友達と待ち合わせするのに出発直前に予定が変わり電話も繋がらず電報送ったことさえありましたもの。昔と今では環境が違いますね。

でも昔も大切に。
という事で(はないけれど)、六本木森アーツセンターギャラリーで開催されていたいた「ポンペイの壁画展」に行ってきました。

紀元後79年に火山の噴火によって一夜にして閉じ込められたポンペイの町。
d0137764_1321874.jpg

18世紀に再発見されたポンペイの遺跡の中から壁画を中心に展示してあります。

中に入ると目を引くのが赤。ポンペイ赤と呼ばれる独特の赤です。
完全に残っていないものもあればきれいに残っているものもあり色彩の美しさがイタリアという感じです。粉塵に守られここまで残ったともいわれています。

とにかくそこには豊かな暮らしがあり、それが一夜にして終焉を迎え、また今、こうして見られるというところに魅力を感じました。見れてよかった。と感動していましたが。
d0137764_1392792.jpg

d0137764_1375665.jpg

このアリバイ必要ですか?
ちょっと笑えた。
そしてギャラリーを出ても景色も楽しめました。
d0137764_13112186.jpg

東京も一夜にしてなくなることなんてあるんだろうか、とふと思ってしまいました。

さて2000年前から戻ってきて。
ある日はここ。
d0137764_13131945.jpg

お誘いいただいて東京ドームへ。巨人×中日戦でした。

私は野球は全く分からないけれど、アンチ巨人という事だけははっきりしているので巨人ファンの方以外だったらいつでも行っちゃいますよ。やっぱりスポーツは生で見ると違いますもん。
友達のアテンドも完璧。

そしてお約束の
d0137764_13163561.jpg


から、並々の
d0137764_13172096.jpg

これ酔っぱらった~。

中日が無事勝ってご機嫌で祝杯。
d0137764_13182270.jpg

d0137764_13185384.jpg

サマートリュフもたっぷり~。充実した夜でした。

何もなかった6月のような気がしていたけれど、こうして見返してみると何かとあるものですね。
さて7月は特に予定がないけどどうなるかな。
忘れもしない昨年の7月1日にぎっくり腰をやって7月の1か月間を思うように動けずに過ごしたので今年はぎっくり腰にならないことが目標かな?でも肩に痛みがあるのが続いています。

歳ですね。
[PR]
# by yukinojyo3 | 2016-07-04 12:26 | Trackback | Comments(0)

人生の粋な先輩達。

もう10日以上前の話になりますが。

仲良しAちゃんから「鶯谷にすごく素敵なお店があるの。だけど、そこは女性だけでは絶対はいれないの。私達どちらかが男装しても入れないの。」というお店があることを聞き、ならば近いうち飲みましょうと言っていたダンディーFさんに連れていっていただきましょう!

ということでFさんに予約を入れていただき、私とAちゃんは鶯谷駅で待ち合わせしてお店に向かいます。鶯谷なんて何十年ぶりに降り立ったでしょう。
女性一人で歩くにはちょっと勇気いるかな。

大通りに出てちょこちょこっと曲がると、「え、これが居酒屋さんなの!?」というこんなたてものが。「鍵屋」さん。超老舗居酒屋です。
d0137764_10153599.jpg

ほっほう~。としばらく観察してしまいます。
あとで店の方に聞いたら築100年で、40年前にこちらに移転したそうです。

ガラガラっと中に入るとすでにFさんが座ってビールやってました。こういうところが似合うんだな。
店のなかもすごく雰囲気があってまたまたほっほう~。
ビールで乾杯して食べ物を頼みましょう。

あらー、メニューというよりお品書きもほっほう~なこちら。
d0137764_1019599.jpg

年季入ってます。潔いです。

Aちゃんと、これ持って帰りたくなるよね、何に使うわけでもないけど、なんて話しながら色々頼みます。
d0137764_10233347.jpg

大根おろし。シンプルです。

そしてこれ!
d0137764_10241922.jpg

うなぎのくりからやき。これがおいしい。これには日本酒でしょうと日本酒常温でお願いします。

鶏皮鍋にもつ鍋。中が皮かモツかの違いです。
d0137764_1028431.jpg

d0137764_10313935.jpg

このねぎが入れてある器もいいなぁ。

私達の大好きな畳いわし。
d0137764_10304342.jpg

たたみが丸まってます。こういうところがちょっとお茶目。

焼き物も。
d0137764_10334487.jpg


ここの大将が素敵だと二人から聞いていたのですがこの日大将の姿は見えませんでした。
若い店員の方に「なんでここは女性だけのお客さんはだめなんですか?」と聞いてみると。
「今聞いてまいりますので。」
そしてかえって来た答えは
「先代の遺言だそうです。」
ほっほう~。これはこれ以上誰も文句も疑問も言えません。だって「先代の遺言」は守らないとね。

帰り際に素敵な大将の顔も見ることもできました。
さてこういうところは長居しちゃいけねぇ。と急に口調も江戸っ子になったところで店を出て次にむかったのは湯島。

またもやちょっと女性だけでは勇気がいる感じ?の通りから曲がって曲がってとあるスナックへ。
ここのママ、Mさんがなんとも素敵なのです。
着物をピシッと着こなしてきれいにお化粧して。
でもあちらの組合の方、Mさん、昔は相当怖かったらしい。Fさんが連れてきた女の子たちも相当怒られたそうです。
「今は怒んないわよ~、もうね~年取ったら怒るって疲れるのよ~。」
というわけでこういうところで怒られがちなAちゃんと私も怒られませんでした。
この日ほかにお客さんがいなかったので色々話をしてくれたのですがもうこのM姉さんの経験豊富な話をたくさんしてくれてFさんとこの界隈の昔話などもたくさん聞けて笑いっぱなし。
でも昔怒ったときの話をしてくれた時に姐さんが机を人差し指で「トンっ!」っとたたいた時にあぁ、この人に怒られたら泣いちゃうかも、とその迫力にビビった私でした。
でもね、なんか本当に素敵なんだなぁ。年齢を聞いてもその若さにAちゃんが「私たちが1年の時の三年生っていう感じ。」といったのがすごく的を得ていると思う。

この日ちょっとむしゃくしゃしたことがあった私も「そんなの大したことじゃないなぁ。」と思うし、なんだか元気になります。

こうしてすっかりパワーをもらった私達が湯島駅から帰ろうと改札に向かっていると、私達の商売道具に軽く絡む(ってほどじゃないけど)ほろ酔いの男性達。その辺は軽くスルーしながらAちゃんと
「鍵屋さんが女性だけの客はお断りという意味がなんとなく分かった気がするね。」とうなずき合ったのです。真相はわからないけど人に不快感を与えず主義を守ると言う心意気なのかもしれません。

それなりに歳をとっても私はまだまだ中身はひよっこだな、としみじみ感じさせてくれた粋な人生の先輩方でした。

それにしてもM姉さん最高だったわ。
[PR]
# by yukinojyo3 | 2016-06-26 10:06 | Trackback | Comments(0)

ここのところの色々。

6月も10日が過ぎました。
あまりにも長いことPCも開いていなかったらいつの間にかバージョンが10にアップされていて使いにくいったらありゃしない。
とちょっと憤りを感じつつ。

なんだかライブが終わってからの時間の感覚がわからなくなっているのですが、ここの所の色々を自分用に。

ライブ前は「バルスペインクラブ銀座」に出没。ちょうど感謝祭というのをやっていてワインの試飲をしたりイベリコ生ハムの試食したり、ブツを受け取ったり。今回のライブでは干しブドウや白ワインはここにお世話になりました。
そして「暑いからビール飲もう!」と。入口にバルがあるのですぐに飲めるのがいいです。
特製サラダ。
d0137764_1132242.jpg

サラダのドレッシングは先日のイベリコ豚しゃぶのオニオンビネガーソースなのです。
やっぱりこのソース別売りしてほしいです。

そして常連の方からおすそ分けをいただいちゃいました。
d0137764_11303415.jpg

d0137764_1131990.jpg

カモ肉とワインが合う~。
ありがとうございまいた。

この数日後には大阪にいる友達がこちらにワインの買い出しに来るというので駆けつけました。短い時間だけど会えてうれしかった!

さてさてライブも終わったある日代々木上原の和食やさんに急にお誘いいただきました。
d0137764_1137248.jpg

d0137764_1138190.jpg

d0137764_11382793.jpg

清潔なカウンターにかっこいい大将、明るい店の方々と心地よく、そして何より料理がどれもこれもおいしいこと。すっかり気に入ってしまいいました。Aちゃん兄様ありがとうございました。

そして先日は念願かなって仲良しAちゃんとやっと「Zect」に行くことが出来ました。
私の大好きな店です。
Aちゃんと2人でゆっくり飲めるのもライブ終わって以来。
店長もアオキちゃんも変わらずいい感じです。
d0137764_11514244.jpg

前菜盛り。
彩りもよいですなぁ。
d0137764_11523223.jpg

これ燻製肉なのです。手間かかってますね。やっぱり国産和牛はおいしかったなぁ。
なんか最近の私はよく肉を食べるようになりました。脂身の塊は無理だけど、体が肉を欲しているようです。

そして待ってましたの本日の暖簾。
d0137764_11534355.jpg

これがこうなる。
d0137764_11541040.jpg

手打ちパスタ。これが食べたかったのよ~。毎日のようにFBでおいしそうなランチの写真をみていたのでここのパスタが食べたくて食べたくて。
期待通り、いや、期待以上においしいったら!店長天才です!
Aちゃんともきゃっきゃと飲めて大満足の夜でした。
と相変わらず美味しくたのしい時間も一杯でした。

と話題はどうしても食べ物に行ってしまいますが、お仕事仲間の方のライブを聴きに行って刺激を受けて春奴と「またライブやりたいね。」なんて話をしたり、小さい頃から同じ先生に習っていた方のベートーヴェン4曲の演奏会を聴きに行って落ち込んでみたり。なんでってベートーヴェン4曲って聴くのも大変だけど、弾く法はその百倍も大変なわけで、演奏も素晴らしかったしよくここまで出来たな。とあまりに感心してしまい、それにくらべ私はつくづくヴァイオリン弾きには向いてないわ、と落ち込んでしまったのですよ。まあ、小さい頃から出来が違いましたからね。
そして小さい頃の私を知っている方々にもたくさんお会いし、「まあぁ、変わらないわね、本当に元気そうね~。」と誰もに言われるわたくし。確かに元気だし、見るからに元気そうに見えるのはいいことだ、と思っておこう。

そして昨日は3年前に大学で副科のヴァイオリンを教えていた生徒さんから急に連絡。
テレビを見ていたらバックに私がいてびっくりしたて思わず連絡してしまったとのこと。
大体ほとんど映っていないし、3年前、専科ならともかく副科で25分×30回しか会っていない私のことを覚えていてくれるなんてそちらにびっくりだわ。
今、彼女は希望通り小学校の先生になっているそう。そんな近況も聞けてうれしい連絡をいただきました。

こんな風にこの所の天気のように晴れたり曇ったりの私の心模様でした。雨が降らないだけいいですね。
やっぱり天気が良い方が気持ちいいですものね。
今日は梅雨の晴れ間ですが、これからまだ梅雨が続くと思うと鬱陶しいですが、心は晴れていたいものだと思うこの頃です。
[PR]
# by yukinojyo3 | 2016-06-11 11:21 | Trackback | Comments(0)

ありがとうございました。

ザ・芸者ストリングスカルテット
定期ライブ 其の十九 ~四季の軌跡~

無事終了しました。
足を運んでくださったお客様、行けないけれど頑張ってね、と声をかけていただいた方々、スタッフのみなさん、人出が足りなくて急遽快く駆けつけてくれたお友達。
すべての皆さまに感謝です。

なんだか今回は特に、今まで周りに支えられて十九回まできたのだなぁ、と心にしみました。

私達も年齢を重ね練習時間も持たなくなってきました。
腕が痛い、腰が危ない、肩がダメ、と晶ちゃん以外はみんな何かしらの不安を抱えながらなんとか本番まで持たせよう!と言う方が目標になってきたという現実。

私の場合は首から肩、背中にかけてが張ってしまい、腕を上げるのがつらい状況に。見える人が見たら何かに憑りつかれているんじゃないかと言う重さでした。あまりにもひどいので合間をぬってマッサージに行ったら肩甲骨が張りすぎて固まっているとのこと。飛び込みで行ったのにたまたまいい方に当たり、腕が回るまでなんとかほぐしていただきました。憑りつかれてなくてよかったわ~。
これは急に筋肉を使っうと起こる事らしい。「急に」ね。普段いかにさぼっているかバレバレです。


毎回、本番前になると気持ちも煮詰まってきて「本番が無ければどんなに楽か。」と思うのですが、それでも練習中にも鳥肌が立つような弦楽四重奏の響きがある時もあって、4人でしか出来ない弦楽四重奏と言うものが出来るありがたさを感じます。

そんな緊張感と不安を抱えながらも開場のムジカーサに入るとなんだか気持ちがスッとしてきます。

さあ、会場設置しよう!
ところで、昨年どうやってテーブル並べたっけ?ここでまさかの私の昨年のブログが役に立つとは。やってて良かったブログちゃん。

スタッフのみなさんに準備をしてもらいながら私達はリハに入ります。
ワインもばっちりですよ。
d0137764_11434791.jpg


そしてなかなか見れないでしょう。私達側から見た会場です。
d0137764_11451996.jpg


そして本番。色々ありましたけれど、終わってしまえばやはりライブは楽しい。

今回弐部の曲はお久しぶりの曲も多かったのですが、お稽古の時に久しぶりに音を出したら「なんだかテンポ遅くない?」「こんな曲だっけ?」「歳を取ったらテンポも遅くなるかなぁ、なんて言ってたら本当に遅くなるものだわね~。」ってな会話も。曲もやれどもやれども終わらない感じだわ。なんて言っていたのですが、本番になると、あれ、もうすぐ終わり?というほどあっという間に感じます。
そんなものなのでしょうね。
こうして定期ライブが終わりました。
今年はたくさんのお客様から予約をいただき、当日飛び込みもありで盛況となりました。
何十年ぶりに合う方や中学の同級生が初めて来てくれたりと嬉しいこともありました。
改めて感謝いたします。ありがとうございました。

最後の練習の時に紅玉が「何とか来年の20回を迎えられるといいね。」という言葉に「ほんとだね。」と4人でしみじみ。そしていつもながら晶ちゃんの面白話に大笑いしながら「こういう馬鹿話しながら4人で飲みたいね~。」と。それはいつか実現したいね。
これだけの年月一緒に音楽を出来ることが出来るメンバーに恵まれた事にも感謝です。

来年もなんとか定期ライブが開催できるよう頑張って行きたいと思います。

あれ、そういえば本番でメンバー紹介ってしたっけ?

本番や打ち上げの写真はこちらから
[PR]
# by yukinojyo3 | 2016-05-16 11:20 | Trackback | Comments(2)

今度弾く曲 ヴァイオリニストが書いた弦楽四重奏。

今回の壱部のメインの曲
『クライスラー弦楽四重奏曲イ短調』

クライスラー(1875~1962)は作曲家でもありますが、それとともに偉大なヴァイオリニストでもありました。1962年没、と言うと最近の人、という感覚で、日本でも演奏していますし、クライスラーが演奏したクライスラー作品のレコードなどもあります。

ウィーンに生まれながら戦争など時代の流れに影響され最終的にはアメリカ国籍となります。
その辺は興味があればググってください。

そんな偉大なヴァイオリニストが作曲した唯一の弦楽四重奏曲を今回演奏するのですが。

なんか、発想がヴァイオリニストの発想でふっ、と笑ってしまうのですよ。
大体かっこいいとこは1vnが弾いちゃおう。
あと上3人(チェロ以外)でメロディー和音で重ねていくと厚みがでていいね~。揺れ感も有っていいね~。
えーっとチェロ、初めにカデンツァで目立ったからいいよね~。
なんか和音の音が足りないなぁ。じゃあ、2ndヴァイオリンとビオラに重音弾いてもらっちゃえばいいか。

最後はどうしようかな。。
やっぱりチェロには散々リズムの刻みやらせちゃったからもう一回目立ってもらっておこうか、これで許してくれるよね。
あ、ビオラももうちょっとメロディーあった方がいいな。じゃあ最後はビオラメロディーで終わらせようか。
これで許してね。

みたいな。
偉大さは違ってもヴァイオリニスト的な感覚だなぁってなんかわかるんですよね。

でも私達がこの曲に至るまで何年もかかっているのです。
私達は何曲か候補曲を揚がったら一度集まって全曲軽く音を出してみます。その時にこの曲も毎年候補にあがっていたのだけど、なんかだ難しいしいから無理!と各楽章1ページづつぐらい弾いて却下してきた曲だったんです。
今回も他に候補曲があってその中から「これかなぁ」っていう曲も出てきたのですが、「クライスラー、今年も音出してみる?」と弾き始めたら、何回かほんのすこーしづつ弾いたのが記憶に残っているのか、弾きながら「なんかいいような気がしてきたんだけど。。。」という話になり。晶ちゃんが「姉さま方の揺れ感が一緒だからいいと思う。」と。それにもう一つの候補曲は来年でも弾けるかもしれないけど、クライスラーやるなら今かもね!という事で決定した曲なのです。こういうのを機が熟したというのでしょうか。

曲決めの時には難しいところは適当にごまかして弾いていたのでいざとなると難しい箇所が多いのですけれどね。
先ずは曲のテンポチェンジの決め事。それと音程。メロデイーが重音で動いているので1音1音和音が変わっていくし、またこれがヴァイオリン弾きの感覚なんだけど、音で考えてるから異名同音がいっぱい。違う音が書いてあるけど同じ音だったわ~、と目がごまかされるのです。あと弦や指の指定なども細かく書いてあってその通りやるととても難しいのです。同じ弦で高い音にチェンジポジションが多く、となると自然とポルタメントが入る。それが狙いなのでしょうね。
なんかこの曲を練習するようになってから仕事でも隣の弦に移ればいいのに無駄に同じ弦で弾こうとしているときがあります。

春奴は高い音や難しいパッセージに「腕がいたーい!」
私と紅玉は重音に「音程が合わなーい」
そして晶ちゃんは。
スコアを見ると、チェロがひたすらズンズンズンズンとリズムを刻んで上3人が一丸となってメロディーになっていたりするところが何ページも続いたりしてしかもテンポアップしていったりして私達3人がこれまた好き勝手にテンポをアップしたり緩めたりするのでそれに合わせるのが大変。

とそれぞれに頭を抱える部分があります。

でも音楽全体に深刻さとかはないので楽しむ部分は楽しんでいただけると思います。
というか、そうなるといいんだけどなぁ。
今しか聴けない芸ストのクライスラー、ってところを楽しんでいただくのもありです。


とはいえ残すところ2日。昨日通し稽古をしたのですが、その録音を聞いてため息付きながら心は焦りまくっています。なので全体的に何がいいたいかよくわからない文章になってしまいました。

ならこんな事書いてないで練習しなさいよ、って話なのだけど、練習してもうまくいかないと、松脂塗り直してみたり、弦変えてみたり、爪切ってみたり、ブログ書いてみたり。

毎回本番前はこんな感じです。
[PR]
# by yukinojyo3 | 2016-05-11 20:04 | Trackback | Comments(6)

定期ライブのお知らせ再び。

d0137764_2230699.jpg


定期ライブ、気が付けば2週間後に迫って来ていました。
ただ今絶賛お稽古中。

5/14(土)。
17時開演(16:20開場)
於:ムジカーサ
入場料4000円。(フリードリンク・スナック付)

今年も一押し美味しいワインと一押しスナックを用意してお待ちしています。
申し込はこちらから。

曲の事やお稽古の様子などまた何かありましたらアップしますね。
お時間ありましたらどうぞ遊びにいらしてくださいね。

お知り合いの方は私に直接連絡いただいても対処いたしますし、わからない事などありましたらコメント欄書いてくださいね。
個人情報が含まれる場合は必ず鍵コメでお願いします。

今年も皆様にお会いできることを楽しみにしております。
[PR]
# by yukinojyo3 | 2016-04-30 22:28 | Trackback | Comments(0)


ヴァイオリン弾き、芸者ストリングスカルテット(芸スト)雪之丞の日常をなんとなく。ほぼ飲食ブログと化してます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
鍵様、了解です。ありがとう。
by yukinojyo3 at 22:53
スミちゃん。 それは残..
by yukinojyo3 at 15:48
4月15日はスチャダラパ..
by スミノフ at 14:41
スミちゃん。 >街を破..
by yukinojyo3 at 11:30
おおー!雪さまもシン・ゴ..
by sumirnoff1 at 21:23
南風さん。 それはトラ..
by yukinojyo3 at 09:28
おや、ダリ展ってそんなに..
by 南風 at 18:51
DAIさん。 ダリ展は..
by yukinojyo3 at 01:31
芸術の秋+食&飲みの秋?..
by すぎなみくDAI。 at 22:19
和さん。 そうだ。上越..
by yukinojyo3 at 10:35
メモ帳
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
18世紀のイタリアを代表..
from dezire_photo &..
中秋の名月
from おん ザ ひとりごと
カニ遠方より来たるありま..
from 東京アンダーザブリッヂ
北海道開拓おかき
from 迷わず並べよ 食べればわかる..
クロワッサンNO1を体験!
from 東京アンダーザブリッヂ
気が付けば朝……
from まいにち酒飲み
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧