雪之丞な日々Ⅱ



<   2012年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧


那須本番終わり〜。

d0137764_2182232.jpg

d0137764_2182257.jpg

那須での本番終わりました。
帰りの新幹線で紅玉とおつかれ乾杯(*^o^*)。

紅玉が駅で買った「那須」というお酒。味見させてもらいましたがおいしかった♪

そして乗り換えの新宿駅で大好きな広島の「しゃもじかきめし」割り引きでゲット(*^o^*)。



コンサートはいつもながら色々ありますが、真理恵ちゃんのパーカッションが入ってくれてとても楽しかったです!リズムものが入るとなんでこんなに楽しくなっちゃうんでしょう♪
楽器についても知らない事沢山質問してしまいました。そういうのはお客様にも興味深かったようです。

また近いうちにご一緒できたらいいな〜!
なんか一度リズムに入ってもらって演奏した曲ってこれからカルテットだけで演奏したら寂しく感じてしまいそうなんだもの。


そして天候が悪いにも係わらずたくさんのお客様に足を運んでいただきありがとうございました!

いつもながらお客様の温かい表情に包まれた弦楽亭での演奏会でした。
[PR]
by yukinojyo3 | 2012-03-31 21:08 | Trackback | Comments(2)

今度弾く曲 雪之丞的覚書。

珍しく曲についての覚書など。

さて今回は31日に那須弦楽亭「鼻歌モーツァルトシリーズ」で演奏する「モーツァルト弦楽四重奏曲第13番」についてです。
鼻歌モーツァルトシリーズも残すところ後2曲だっていうのに今更!?なのだけど、この曲がなかなかに印象的だったので興味があって。
昔は室内楽の曲解説なんて少なくて1冊に解説なんて1行しかなかったり、レコード(時代がばればれ!)のジャケットの解説を必死に探したりしたけど、今はネットという便利なものがあるので簡単に調べられるのでその範囲内でわかったこと、弾いていて思うことの覚書。

モーツァルトの弦楽四重奏曲13番はその作曲地から「ウィーン四重奏曲」といわれる第8番~第13番の6曲のうちの最後の曲。モーツァルト初めての弦楽四重奏曲での短調の曲。なので私には印象深かったのね。

そしてこの6曲はなんと1年の間に書かれている。1年に6曲って!それも1773年。モーツァルト、まだ18歳の時。この曲を初めて練習した帰り道、紅玉と「きっと20代後半で何か思うところが多かったのかしら。」なんていっていたけど、なーんとまだ未成年だったとは!

一楽章は静かに始まったと思うと8小節ぐらいでいきなり激しい曲調、そして晩年のモーツァルトの名曲の片鱗を思わせるシンコペーションや8部音符の繰り返し。
2楽章は打って変わって明るく、まぁこれを弾く春奴の顔が楽しそうだこと!
だけど、3楽章のメヌエットは深刻さを増す。トリオは明るい3連なのだけど、その後またメヌエットに戻ると重々しいわー。
そして4楽章はチェロから始まるフーガなのだけど、この楽章がなんとも印象的なのははじめから最後まで半音階の連続なこと。それもなんとも不安定感がある。春奴が言うにモーツァルトが半音階を使うときには何がしかの思いいれが強いんだとか。

それがフーガになっているから各楽器で何度も繰り返されて印象に残る、けど、なんか完全になじめない感じ。そして祈りのような何かを予感させるかのような曲の終わり方。

完成度が高いのに「あれ?」っていうところや不安定感も感じるこの曲は各楽章の感情がはっきりと違って弾いていて面白い曲です。下書きもせず、書き直しもないというモーツァルト。そのときの感情がそのままに出ているんでしょうけれど。

それにしてもこれを18歳でねぇ。天才たる早熟さなのでしょう。

そんな「モーツァルト弦楽四重奏曲第13番」。

31日那須「弦楽亭」で15時開演です。

後半には大石真理恵嬢とも共演します。先日のライブでも一緒に演奏しましたが、今回また新たな曲も加わり、以前演奏した曲もアプローチの仕方を変えてくれたりとまた楽しい事になっています。

31日は天気予報に寄ればあいにくの空模様の様子。
でも、行楽の合間に弦楽亭で音楽を聴きながら少し雨宿りなんていうのはいかが?

ぜひ遊びにいらしてください。

さて、31日に13番を演奏した一週間後は14番。
番号的には続いているけれど、なんと14番を書いたのはこの9年後なんですね~。

14番についてはまた来週にでも書くかも…。
[PR]
by yukinojyo3 | 2012-03-29 14:27 | Trackback | Comments(2)

立て続けモーツァルト。

d0137764_1930440.jpg

d0137764_193049.jpg

今月最後の土曜日、31日は那須弦楽亭にて「鼻歌モーツァルトシリーズ」、そして来月4月8日には四谷チャリティーコンサートとコンサートが続き、どちらもモーツァルトを演奏します。

それもたまたまなのですが31日は弦楽四重奏曲第13番、そして4月8日は第14番というならびに。この対比はとても面白いので曲についてはまた後日。


そんなこんなでカルテットのリハーサルも続きます。


ある日のリハ。

11:00-14まで31日のためのリハ。
そして晶ちゃんを送り出し15時~体力の続く限り!で夕船を迎えての4月8日のためのリハでした。


この日の体力補給のためにとグリーンカレーを大量に仕込みわざわざタイ米を買ってたいておいてくれた春奴。

晶ちゃんはの休憩時間にタイカレーをもりもり食べてオーケストラの仕事に元気に出発!


夕船とのリハまでの間に3人で食材を買い足して夜は宴会と相成りました。

んで、体力が続いたのは19時まで。続いたというより無理やり続けたという感じ?


もう最後の方は意識もうろう、体バリバリ。


そんな状態でも春奴と紅玉がキッチンで手早く料理準備をしてくれてビールで乾杯したけど、あまりの疲れにしばらく箸を持つのも面倒だし、ため息しかでない状態。

でもね、やはり美味しいものは体と心を癒やしてくれます。

この日のメニュー。
☆タイカレー
☆わさび菜のサラダ
☆卵焼き
☆ケークサレ
☆大根とホタテのサラダ
☆トマトソースパスタ

でした。
タイカレーは鶏肉、エビ、あさり、野菜いっぱい。卵焼きは私リクエストで紅玉に作ってもらったもの、ケークサレは前日に春奴が焼いておいてくれた菜の花、ベーコン入りでワインにぴったり!日本酒にも合うそうな。パスタは紅玉が卵焼きに使った出汁入りでトマトソースなのにあと味ほんのり和風でおいしかった!

そしてワインも靖奴が取り寄せていたワインの中からNZの「ホワイトヘヴン」というのをいただきました。ピノノワールなんだけど「え?これがピノ?私たちの知っているピノ君とは違う!こんなピノ初めて!」と驚いた夕船と私でした。さすが、出来る女の選ぶワインは違います。

そんな時に靖奴も帰宅し一緒に話て飲んでいるうちに夜も更けて。
タイカレーとケークサレ、お持ち帰りさせていただきました♪


そして翌日の夜、仕事が一緒だった春奴。私達もお持ち帰りしたし、朝靖奴も食べて行ったしで昨日の料理がきれーに無くなっていて「冷蔵庫に何もないの~、今夜食べるもの買って帰らなきゃ〜。」だそう。すまん!けどおいしかった証だってば!

でもこうやって飲むのも久しぶりでした。やはり手作りのお料理は格別に美味しいし、何よりもほっとするね。


さっ、これを活力にモーツァルト本番にむけて頑張りましょう!
[PR]
by yukinojyo3 | 2012-03-25 19:30 | Trackback | Comments(2)

まろ眉!?

先日地下鉄に乗ってドア横に立っているとき、窓に映った人の顔になんか「あれ?」っと思い振り返ると、そこには座席に座って化粧中の女性(多分30代)が。電車内で化粧する女性の気持ちもわからないけど、まあね、今やよく見る風景ではあるよね。

よく見る風景にしても何か違和感がある。何だろう。。。と思ったら。

眉毛がまろでおじゃる
要するに、眉を綺麗に書くために眉頭だけを残して剃ってある状態なの。ほら何時代だかの「わらわは麻呂でおじゃる~。」みたいなやつね。
その状態でファンデーションを一生懸命塗りたくっている姿ははっきりいって怖い!

またしばらくして見ると、ようやく片方の眉を書き始めた。さすが、ゆれる車内でもきれ~に眉を書いてるわ。
ってところで私の乗換駅。と思ったらその女性も化粧品を片付け始めた。

もしかして彼女も乗り換え?

でもまだ眉毛片方しか書いてないですけど。
まだ片方はまろ眉のままですけど。

どうするのかな、と思ったけどふつーに電車を降りていった。

そしてホームで見た彼女の顔は両眉がない状態より怖さを増していた。

だけど本人は平気。そのなれた感じjから、多分いつもその状態でここで乗り換え乗り換えた電車で続きを書き、降りる駅につくころに顔が完成するように習慣ついているんだろうけど、どーなんだぁ。

まあ、ファンデーションを塗ってから眉毛をかくって言うのは化粧の順番としては合っていると思うけど、マロ眉の状態で家を出でしかも片眉しっかり状態で乗り換えるその勇気がわからん。

まぁそれも価値観の相違だし放っとけって話だけど、もともと電車内で堂々と化粧する神経もわからなかったけど、今回のまろ眉はそういうのを越えたインパクトあり。

「まろ眉」って言葉存在するのかしないか知らないけど。

怖いもの見たさでもう一度見たいような見たくないようなのまろ眉でごじゃりました。
[PR]
by yukinojyo3 | 2012-03-24 12:38 | Trackback | Comments(0)

昔の譜面。

d0137764_11122234.jpg

昔の譜面があまりに汚いしボロボロなのでパソコンで打ち直し作業の今日この頃。

家にあったスコアから打ち込んでいたけど、元譜を見たらそこからかなり変更していってるのね。自分でおどろきもものきさんしょのき〜(@_@)。

そしてこんな分かりにくい譜面で弾いてくれていた皆さん、長らくご苦労お掛けしました。書き込みに苦労が読み取れます。すまないねぇ。


で、音確認のためCDも聴いているけど、こうやって聴いてみると我ながら、結構面白くていい曲書いてたのね〜!今の私にはない十数年前の自分が入っている昔の譜面です。

この後。
[PR]
by yukinojyo3 | 2012-03-20 11:12 | Trackback | Comments(0)

3月フレンチ。

先週は桜新町アンフュージョンにて恒例、3月なのに「新年会」でした。


かなり早めについてしまったのでビールでお先に乾杯。
お腹ぺこぺこです。

ほぼ全員が揃ったところで料理スタート♪

d0137764_15173176.jpg

☆季節のアミューズ

有機人参のムースと生ウニコンソメゼリー
京カブと五島のマダコマリネ
若竹の子とホタルイカの燻製
大原産 地ハマグリのグラタン

いつも楽しみなアミューズです。
ハマグリうっま~!
竹の子のえぐ味に春を感じます。人参のムースもあま~い♪

d0137764_15225177.jpg

☆熊本直送 馬刺しのカルパッチョ風
シェリービネガーと白醤油のジュレを添えて

馬刺し、何の臭みもないし、なんて柔らかで美味しいんだ!
「これ今流行りの、市販ののっけてジュレポンじゃないの?」とからかいながらもその美味しさに驚いたジュレ。
そしてこれにあわせてくれたのはシェリー酒。シェリービネガーと白醤油のジュレだから合わない訳がないけれど、予想をはるかに上回る美味しいマリアージュ!
野菜もそれぞれの味が濃いー!

d0137764_15293450.jpg

☆イタリア産 グリーンピースのポタージュ

先月料理の中でいただいたグリーンピース。生で食べたけど、とうもろこしのような味だったの!という話から先月これなかった人が食べてみたけどどうも反応が…。食べてみたらもろグリーンピースの青草さ。1ヶ月であじも濃くなるのね。その濃い味グリーンピースのポタージュだもの!濃厚でクリーミーでおいし!

d0137764_15342488.jpg

☆生〆常磐スズキと地アサリのプロヴァンス風

スズキの美味しさはもちろん、感動したのはアサリ!甘くて口の中でとろける~!こんなアサリ初めて!

d0137764_15373120.jpg

☆岩手県産 短角仔牛のロースト マデラ酒風味

このキメ細やかな赤身!んー間違いない美味しさです!
そしてどの料理もメイン素材ももちろんだけど、春の野菜は1つ1つの味が独特の美味しさを持っていてそれを存分に味わうことができてうれしい♪

そして、
d0137764_1541467.jpg

☆石川県 献上加賀棒茶のブラマンジェ
これは先月がお誕生月だったけれど参加できなかったMSさんのお誕生日プレートです♪

このころにはもう店は貸切状態。
前日まで体調が悪くてものが食べられなかったMSさん。なのでこの日も身体が辛かったんではないかと思うけど、それを払拭すべくテンションをあげてくれていて、ろうそく吹き消すだけでもそりゃーもう大騒ぎ!

そしてみんなからのプレゼント。なかでもMSさんの心揺さぶるど真ん中商品に大撮影大会となり大笑い!
フレンチのお店が完全に居酒屋使用となってます。

で、話は戻るけど、このブラマンジェが素晴らしくいいお茶の香りで美味しいの。そもそも「献上加賀棒茶とは?」ということで見せていただきました。
d0137764_15525392.jpg

棒茶って言うのは茎の焙じ茶のことなのね。香り高いこのお茶も飲んでみたい。

で、MSさん誕生日祭りも一通り済み、新年会恒例プレゼント交換。
毎年1000円くらいで持ち回りで決めた「御題」に沿ったプレゼントを持ち寄り交換して御題と品物をこじつけるという行事。今年もそれぞれのお題解釈に笑ったり、なるほど~だったりです。



思い返せば、いや、思い返さなくてもしっかり覚えているし忘れられないけれど、昨年のここでの新年会はあの震災の翌日でした。
そんなときに不謹慎と思うかもしれないけれど、あの時、いつもと変わらず灯りがついた店ににこやかに迎え入れられ、それぞれの前日を語り、温かくて美味しいお料理をいただけることにどんなにありがたいと思ったか、いまでも忘れられません。シェフもご実家が大変だったのにいつもと変わらぬ味と笑顔でもてなしてくれました。

あれから1年経って色々思うことがありすぎるれど、大変な日の翌日にここに無事に皆が集まれた安堵感と美味しい食事が出来ることへの心からの感謝の気持ちっていうのはこれからもここに来るたびに思い返す思いなんだろうな。

という思いなども抱きながら。
今回も美味しいアンフュージョンのお料理でした♪
[PR]
by yukinojyo3 | 2012-03-18 23:12 | Trackback | Comments(1)

美味しい鶏♪

昨年からなかなか開催出来ない4人会。今月もK君とT君の予定がずれそう。ならば、別口で飲み会しましょう、という話から、美味しい居酒屋か焼き鳥に行きたい、という話から、焼き鳥というより地鶏屋なんだけどお勧めの店があるよ。

という流れで、Aちゃんと共にT君お勧めの地鶏屋さんに連れて行ってもらいました。
ご主人一人で切り盛りしているので料理の間に時間がかかるそうだけど、その分ゆっくり話せて飲めるし。

生ビールで乾杯。おぉ、エーデルピルスじゃないの!う~れし~♪
カウンター横には小布施のワインも。

料理が出るまでとお新香を出して頂き、料理を待ちながら、「地鶏だったら焼酎だよね。」。
でもAちゃんは芋焼酎だと「腰が抜けてしまう」というのはすでに「だまされたと思って飲んでみなよ。」で本当に騙されたという実験済み。なので米か麦でね。

すでに瓶で水と半々にしておいてある焼酎を黒ジョカにいれ炭火で温める一番美味しいと言われる飲み方。
d0137764_10545417.jpg

なんともいいでしょ。この雰囲気。

火にかけっぱなしにすると熱くなりすぎるのでその辺の温度管理はすべてT君にお任せ。

お料理も大体お任せにしておいてくれてあり、地鶏のたたきやお任せ以外で頼んだ蓮つくねとか何を食べても美味しい。なんとも言えない時間が流れているので料理の写真を取るのも雰囲気を壊すような気がして撮らないままだったけど…。

d0137764_1131965.jpg

「生つくねです!」とこれが出て来た時には、「ええぇ、つくねを生で?そんなの初めてー!」とAちゃんと共に興奮して写真撮っちゃったわ。相当新鮮じゃないと出来ないものでしょう。すでに味が付いていてわさびで食べるの。美味しかった~♪私には美味しいイメージの無いモモ焼きもここの肉は柔らかくてジューシーで美味いじゃないの!

奥のテーブルも美味しい料理に盛り上がっていた上に鍋の用意もされていい香り。思わず覗きむAちゃんと私。鍋は予約も必要なのでまたの機会にね。

そして散々美味しい鶏を堪能した後に「地鶏の刺身3種」。おっと、刺身はもちっと前に食べたかったけど。
で、3種はハツ、砂肝、レバーなんだけど。
ハツも砂肝も苦手なんだけど。

でも恐る恐るハツに手をつけてみたら…。
「あらっ?おいしー♪」もしや砂肝もいけるかも?「あ、大丈夫。」。
やっぱり当たり前だけど美味しいものは美味しいんだな。

野菜が少ないので冷やしトマトもお願いしたけど、これまためちゃうまだった。

それに一番焼酎の美味しさを楽しめるこの飲み方だと焼酎の味もまろやかで、ついつい進んでしまう。
d0137764_11181668.jpg


まぁ、こうなりますわな。でも瓶のなかの半分は水だから3人でこの量は妥当よね、多分。

そして、その時によって変わるという〆。
お隣は鍋にうどんだったけど、私達には何?
「辛いものは大丈夫ですか?」と聞かれたので「大好きです!」といったらご主人が出してくれたのはカレーうどん。
これーー、うまーーーい!もういろんな出汁や具が出まくっちゃってるカレー味の汁に細麺のうどん。
これ、汁までぺロリと平らげてしまいました!あー美味しかった。

このお店、まだ焼き物や鍋もだし、夏には冷汁もあるとのことで、もっともっと楽しみたい、のでシリーズ化決定!だけど、このお店の掟的なものはまだ分からないしT君のテリトリーなので、今のところ、秘密の鶏やさんってことで。あと2回も来ればAちゃんが自分のものにするでしょう。

自分のお気に入りの店にAちゃんと私を連れていくとのことで相当気を使ってくれたT君。そうだよね、気に入ってる店ほど「人を連れて行って喜んでもらえなかったら。」って思うものね。
美味しかったし、通いたくなる店でした!ありがとう。

なんだかここなら今まで苦手だった部位もいけそうな気がしてきた!次は焼き物色々食べなくちゃ。楽しみ♪
[PR]
by yukinojyo3 | 2012-03-10 10:26 | Trackback | Comments(0)

コンサートのお知らせ♪

というわけで、コンサートのお知らせです。

『Save Tohoku Charity Concert "prayer" Vol.7』

ザ・芸者ストリングス・カルテット

4/8 (日) 開演16:00 (開場15:30)


於:サンパウロ宣教センター4F「サンパウロ記念チャペル」

新宿区四谷1-21-9 四谷駅2番出口 徒歩2分。

当日券 3,500円  前売り 3,000円

お問い合わせ。お申込み
すすきだ:090-4825-6984 ma-xien-perc@ma.point.ne.jp

また、このブログのコメント欄に鍵コメントで書きこんでいただければ対応いたします。
個人情報等書き込む場合には「鍵コメント」をご確認ください。

メールyukinojyo3@excite.co.jpでも受付ます。
(使いなれていないので、もし返事があまりにも遅い、等ありましたら、お手数ですが、コメント欄にその旨書きこんで下さい)

もちろん、私の連絡先知っている人は直接連絡ください!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回のコンサートは芸者ストリングス(チェロ夕船)で、前半はモーツアルト弦楽四重奏KV387「春」を中心に、そして後半はみなさまおなじみのポピュラー曲をお届したいと思います。
聞きやすい曲を予定しておりますので、気軽にコンサートを楽しんで頂けると思います。お時間がある方はぜひ、一緒に「春」を感じましょう♪

すでにご予定頂いている方々もお会い出来るのを楽しみにしております♪
[PR]
by yukinojyo3 | 2012-03-05 12:57 | Trackback | Comments(2)

『TARAT』な時間。

昨日は大学の同級生を中心とした『TARAT(これについてはあとで詳しく)』が主催する
「Save Tohoku Charity Concert "prayer”Vol・6」というコンサートで受付嬢をしてまいりました。

このコンサートシリーズでは毎回スタッフを募り、会場設置、受付、会場復元を行っていますが、私は初めてのお手伝い。
どこの時間でも、とメールしたら「受付嬢をお願いします。」とのこと。「受付嬢」と書くあたりがさすがのこの企画の中心メンバーのマキちゃん。「受付係」と「受付嬢」と書かれるのでは気持ちが違いますもの。と思う私は単純すぎるのか!?

会場である「サンパウロ記念チャペル」につくと、何やら会場で「もうちょっと右、こっちに照明当てた方が…」など指示を出している、どこかで見覚えのあるその光景。さすが春奴、那須弦楽亭のオーナーの一人だけあって、会場設置や照明係と現場に慣れております。

その後は受付ですが、受付っていっても何をどうすればいいのやら。とにかく一番単純な作業をやらせて!
ということでいらして頂いたお客様にプログラム配布です。

昨日のコンサートはオーボエ+マリンバという珍しい組み合わせ。
オーボエのサタケ君、マリンバのユキちゃんもそして会の事を切り盛りしながら今回の出演者でもあるマキちゃんという3人の同級生。

本番前とか演奏間の感じがそれぞれの性格が出ていてそして大学時代と変わってなくて微笑ましい。
そして漏れ聞こえる音楽ははっきり言って「面白い」。上手い、とかはもちろんなんだけど、オーボエの音の伸びとピアノではなく、マリンバ等の打楽器のリズムという組み合わせが新鮮。お話も面白かったようで会場からは笑い声も聞こえてきます。いいなぁ、MCが上手いって…。
こういう組合わせの面白さもこのコンサートシリーズならではです。

コンサートも終了し、お客様も帰った後は会場復元。椅子、照明を元に戻し、後は楽器搬出。
私、初めて知ったんだけど、マリンバってあんなに分解して運ぶ物だったのね!

鍵盤を外し、土台も解体。わーお、この手順を覚えないと打楽器奏者にはなれないのね!
そのあとの飲み会でその話をしたら「打楽器奏者って言うのは引っ越し業者みたいなもの。楽器の組み立て、解体、設置、配置が一番大事だから力と器用さが無いと難しい。」んですって。この年になって知る他の楽器の事。
いまさらへぇー、へぇーボタンがほしい私です。
それと3人のいらしてくださったお客様への対応や気遣い等、靖奴に任せきりで弾くことに専念出来る環境にしてもらっている部分等も勉強させてもらったことが多かった。こうやって○○年ぶりにそれぞれの分野で活躍している同級生の姿を見させてもらえるのはありがたいことです。

さて楽器搬出も終え、近くのイタリアンで打ち上げ宴会。
お疲れさまでした!かんぱーーい!
d0137764_11263198.jpg

弦楽器同士ではよく飲むし楽しいけど、管打楽器の人達の話はこれまた全然違うネタでほんっとに面白い。
なんでこんなに面白いネタが次々出てくるんだか!みんないいネタ持ってるなーーー!!
大学時代から仲がいいし、4年生まで合宿しちゃった学年だから共通ネタも多いんだけど、鉄板ネタも何度聞いても笑えるし、いまだザクザクと出てくる出てくる笑えるネタ。

こうやってみると弦楽器(ここではチェロまでの事を言わせてもらうけど)の私達が相当普通で真面目に思えて来た。
同級生で大盛り上がりしてしまい、他の数名の方にはほんっとうに申し訳なかったけど、最初から最後まで大笑いしっぱなし!!!なんでこんなに面白い人達の集まりになっちゃったんだろう。何年会っていなくてもあっという間に大学時代の感覚に戻れる同級生達です。

そして冒頭にも出て来た『TARAT』ですが…。

「TARAT」とは、昨年3月11日の震災をきっかけに、被災した同級生へ何か出来ないか、という事で管打楽器の同級生達が中心になって始めた活動団体の名称で、昨年の8月末から室内楽コンサートを行い、その収益の一部を被災した友人やその縁者への復興支援活動に使うという活動を行っているそうです。

初めは管打楽器の同級生でやっていたものが、序々に弦楽器にも広がってきています。

こういういわゆる「チャリティー」というのはそれぞれ考え方、やり方、というものがあるので難しい部分も多いと思います。個人的に寄付をしている人もいるし、真逆の考えもあると聞きます。
それが当たり前。

でも私などのように「楽器を弾く事で何かしたいけれど、何かするには個人では難しい。」という思いを持っている人にはそのきっかけとなってくれていますし、私としては支援先がはっきりしているのが一番いい。

というわけで、
次回4月8日はサンパウロ宣教センター4F「サンパウロ記念チャペル」(四谷)にて開演16:00芸者ストリングス(チェロ:夕船)
でコンサートをさせていただきます。

詳細はまた別にアップしますので、このようなことも理解していただきつつ、気軽に遊びに来ていただければうれしいです。

『TARAT』の活動についてはこちらをご覧く頂くとわかりやすいと思います。
[PR]
by yukinojyo3 | 2012-03-05 10:22 | Trackback | Comments(2)

そんなに辛いのかな。

今、辛いもの好きの人に話題になっているらしいので買ってみました。
d0137764_1259215.jpg


「ぺヤング激辛焼きそば」。
辛さレベルMAX!!

「辛みが強いので、小さなお子様や辛味が苦手な方の飲食には十分ご注意ください。」
の注意書きあり。

その上、辛さに強い人にも相当あと後までダメージの残る辛さらしいとのうわさ。

辛いもの好きなのでついつい買ってしまったけれど、こういうのって買うだけで満足してしまったりするので、味の感想は忘れた頃にあるかも、ないかも?


興味のある方は買ってみて!
[PR]
by yukinojyo3 | 2012-03-03 12:56 | Trackback | Comments(0)


ヴァイオリン弾き、芸者ストリングスカルテット(芸スト)雪之丞の日常をなんとなく。ほぼ飲食ブログと化してます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
南風さん。 そうだ、芸..
by yukinojyo3 at 15:45
宮崎が10年以上前って、..
by 南風 at 19:48
鍵様、了解です。ありがとう。
by yukinojyo3 at 22:53
スミちゃん。 それは残..
by yukinojyo3 at 15:48
4月15日はスチャダラパ..
by スミノフ at 14:41
スミちゃん。 >街を破..
by yukinojyo3 at 11:30
おおー!雪さまもシン・ゴ..
by sumirnoff1 at 21:23
南風さん。 それはトラ..
by yukinojyo3 at 09:28
おや、ダリ展ってそんなに..
by 南風 at 18:51
DAIさん。 ダリ展は..
by yukinojyo3 at 01:31
メモ帳
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
18世紀のイタリアを代表..
from dezire_photo &..
中秋の名月
from おん ザ ひとりごと
カニ遠方より来たるありま..
from 東京アンダーザブリッヂ
北海道開拓おかき
from 迷わず並べよ 食べればわかる..
クロワッサンNO1を体験!
from 東京アンダーザブリッヂ
気が付けば朝……
from まいにち酒飲み
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧