雪之丞な日々Ⅱ



<   2014年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


くつろぎの夏アンフュージョン。

昨夜は桜新町「アンフュージョン」で、タナスとスナッチの合同誕生会でした。

ですが、私の仕事が大幅に延びてしまい、みんなには先に始めていてもらったものの、このままでは私はフルコースは無理ではないか、と思いながら仕事もが終わり、いざ行かん!

ところが外は大雨。
もともと、車の春奴に「最寄の地下鉄の駅まで送って~。」とお願いしていたんですが、「じゃあ、三軒茶屋まで送ってあげる。」と家より遠くなるのに車でばびゅーんと三茶駅まで送ってくれました。
そして、ホームに降りていくとそこに電車がスルリと滑り込んできまして、開始時間から相当遅れたものの、無事アンフュージョンに到着。春奴、感謝です!

到着してみたら、他のお客様は帰った後で貸切状態だ。わーい!やりたい放題
騒いでも周りにご迷惑かけないで済みます。
「荷物もどこにでも置いて下さい。」と言われ、荷物を置き、席に着こうとした瞬間に生ビールがスッっと。
いいね、正しすぎます。

先ずはカンパーイ。
そしてマイリさんがメールで送ってきてくれた「モンサンミッシェルヤバーイ!」のこれ。

d0137764_103666.jpg

先ずはこれいただきます。
思わず、
『あま~~~~い!!』

びっくりです。今までここでもモンサンミッシェル産ムール貝いただきましたけど、こんなに甘いの初めて。
おいしいぃ~。身も何のひっかりもない柔らかさなの。
これ、この日空輸されてきたばかりなのですって。採れたてとはこういう事なのかという感動の美味しさです。

ビールが終わってから泡と思ってくれてたようですが、
「私ビールチェイサーに飲めるから、そろそろ泡お願いします」、と残しておいてくれた泡で乾杯し直しみんなに遅れながらもディナースタートです。
d0137764_1021426.jpg


☆季節のアミューズ
安曇野野菜のラタトィユとコンソメゼリー
越前:三国 ふぐの白子のフラン
カモとウズラの卵の燻製
三陸:女川産 牡蠣のグラタン

d0137764_1011491.jpg

おっ、ふぐの白子のフランなんて初めて。ん、美味しい。というかこのお皿の物、全部大好きですもの。
この皿だけでもいいくらい。これに泡で「はぁ~、美味しい。」とため息です。

しかも貸切状態だからものすごく落ち着く状態で、気持ちもとろりん。
アミューズをいただきながらもムール貝をすすり、ソースをパンに浸み込ませパクリ。
d0137764_10154755.jpg

これ、ホント美味しすぎ。食材としては今年のナンバー1かも。おかげでいつも以上にパンが進みます。

☆活オマールエビと白桃のカクテル仕立て、大葉のグラニテ 京都飯尾酒造、梅黒酢の香りで
d0137764_10185432.jpg

海老も白桃も好きですけれどね、こういうものは別々に食べればいいんじゃないか、と普段は思っている私ですが、食べた途端、「うまっ!」キンキンに冷えた白桃の甘さとオマールエビの旨みが大葉のグラニテと梅黒酢でさっぱりといただけます。まさに夏の一品。こういうところがすごいんだな。

☆宮崎産、ゴールドラッシュ トウモロコシの冷製ポタージュ
d0137764_10274643.jpg

口にした途端全員が「あま~~~い!」
と叫んでしまった一品です。
え、トウモロコシってこんなに甘いの?砂糖入れてるんじゃない?疑惑まで出てくる甘味です。
でもこれトウモロコシそのものの甘味なんですって。
こうなると、ゴールドラッシュ、そのままを食べてみたいものです。
これまた美味しすぎてパンをいっぱいちぎって入れて最後の一滴まで美味しくいただきました。

☆銚子産 天然マダイのポワレ ベーコンと冬瓜のスープ仕立て 大葉のビストゥー レモングラスの香りで
d0137764_1261667.jpg

これ、レモングラスの香りでちょっとエスニックな感じもするんだけど、でもエスニックにはならない微妙なさじ加減、そのあたりがプロなんだなぁ。大葉のビストゥー(ビストゥーとはペーストみたいなものだそうです)も味は主張してないのに爽やかさが良いんです。
マダイのポワレよりも冬瓜の甘さとかスープの味と香りの絶妙さに皆が感心してしまった一品です。こういうのは夏ならではの味わいですね。

☆牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ風 安曇野野菜を添えて
d0137764_10393532.jpg

はい、飽きもせず毎回これですけどね、いいんです。だって年に何回かしか来れないんだもの、好きなもの食べなきゃ。

でも、今回珍しくスナッチは豚ちゃん。
d0137764_10401646.jpg

味見させてもらいましたが、「あ、これ、美味しい豚ちゃんだ。」だし、ソースがまた美味しい。

タナスは仔羊。
d0137764_1265374.jpg

あ、久しぶりに羊ちゃん、ずっと牛一筋だったのでこういう独特の味も懐かしい感じすらします。こういうのも好きなんですけどね。
でも私は一皿を全部美味しくいただくなら牛フィレとフォアグラがいいのです。

ワインも豚と牛で違うワインにしてくれてます。
d0137764_129690.jpg


そして2人のお誕生祝い~♪
おめでとうスナッチ 5月生まれなのにいつもお祝いが遅れてごめんね。
d0137764_1047793.jpg


そして7月は生まれ、おめでとうタナス。
d0137764_10475089.jpg


ついでに貸切だったし楽器持っていたので、ヴァイオリン取り出して軽くはっぴばーすでぃ~♪弾いちゃいました。頼まれると絶対弾かないけど、頼まれないと弾いちゃうよ!な私です。
このお店、めちゃくちゃ音響いいです!ライブしちゃう?

2人のお誕生日プレートを見ても分かるように、今回は4人にぞれぞれ違うデザートを用意してくれていたのです。いつもならデザートも細かく書いてあるのに、今回は「本日のスペシャルデザート」と書いてあったのはそういう事ね。
マイリさんの
d0137764_128724.jpg

このソースにいろんなスパイスが入っていてソースでワイン飲めちゃう。

。私のはこれ。
d0137764_105245100.jpg

豆乳と黒糖のブラマンジェ。これ、めちゃ好みでした♪

はぁ、もう満足です。
今回また今までとまた違った味わいを楽しめたディナーでした。夏野菜の美味しさのせいか、シェフの腕がより一層冴えたのか。夏のフレンチも美味しいね。来れてよかった!また来たい!と思ちゃうんです。来月も来ちゃう!?

たぶん私がここの店を好きなのは、アミューズから始まり、数えきれないほどの食材を食しているんですよね。この店を知る前はフレンチ=重い。で実はフレンチにニガテ意識があったのです。むかーしフレンチ食べたら脂っ気で気持ち悪くなっちゃたこともあったし。

だけど、ここは1皿一皿の中にも何種類もの美味しさが楽しめる。野菜も美味しい。というわけで、ちょこちょこいろいろなものをつまみたいし野菜が好きな私には向いているフレンチなんだと思います。


そして食事を終え、おめでたい事のあったシェフにみんなからのお祝いです。
あ、また頼まれないのでちょっとヴァイオリン弾いちゃいました。あはは。

おめでとうございます。プライベートも充実してますます料理に磨きがかかちゃうかな。

またまた美味しい料理と心地よい空間で幸せな夜でした。
遅れながらも何とかたどり着いて全部のお料理を食べられてよかったよぉ~(嬉涙)。

写真見てたらまた食べたくなっちゃった。
[PR]
by yukinojyo3 | 2014-07-19 09:50 | Trackback | Comments(6)

素晴らしき師匠。

もう10日以上前になりますが、大学時代の恩師とその門下生達での集いがありました。

先生とこうして集まるのは卒業以来。

先生は世界的に活躍するヴァイオリニストですので、そのお姿は演奏会のポスターやテレビで拝見していましたが、もう〇十年前の出来のお悪い弟子の事など記憶にないでしょうと思いこんでおりました。

それが九州に住む先輩が先生のコンサートに行って先生とお会いした時に「あの頃のみんなと会ったりするの?」という話から、あの頃の門下生で先生の紫綬褒章受章やデビュー50周年のお祝いをしましょうという話に。

先生が大学にいらした期間も短かったし、各学年1,2名くらいしか生徒はいないので門下生の集いといっても人数は少ないのですが、その少ない門下生でさえ、ベルリン、九州、京都、と住んでいるところも離れているしし、お忙しい先生との予定が合う事なんてあるんでしょうか。

でもね、このとき何かが味方してくれたとしか思えないタイミングで、ベルリンからkちゃんが帰国、先生とも予定が合い、話が出てからわずか3週間後には先生を囲んで食事会が出来ることに。

さて、問題は先生をどこにお連れするかです。
ちなみに私の卒業祝いは帝国ホテル内の高級レストランでございました。

食通の仕事仲間の方々にヒントをいただき、東京にいる先輩と実際に食べに行ってみたりして、お祝いの品も選んだり、とあわただしいく過ごすうちに当日です。

麹町の一軒家のイタリアンに集合。
d0137764_10381719.jpg

みんな久しぶり~、変わらないね~!なんて門下生6人、再会できたことに盛り上がっているところに先生登場。

あれから〇十年経ったとは思えない美しさと品でございます。
先生も全員の事を覚えていてくださって、懐かしがってくださいます。

食事をいただきながら話が弾みますが、先生に近況を聞かれるのが一番困る、形見が狭い「この歳で独身、フリーター」。話が広がらなくてすみません。しかも続けている演奏活動が「芸者」...絶対言えない。

でも、全員が健康で曲りなりにも音楽で暮らせていることが何よりということで。。。

でも、他のみなさん、オケや学校などで活躍しているので会全体としては話が尽きません。
学生と先生という関係の時よりはこちらも緊張は少ないし、先生も「あのころはまだ若かったから。」なんて言いながら結構ぶっちゃけて話もしてくださったりで11時半に始まったのにお店のランチ時間が終わる3時まであっという間に時間がすぎます。

せっかく集まれたし、まだまだ話も途中な感じだったのでそこからタクシーで移動してホテルのラウンジでお茶します。
先生は弦楽器の音を聴いたことが無い方々のためにご自分でプロデュースして演奏会を開いたりと活動の場を広げています、それも「値段が高かったら意味がないじゃない。」ということで安い値段で気軽に音楽が聴けるようにという主旨で活動を行っているとのこと。本当に尊敬します。

話はもちろんクラシック音楽の事が中心、となればベルリンで活躍するkちゃんからいろんな話が出てくる出てくる。もちろん先生も知っている方々なのでカタカナの名前が飛び交います。

私、日本人の名前さえ覚えられないのに、カタカナの名前覚えられるっていうだけでも皆さんを尊敬します。というレベルの低さで、会話をきいていたけれど、普段狭い世界で生活していると聞けないような話がたくさん聞けてほんとに面白かった!
そんなこんなであっという間に6時過ぎに。

いやー、楽しかったしあまりにも変わらぬ先生に感動です。
最後に先生を囲んで写真を撮りましたが、先生はやはりスター。輝いてます。
先生からのお言葉は「今が今後(6、70代)につながる。」です。楽器のことも体のこともね。
説得力ありすぎです。
ラウンジを出て先生をお見送りしたのですが大学時代と全く変わらぬ後姿と優雅な足どりに生徒一同「素晴らしすぎる!」でした。

そのあとはせっかくこうやって集まれたから、と門下生で居酒屋にて乾杯。
なんで先生が歳をとらないかについては「さらう人は歳とらないんだと思う。」という結論に。
あと、在学中に先生の音階を聴いて「曲を聴いているように美しい音階だった。」なんて話も。

この日中に京都に帰らなきゃならない方もいたので、その時間までわいわいやって、また来年もこういう会を実現しましょう。ということで解散。

本当にいい会でしたし、先生や皆さんにお会いできて刺激も受けました。
ああ、大学の4年間、もっと必至で練習してたらもっと先生から学べることはいっぱいあったのに、とあの頃が悔やまれますが、ばりばり現役のヴァイオリニストの先生に4年間学べたことは貴重だったし、今もこうして刺激を受けられることは幸せなことですね。

そして刺激を受けた私。
翌日から「美しい音階」を目指し、音階の練習に必死に取り組みました。
私のすごくいいところは、良くも悪くも周りの影響をものすごく受けやすいところ。

そして私のすごく悪いところはそれが3日と続かないところ。。あぁ、これだからダメなのか。

と思っているところになんと先生から直筆のお礼状が。
恐れ多すぎです。

歳をとらないためにもせめて音階、ちゃんとさらわないと、だわ!

先生は一生先生なのですね。そしてこの方を先生と呼べることは私の人生の宝の一つです。
[PR]
by yukinojyo3 | 2014-07-15 10:07 | Trackback | Comments(2)

6月後半。

はぁ、いつの間にか7月です。

6月後半は腕時計がすべて電池切れ(どれも安物)になったり、楽器のケースが壊れたり(持ち手が片方はずれた)、傘が壊れたり、カップが割れたり、となんかなぁ、が続いてました。

そんななかの救い。

あるときは、仕事終わりに蕎麦やで軽くやってたときにハタ、と気付き、原宿のいつもの店に移動。
d0137764_1122697.jpg

d0137764_11223766.jpg
d0137764_11232746.jpg


なんとわたくしこのお店にいくの今年お初だったのです。
店長、明けましておめでとうございます。今年もよろしく、とすでに6月なのにこんなご挨拶。
パスタ美味しかった♪



あるときは仕事の帰りに湯島で途中下車。「酒席太郎」にて。
d0137764_11285723.jpg

d0137764_11333576.jpg

新蓮根なのでこの厚みでもさっくさく。日本酒も美味しかった~。
カウンターじゃなかったので名物女将とあまりお話できなかったのが残念ではあったけど、座敷は座敷でわいわいと仲間内で話が出来ていいよね。このお店の感じ好きなのです。



あるときは、おとくいクーポン飲みに誘っていただきインド系料理。
d0137764_1139457.jpg

d0137764_1140119.jpg

↑これ、店の人が「やぎの卵、やぎ、やぎ」と言いながらもってきたんだけど、食べてみたらただの卵焼き。

やぎ???といいながら1分後くらい。
「ねえ、山羊って卵で生まれないよね…。」「だよねぇ!」「ちょっと山羊の卵の大きさ想像しなかった?」「ダチョウの卵より大きいのかな…とか…。」「やっぱりぃ~!危なかったぁ!」と大爆笑。
とんだアホになるところでした。で、なんでヤギヤギ言ってたんだろう。謎のまま。

d0137764_11444384.jpg

それにしてもこういう店でカレーが一番イケてない無いって致命的すぎる。ナンも甘いしね。
なんか辛くするものください、って唐辛子もらってかけたけど、元の味がダメだとどうにもならず。
でもクーポンで安く飲めたし、久しぶりにこういう系の味を食べられたのでよしとしよう。
からの
d0137764_11463575.jpg

おきまり、〆サイゼ。当たり前の安定感。



あるときは、秘密基地にしたいお店にて、
d0137764_11484843.jpg

この刺身盛りが絶品でしてね。今まで美味しい刺身を散々食べてきたと思うけど、食感、味わいともに、こんなに美味しいと思ったのは初めてかも。スズキクンの光具合とシャキーン具合が美味しさを物語っているでしょ♪
d0137764_11513898.jpg

このしゃこの炙りもめちゃ美味しくて、白ワインをボトルで頼んでいたんだけど、日本酒もいただきます。
d0137764_115311100.jpg

お店のちょっと強面の大将が、もう白ワインのボトル空いたのかと思って何度も確かめの目線を送るので、「まだありますから!((笑))」
きっちり飲むけど、楽しんで呑まなきゃ。
d0137764_11554924.jpg

肉もめちゃうま、となれば赤もいただきます。
もちろん
d0137764_11572589.jpg

〆ビールもいただきますよ。結果「良く飲みました!」とお店のお墨付き!?

あるときは四ツ谷の焼き鳥や「れば屋」にて
ビールを頼み、お通しを食べていたものの、注文した焼き物が全く来ない。おしゃべりしている間に一時間も経ってた!これはおかしいと確認すると、「注文票が落ちちゃってました、すみません!」
でもね、こういう事があってもあとの対処がしっかりしてればいいのです。
焼きの速いものからソッコーでもってきてくれました。
そして焼き物を食べているとこんなプレートが。
d0137764_1212361.jpg

トマト焼きを頼んだんだけど、他の野菜もたくさん盛ってくれてプレートに。
店長の名づけて「反省プレートです!」。
思わず笑っちゃった。こういうの大切よね。
d0137764_123574.jpg

白レバーのあぶりも美味しかったし、私は食べなかったけど、ここの鶏だしお茶漬け(?)のスープがめちゃうま!これに麺入れて鶏そばにして食べたい!


あるときは友達の家におっじゃま~♪
相変わらず素敵なお家。そしてこんな色の泡で乾杯!
d0137764_1275379.jpg

d0137764_1283493.jpg


d0137764_129377.jpg

食卓に青いものが微妙な違和感。でも綺麗よね。
この泡、味も結構いけてるし、こういうときに楽しむのにはいいかもね♪
d0137764_12112680.jpg

白ワインも空けて。
d0137764_12124771.jpg

赤のランブルスコで再び乾杯。
青、白、赤、空けました(新しいパターンだ!)。
こうやって友達の家でくつろいで飲むのっていいなぁ。楽しい余韻にひたりながら家に帰ったら我が家の雑然さにがっかり。7月は素敵な部屋目指して整理整頓しよう!っかな…。
あと、あの料理のレシピ聞いて、すぐれものラップがどこで売ってるか聞いて…

人のお家に行くと何かと生活のヒントが得られるのもいいのです。


そんなこんなで忙しい(何が?)6月後半でありました。
[PR]
by yukinojyo3 | 2014-07-01 11:16 | Trackback | Comments(4)


ヴァイオリン弾き、芸者ストリングスカルテット(芸スト)雪之丞の日常をなんとなく。ほぼ飲食ブログと化してます。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
南風さん。 そうだ、芸..
by yukinojyo3 at 15:45
宮崎が10年以上前って、..
by 南風 at 19:48
鍵様、了解です。ありがとう。
by yukinojyo3 at 22:53
スミちゃん。 それは残..
by yukinojyo3 at 15:48
4月15日はスチャダラパ..
by スミノフ at 14:41
スミちゃん。 >街を破..
by yukinojyo3 at 11:30
おおー!雪さまもシン・ゴ..
by sumirnoff1 at 21:23
南風さん。 それはトラ..
by yukinojyo3 at 09:28
おや、ダリ展ってそんなに..
by 南風 at 18:51
DAIさん。 ダリ展は..
by yukinojyo3 at 01:31
メモ帳
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
18世紀のイタリアを代表..
from dezire_photo &..
中秋の名月
from おん ザ ひとりごと
カニ遠方より来たるありま..
from 東京アンダーザブリッヂ
北海道開拓おかき
from 迷わず並べよ 食べればわかる..
クロワッサンNO1を体験!
from 東京アンダーザブリッヂ
気が付けば朝……
from まいにち酒飲み
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧