雪之丞な日々Ⅱ



<   2011年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


盛りだくさん。

明後日10月1日は!

春奴&靖奴のBirthday!
おめでとー!

でもあるんだけど。

こちらのコンサートに芸ストとして(ビオラ「お恵」ちゃんで)参加させていただきます。

珠玉のミュージカルナンバーオンパレード。

ですが、何と言っても知る人ぞ知る福田裕彦センセの進行ですのでそれだけでは終わるわけはありません!
なんとも盛りだくさんな楽しいコンサートになりそうです。

芸ストもほとんどの曲に参加させていただいてます。
キュートな純名里沙さんとダンディーな高野二郎さんの歌声はもちろん、福田センセの面白くてためになるかも!?なお話も聞けるかも!?。

秋の週末、ミュージカルがお好きな方は

~悲しくたって♪嬉しくたって♪歌っちゃうの♪ だってミュージカルだもん!~


ってことで気楽に遊びにいらしてくださいね♪


私もミュージカルナンバー大好きなので楽しみ!
[PR]
by yukinojyo3 | 2011-09-29 21:10 | Trackback | Comments(2)

急に秋!

9月中旬を過ぎてもまだ真夏の暑さが続いていたと思ったら急に寒くなったこの日。

今週末の芸スト仕事のリハーサルの為夕方から春奴亭へ。
今回ビオラで参加してくれる「お恵」ちゃんの抜群の集中力でちゃちゃっと練習終了!

晶ちゃんは色々とお忙しなので、帰宅。「その分も飲んできてね。」とお願いされたので「わかった!頑張ってくるね!」と向かったのは春奴亭最寄駅近くにあるというちょっとおしゃれな焼き鳥やさん。

春奴も初めての店だって。
「ここだね!」と店を見つけ、扉を開けた春奴。
そのまま無言でバタンと扉を閉じた!

ど、どーした?
「なんか世界が違う、先行ってみて。」
と言われ扉をあけると、そこはおしゃれな内装のお店。

だけど、そこに集っていたのは…。

ものすごーい濃いおっちゃん達ばかりだ!それも軽く20人以上はいる!

えっ?こういう店?と思ったけど、とにかく入って見ることに。

先ずはビールを頼んで。
焼き鳥も頼んで、つまみなんかも頼んで。

ここのところアレンジ、皆のスケジュール調整、ライブラリーの管理と楽譜のコピー等など、すべてを請け負っている「なんでもこなせる春奴」は頭の中に音符やら何やらが飛び交っていて、も~頭の中が大変(すべてまかせっきりですまん!)!
そんな忙しさで家での作業が多かったので
「久しぶりの外食~~~!」。そうだよね。飲んで気分転換してね~。

お恵ちゃんと飲むのも何年振りだろう、って感じ。

以前は仕事終わった後や、どこかにわざわざ集まって飲んだりしてたけど、今は一度家に帰ったらなかなかまた呑みに外に出たりはしないから、春奴とさえも外で飲むのは久しぶりだもの。


んじゃ、久しぶりに乾杯♪
d0137764_17313391.jpg

白レバーとかつくねとか、焼き鳥も美味しいし、おつまみも美味しいし、話も弾むんだけど。
それ以上に盛り上がる後ろの皆さん。

なんでもこの日、街のお祭りがあったそうで皆さん神輿をかついできた方々だそう。そりゃー盛り上がってもしかたないってもんよ!
閑静な住宅街もここだけは下町の焼き鳥やさん。
特に春奴はこの方々に対して後ろ向きに座っていたので声しか聞こえてこないからより下町の焼き鳥や感が凄かったと思う。
私とお恵ちゃんの側から見ていると、飲んでいるのはバリバリ下町のおじちゃん達の感じなんだけど、その向こうに見えるのは真っ白な壁、椅子も白いおしゃれな椅子だったりするのでそのギャップが凄かった(笑)!

そんな騒ぎのなかでも飲むものは飲む。
春奴とお恵ちゃんは日本酒に。私はこの日昼間から身体が冷えてゾクゾクっときていたので珍しく焼酎のお湯割り。

焼き鳥に日本酒や焼酎。こうやって秋も深まって行くのね。
こういうところで最も季節感を感じるわたくし達。

春奴は言うに及ばず、久しぶりに飲んだお恵ちゃんも性格が男前で話もサクサクっと進む人なので、数字とアルファベットと難しい説明が苦手で感覚的な私には話がわかりやすくていいわ。こんな3人なので話もめんどくさい事がないし同じ感覚で盛り上がれる。

けれどそれ以上に盛り上がる祭り後の皆さん。
盛り上がりすぎて神輿の掛け声まで始まっちゃった!

でもね、まあまあ、祭りの後だからね、仕方ないやね。

というのも店員の方の対応が良かったから。
良く気が付くし、あちらがも盛り上がるたびに「申し訳ない」、と何度もお詫びに来てくれるし、適度にシャレも効くし。

そして店を出たときにも外まで出て来て、
「今日は騒がしくて本当に申し訳ありませんでした。僕も神輿担いだものですからどうしてもお断り出来なくて。普段はこういうことはありませんからまたお待ちしております。」
っていうような事を言いながらお見送り。

こういう事ってかなり大切。もしこれで店員の方の対応に誠意がなかったら多分私達はここの店にはまた来ようとは絶対思わないと思うもの。これで店の印象ってものが変わるものね。

祭りって夏のイメージがあったけど、それは「盆踊り」とかで、本当の祭りの季節は秋なのかしらね。地元の阿波踊り、ここでの皆さん、とお祭り騒ぎが続き、その雰囲気もまた楽しって事ね。

さて焼き鳥に焼酎のお湯割りですっかり身体も温まり、〆ビールも頂き、で、何よりものすごく楽しい3人で飲んだので帰りはとっても元気になってめでたしめでたしだけど、本当にこの日の昼間は寒気がすごくて、生姜入りの紅茶を飲んだり、辛いものを食べたりてみたけれど、それでもなかなか身体が温まらずに風邪の予防の葛根湯まで飲んでもちょっとヤバいかもって感じだった。

それが焼酎のお湯割り一発で解決ですかいっ!

って感じもするけれど、きっとこれからどんどん寒くなるのよね~。寒いのやだなぁ~。
寒くなるに伴い動きもだんだん鈍くなってるしすでに気持ちは引きこもり。

そしてこの時期、うっかり風邪を引いてしまったりしないように注意せねば。

もうちょっと段階を踏んで秋になってほしかったと思うここ数日。


この急激な気温の変化、みなさまもお体にはお気をつけくださいましね!
[PR]
by yukinojyo3 | 2011-09-25 23:11 | Trackback | Comments(2)

祭り好き!

d0137764_18494796.jpg

駅に降り立ったら泡踊り大会真っ最中!

雰囲気が楽しくてついつい足を止めちゃってなかなか家にたどりつけない。

祭りはいいね〜♪



祭りが終わり8時前に帰宅。
祭り囃子が終わったら秋まで終わったような気分になってしまってなんだか物悲しい気分に。
[PR]
by yukinojyo3 | 2011-09-23 18:49 | Trackback | Comments(0)

ランチで元気!

今日の午後、仕事の合間に2時間ぐらいの空き時間。
友人達とコンビニに何か買いに行こうか、なんて歩きだしたけど、2時間あればしっかり食事が出来るね!ってことで友達が「ここ美味しいよ。」と言っていた九段下のイタリア料理店「トルッキオ」というお店でランチしました。

ランチは基本的に1500円。
選んだパスタに寄って+1000円とか+1800円とかもあり。

私達が選んだのはそれぞれ基本の範囲のパスタ。

お料理を待っている間に目についたのがこれ!

d0137764_239526.jpg

何だろう。手打ちパスタを作るモノだよねー、多分。なんて興味深々で話していると、この店のマスター(シェフ?)が、張ってある糸をポロロンと鳴らして「ギターですよ。」って。

そんなー、だまされませんよ!だって小麦粉とかついてるじゃないですか(笑)。

というと、やはりこれはパスタを作る道具。この張ってある線の上から生地を押してパスタを作るそう。裏側にはもっと細かい間隔で糸が張ってあり、もっと細めで四角い断面のパスタが出来るとか。

でもね、この器具、本当に『ギター』っていう名前なんですって!面白いね。

そんな話をしているうちに運ばれてきたのは前菜。
d0137764_23185325.jpg

真鯛のカルパッチョとシラス入りオムレツ。

そしてフワフワで一瞬甘味があるけど塩気も程よく効いたパンも。

お次はお待ちかねのパスタ。

私が頼んだのはコレ。
d0137764_23232235.jpg

お魚とキャベツのカラスミ。
魚はアイナメだそう。

お友達が頼んだ
d0137764_23245885.jpg

海老とケッパーのトマトソース。

d0137764_23271131.jpg

いろいろ茸のクリームソース。

それぞれお互いに味見したけれど、どれもいい味加減。そして麺がもちっとして美味しいの!
私は自分の注文した魚のパスタの味がものすごく好みの味で美味しかったなぁ♪

ボリュームもあるけれど、きちんと食べきれる量なのもうれしい。

デザートもつきます。
d0137764_23313091.jpg

チョコレートプリンだったかな。甘いものになると急に記憶が怪しい…。
でも、美味しかった。
これにコーヒーか紅茶がついて1500円。

かなりお得!それになにより美味しい!
店の方も皆さん感じいいし。大満足のランチ。

そしてここ2.3日、仕事や長時間の練習や台風の影響で帰宅が遅くなったりしてコンビニのおにぎりやらパンで過ごしてちょっと疲れがたまっていた3人。
「久しぶりにちゃんと温かくておいしい食事を食べた~。」
とものすごく気分もリラックスしたしおかげさまで気持ちも身体も元気、元気!

やはり食べることって大切!
おかげさまで無事仕事も頑張れました!(?)

このお店、夜は高そうな気配もするけれど、すぐ近くに「イタリア文化会館」というがのあるので本場の方々にも人気のよう。

私はなかなか行かない場所だけれど、靖国神社も近いし、もし近くに行く機会がある方は先ずはランチを食べてみるっていうのがお勧め!
[PR]
by yukinojyo3 | 2011-09-22 23:58 | Trackback | Comments(2)

続々 京都酒まみれ旅 9・11。

さて、京都にやってきた真の目的。
うわばみ姉さまの一周忌「うわばみ会」です。

先ずは10時に京都タワーの前に集合。


顔を知っている方もあれば初めましての方もあり。
総勢十数名で先ずは東本願寺に参拝。

この日もじりじりと暑い。そして私はまだ眠い。

暑い暑いといいながら十数名、すでに強烈な個性の片鱗を見せながらワイワイと東本願寺に到着。
参拝をし、しばし風に吹かれて一休み。

そのあとタクシーに分乗して今日の会場『誠の湯』へ11時到着。

まだ会場の準備が整っていなかったけれど、急ピッチで料理等準備してくださる中、ソフィアから今日の決まりごとの説明。

「1時にここに集合。それまでは温泉入ってもどっか行っててもなんでもいいから。そして1時過ぎに献杯終わったらまた好きにしてていいから、その時間だけ、ここにいること、いいね!」

そんだけ…ね。

ここ、『誠の湯』は日帰り温泉も出来る温泉宿。

さて、そう言われたものの、喉が渇いたー。ビール飲みたいー。は皆さん気持ちが一緒。

早速ビールを頼み、好きな席に座って飲みだそうとするけど、一応、ここは初めの献杯を。

ご挨拶ありの献杯。
姉さんは花、にもだけど、一升瓶に囲まれてしかもめちゃアイドル顔の写真でご満悦そうに見える。

そこからはとにかく飲みっぱなし。
料理も次から次へと。
d0137764_15115582.jpg

d0137764_15125072.jpg

d0137764_15133595.jpg


他にも刺身やら天ぷらやら。ここの料理美味しかった!

後はひたすら飲むだけ。ビールも日本酒も無くなると誰かが注いでくれるし。私は行かなかったけれど温泉に行く人は温泉にも浸かって。

で、本当に飲んで食べてただただ姉さんの話をしただけ。
「誠の湯」から参加の人を含めて20名近く。しかも知らない人同士がほとんどの会。共通点は「うわばみねえさんを知ってる人」という大きなくくり。
なのにこの盛り上がりはなんなんだ!?

関西の方が多いのでしっかりノリ突っ込み、話のオチがあるのも一つの大きな要因だとも思う。そして皆かなり個性際立つ方々。いやーキャラ濃いですわ、全員。

そして最大の要因は「うわばみ姉さんのエピソードがありすぎるから」。

「あんなに頭切れるのにどっかぽっかりアホなんやな。」とか抗がん剤の注射するのに「高いから半分にしといてくれへん?」って言ったとか、「しっかし一升瓶が似合ってたよなぁ。」とかまあ話が尽きないんだわ。それもおもろい話ばかりだからあちこちで爆笑続き。

そして姉さんが亡くなった13:20分ごろ。姉さまの好きだった焼酎「百合」で献杯。
これがものすごいきっつい芋焼酎。
「こういうきっついくっさいの好きやったもんなぁ」とまた姉さんの話に戻る。

こうして3時半までただひたすら飲んで好き勝手に姉さんの話しての会。

だけど、すごくいい会だったと思う。
20人近くの人が全国から集まって、姉さんの話をいっぱいして笑って涙して。
献杯の時3人の方が話をされたけど、姉さんに助けられた生きていく力がどれだけたくさんあるのかを知った。改めてすごい人だったと思う。そしてそんな姉をもってアルコール性血姉妹の妹の私は幸せだし自慢だったりもする。

こうして会も終わり、新幹線まで時間をつぶすアイコと私は「喉乾かない?」ってことで、軽く1杯。

「しっかし、すごい粒ぞろいの個性派メンバーだったね~。」
「私らまともすぎない?」

だけど、あれ、全員「うわばみねえさんのところに集まった人達ってことは。」
「やっぱり、姉さんが一番凄いんじゃ?」「ってか 猛獣使い?」。

でもこれがこうやって楽しく過ごせるように姉さんが集めてくれた人達なんだよね、きっと。

一年前、姉さんの訃報を聞いてから京都にお別れに行くまでの事を思い出すと、今こうして笑っていられるのが不思議なくらい。だけど、アイコやあきちゃんと偶然一緒に行けたことで救われた。やはり、これも偶然ではなく、姉さんの采配だったのだと思う。

こうして酒にまみれた京都2日間の旅は帰りの新幹線でのビールで〆て終わり!
我ながらよく飲んだもんだ!

この大騒ぎから一息ついた次の夜、私達のカルテットの現場に来てくれた時の姉さんの姿が懐かしくやたらと頭の中を駆け巡る。
弦楽亭のこけら落とし、豊橋のプラネタリウム、定期ライブ。そして、ご本人には興味はないけれど、と浜省さんのライブにも。
普通に来るのも大変な弦楽亭に京都から新幹線を乗り継いできてくれて「途中で着ものに着替えたらおばちゃんがびっくりしてはったわ。」って笑ってたっけ。身体がつらい時もたくさんあったのにね。

それに対して私は姉さんに何かしてあげただろうか。なんて考えるとまた涙がじわり。
今さらそんな事を考えても仕方ないし、姉さんは何も望んではいなかったと思うけど。

なんて思い出に浸っていた時にソフィアから「お疲れ様」のメール。
そして「今夜は十五夜です。」と。

見上げた十五夜は美しかった。そして何か温かいものでいろんな人が繋がっているんだなぁ、って思いながらしばし見とれる。

私にとっての9.11。
こうして無事、笑いながら飲みまくり酒にまみれて姉さんの話をして過ごすことができました。

うわばみねえさま。サンキュー(^_-)-☆。またね♪
[PR]
by yukinojyo3 | 2011-09-11 23:24 | Trackback | Comments(3)

続 京都酒まみれ旅。

さて、京都に戻りホテルにチェックインして一休みしてから出かけたのは伏見区にある「ふしみや」さんというお店。

京都で姉さんに会った方ならだれもが通る道、というか店。
駅から店への道はいつも大体の勘で行けてたんだけど、今回何年ぶりかなので勘が当たるか不安だったけど、角を曲がると、そこにぽっとうかぶ「ふしみや」の看板。何年ぶりでも「いつもの店」の感じで戸をガラガラっと空ける。

店の女将、ソフィアが迎えてくれる。「久しぶり、といっても一年ぶりかぁ。一年たつの早いなぁ。」なんて話ながらすでに飲んでいる関東組と合流。

ビールで乾杯!
飲んでいるうちに各テーブルにどんどんと置かれたのは鱧の湯引きやら煮物やら。
d0137764_1565083.jpg


鱧の下に敷いてあるのはハスの茎なんですって。関東では見ないけど、関西では良く使うんだそう。
鱧も美味しいし、煮物の茄子とかもめちゃいい味。鱧は梅肉で食べたり自家製ポン酢や柚子胡椒で食べても美味し。すでに幸せ。

ビールは2杯目からは自分で勝手にサーバーから注ぐ。わーい!
お店には他にも姉さん関係の方々が何組かいらして、ソフィアがそれぞれを紹介してくれる。
そしてそのテーブルごとにソフィアがどーん、どーん、と置いていったのは。

やったー!鱧鍋~!!!
もともと鱧って食べた事がなくて、大阪を旅した時に1度スーパーで湯引きされた物を買った事があったけど、ゴムのような食感でなんだかなぁーと思っていたもの。
それが、ここで鱧鍋を食べさせてもらったらその美味しさにびっくり!それからはここの鱧鍋の大ファン。でも鱧鍋には松茸がいるんだけど、それが終わっちゃううかも。と言われていたけど、「松茸まだまっててくれたよ~。大きいの仕入れて来てるよ~。」

d0137764_15203915.jpg

山盛りの鱧に
d0137764_15215076.jpg

山盛りの松茸、野菜に豆腐。

d0137764_15225893.jpg

玉ねぎやねぎを先に入れて豆腐を入れて松茸と鱧は最後。鱧は各自自分の食べたい分を鍋に入れて軽く火を通す。

うんまーーーーーーーーーーーーーーーーーーーい!!!!!
ここならではのこの鱧鍋の味。そして何が美味しいってやっぱり出汁が美味しい。
その美味しい出汁にたくさんの具からの出汁も出てるから相まってすごく美味しいことになっちゃう。あーこれが食べられて幸せ。

お酒は喜多方のあきちゃんが送っておいてくれたお酒。
d0137764_15275846.jpg

あわはそれぞれグラスに注いでくれたけど、一升瓶は
「酒はここ、器はここに置いておくから飲みたい人は勝手に飲む!」
とソフィア。
ビールはビールサーバーから、日本酒は一升瓶から注いで勝手に飲む。いいね。焼酎だけは厨房にいるパパくちゃんに言ってね。だそう。

もちろん私は基本ビールぐびぐび、時々日本酒で。

そして「はい、コレ。」と次にテーブルに出て来たのは
d0137764_15331835.jpg

私が日本一美味しいと思っている「出汁巻き卵」。
あぁ、やっぱり美味しいよ。なんだろ、この美味しさ。かなーりの出汁を使っているのにまとまるところがパパちゃんの腕。私の好物をわかっていてちゃんと用意してくれるところがまた嬉しい。

この辺で仕事後つくばから仕事後京都入りしたアイコも到着。無事につけるか心配だったけど、京都駅までじゃがべえ(兄ちゃん)にむかえに来てもらってタクシーで来たそう。それなら安心。
アイコも兄ちゃんも交えて姉さんの話で笑いあう。カウンターに置いてあった姉さんの写真がいつの間にか食品ケースの上に有った時には(もちろん誰かが移動したんだろうけど)、
「カウンターってどういうこと?もっと高いとこに置けや~。」って自分でジャンプアップしたんじゃ。って話まで。てかそのくらいやりかねない人だったからね。

鱧鍋でお腹いっぱいのところに「鱧の天ぷらも出来るけど食べる?」と。
もうお腹いっぱいだけど、でも食べたい。でも残しちゃうのもね。と迷いながらもやはり頂きました。
d0137764_15445277.jpg

天ぷらも当たり前だけどまた身がほわっと外がさくっとして美味しい!またビールが進むわ。
日本酒は兄ちゃんが「一升瓶空いたでぇ」と空き瓶見て驚いていたけど、この人数だもの、普通でしょ。


他のお客さまもみんな帰り、関東組は12時過ぎまで飲んで食べてしゃべって。
ソフィアが「あんたらみんな変やんかぁ。これだけ変なの揃ったらなにか出来ひんかなぁと思うんよ。」
ちょっと明日、色々考えよう。って。誰も自分が変だなんて思ってないんだけどなぁ。

美味しいものたくさんごちそうさま。久しぶりのふしみやだけど、なんだかいつも角を曲がればそこにふっとありそうな感覚に陥る店。
味が美味しいのももちろんだけど、ソフィアの豪快な客いじりや奥でにこにこしているパパちゃん(顔のわりにマイペース)の周りに皆が集っているんだと思う。

京都の夜を大好きなひとたちと満喫出来たいい夜でした。

それにしてもこの鱧つくし。
今日で一体どんだけの鱧が使われたんだろう。。。。とタクシーの中で話す関東組。

良く食べて良く飲んだわ。

さて、明日はいよいよ「うわばみ姉さんの会」。
どうなる、どうする!?
[PR]
by yukinojyo3 | 2011-09-10 23:59 | Trackback | Comments(2)

京都酒まみれ旅。

早いもので京都のうわばみ姉さま(以下姉さん)と現世でのお別れをして1年が経ちました。

その姉さんの一周忌に皆でひたすら飲んだくれてバカ騒ぎしましょう。という事で9・11は京都に集合という事に。

せっかく京都に行くならば前日から京都入りして京都を楽しもう。

ということで、10日、朝起きて旅支度してふらっと新幹線に乗ったのが11時近く。
本当はもっと早くに起きて以前姉さんと楽しんだ伏見の街を歩きたかったけれど、その辺はあまり決め事はしないで行こうかと。

だけど考えてみれば新幹線の到着時間は1時過ぎ。チェックイン予定4時。ならば伏見に行けちゃうんじゃない?
と気がつき、京都で新幹線を降り、荷物を抱えたまま奈良線に乗り換えて桃山で下車。

大体の地図は頭に入れて来たけれど、一応駅で地図を見てっと。
じりじりと照りつける日差しの中、真っ直ぐに行けば大手筋商店街。
アーケードの下、やっと日差しから解放され商店街の色々な店をキョロキョロしながら進んでいくと左手に「油長」さん。
d0137764_14122764.jpg

以前姉さんにつれて来てもらった時には先ずここで3種のお酒の飲み比べしたのよね。お互いに好みを言ってちびちび飲みながら味見しあって。楽しかったなぁ~。

だけど、今日は夜まで長いからね、一応後で店をのぞくとしても飲み比べはしないでおくつもり。
あぁ、地ビールにも魅かれるけど、夜まで我慢我慢。

そのまま店を通り過ぎ京都銀行を右に行くと、ありました!酒粕ラーメンを食べられる『玄や』というお店。
麺食い、ラーメン好きなので京都でのお昼はラーメンを食べようと思っていたのだけど、もし伏見に行けたら食べてみたいと思っていた他では食べられない伏見ならではの酒粕ラーメンということで目をつけていたの。

店に入ってみると時間のせいもあって客は私だけ。
カレーラーメンなど気になるものもあったけれど、初志貫徹&辛いもの好きなので、「辛味酒粕らあ麺」を注文。ビールもくいっと行きたかったけれど、夜まで我慢我慢。水を飲みながら待つと、出て来ました。

d0137764_137936.jpg

一瞬酒粕の香りがほわっと立ち昇ります。スープを飲んでみる。こってりの様だけそ思ったよりあっさり。
そしてトッピングが面白い。刻んだ揚げと大根のツマ、そして赤い天かす。これが辛味なのかしら。
麺は細麺。細麺なのでするすると進むけど、結構量はあるのかな。もうほんのちょっと固めでも良かったかも。チャーシューは脂身がほとんどなくてサッパリしているので私には食べやすい。
じんわり染みてくる味のラーメン。だったけど、これは冬に食べるべきだったかなぁ。私にはラーメンに酒粕はいらなかったかもなぁ。ハマる人はすごくハマると思うラーメンでした。食べられて良かった!ごちそうさま!

お腹いっぱいになり、また商店街に戻り、先ほどの「油長」を覗いて次に目指すは「鳥せい」という焼き鳥やさん。でも焼き鳥を食べに行くわけではなく、ここの横で食べられる「酒ソフトクリーム」。これに古酒をかけていただくのが目的。ここも以前姉さんにつれていってもらったんだけど、酒のソフトクリームに更に古酒をかけていただくと言うのが酒どころ伏見らしいし斬新で美味しかった覚えが強い。

ということでその前に「油長」を覗くと、やっぱりせっかく伏見に来たんだからお酒飲んでみたいな。とい気持ちに駆られる。けれど、ここは我慢我慢。特に日本酒は昼に飲んだらへろへろになっちゃうし、何よりも飲み比べって人と一緒にあーでもないこーでもないと言いながらするのが楽しいんであって一人で飲み比べても感想言いあう人がいないと楽しくないし。

だけど、そんな私の目に飛び込んできたのが『9月9日 ひやおろし解禁!』の文字。

9月9日って昨日じゃないの!ひやおろしは秋しか飲めないじゃないの!
私が一番弱い「限定」感ばりばりの張り紙が私の足を店の奥のカウンターへと向かわせる。
それでも、カウンターの周りを散々うろうろしたり、カウンターに座ったものの、店の人がいないので、やっぱりやめようかな、と席を立ったり、かなり怪しい人になりながらも口では店員さんに「すみませーん!」と声をかけていました。

ここは80種類もの日本酒の中から飲み比べが出来るのだけど、あまりにも種類が多すぎて選びきれないので、「秋限定ひやおろし」のセットをお願いする。

d0137764_13304644.jpg

左から豊扇、玉乃光、 神聖の順に飲んでいく。
突き出しと口直しのお豆腐つき。

なるほど、すっきりからガツンとした味の順ってこと。あまりガツンとした日本酒はきついので玉乃光かなぁ、なんて思いながら独りちびちびお酒の味を楽しむ。やっぱり美味しい日本酒は美味しいね。あたりまえか…。

満足して鳥せいに向かったものの、お腹もいっぱいだし、ソフトクリームは無理かも、でもせっかく来たから、とお店を覗いてみたものの、店員さんもお話に夢中で気が付かない。
d0137764_13394377.jpg

後ろ髪引かれながらも酒ソフトは止めておく。でもこれに古酒をかけていただくと本当に美味しいの。正しくは美味しかったの。行く機会があってお腹と時間に余裕がある方にはお勧めです。

結局、ソフトクリームより日本酒の誘惑に負け、帰りはスーパーがあったので商品チェック。
魚売り場とか東京とちょっと違うのが楽しい。やっぱりタコや鱧があるのね。蛸は「おでんにお勧め」と書いてあった。そして必ずチェックするインスタント麺と調味料のコーナー。

今は全国どこでも同じものが売っているけれど、たまに変わったものもある。
で、自分用お土産にこんなの買ったった。
d0137764_13472398.jpg

赤いきつね関西風は関東とどう違うのか食べてみたくて。(ちなみに謳い文句は関東「なめらか麺仕上げ」関西は「だしにまじめ。熟練の技。」)

そして「お好み焼きと焼きそばのソース」はトマトペーストというところに興味があったのと右上に「たまにたこ焼」と書いてあるのがなんだか関西っぽくて気に入ってしまった(京都パパヤソース製品)。

そしてこんなのとか
d0137764_1352512.jpg

こんなの
d0137764_13525964.jpg

に目を引かれつつ、桃山駅から京都に戻りホテルへ。

伏見はいつも夜にしか会う機会がなかった姉さんと昼間に会うことが出来た時に連れて来てもらって飲み比べをしたり月桂冠の記念館に連れて行ってもらったりキザクラカッパカンパニーでビールを飲んだり、川辺りを散歩して「私、こうやって昼にゆっくり街を歩くなんて初めてかも。」「そやったなぁ、いつも夜やったもんなぁ。」なんて話をした思い出深い街。

急ぎ足だったけれど、やはり行って良かった。

さーて夜はお楽しみの「ふしみや」さんだ!
[PR]
by yukinojyo3 | 2011-09-10 23:55 | Trackback | Comments(0)

え?そういうもん?

ネットで指の長さに関しての記事が載っていたので興味があって見てみると。

 薬指が人差し指より長いか短いかは、ホルモンの違いによって決まることが、マウスを用いた研究で初めて明らかになった。

 胎児期に、性ホルモンのエストロゲンとテストステロンが遺伝子に影響を及ぼすことで、指の長さが決定するのだという。その結果、男性は薬指が人差し指よりも長い人が多く、女性はその逆の人が多くなる。


ホルモンの違い云々は読んでもなんだかなーだったけど、「男性は薬指が人差し指よりも長い人が多く、女性はその逆が多い」の?

私は薬指の方が人差し指よりバリバリ長いんですけど…。

そう言えば人の人差し指と薬指の長さを比べたことってあまりなかった。しかも男女差は特に。

楽器をやる上では薬指が長い方がいいなんていう話も聞いたことがあったような気もするけれど。

そして今更だけど、小指の長さも薬指と比べて見るじゃない?たとえば薬指の第一関節より長いとか短いとか。

と思うと、薬指が長い人で小指が短いと思っている人でも小指だけで考えれば人より長かったりするのかしら。


久しぶりにまざまざと自分の指を見つめてしまったわ。

あ、もちろん足の指は人差し指のほうが長いけどね。
え、もしや足の指も人差し指より薬指の方が長いなんていう方もいるのかしら。

意外と知らない人の手や足の指。知らなくてもいいと言えばいいのだけれど。
[PR]
by yukinojyo3 | 2011-09-09 14:18 | Trackback | Comments(6)

実家と私。

久しぶりに実家に帰ってきました。
いつ以来?と思ったらどうやら正月以来のらしい(当ブログ調べ)。

両親ともに変わりなく元気そうで何より。

父は外出中だったので母と夕食。野菜たっぷりのおかずに2人で赤ワインボトル2/3。可愛いもんです。後は帰宅した父も一緒にお茶。


ラジオを聴きながら就寝して、ぐっすり、と思ったら朝、6時前にグラグラグラ!

実家で余震を経験したのは初めてなので、この揺れがどのくらいのものなのかわからず、一応窓を開けて周りを見たけれど、たいした揺れではなさそう。そしてやっぱりこういう時にはラジオがあると便利ね~。震度3だとか。それより台風情報の方が大変!

起きてラジオを聴いていたついでにラジオ体操までやってみちゃった。
結構覚えていないものね。第二に関してはほとんど忘れてる。でも腕を回す動きが多いので肩まわりすっきり、でも首はかなり凝ってるみたい。今後も続ければ身体は楽になるんだろうけれど、普段この時間に起きられるわけもないし。

そして、もらえるものはもらってくるのが娘というものです。

d0137764_15571976.jpg

獲れたてのみょうがに唐辛子。
帰ってきて東京のスーパーで見たらみょうが3個入りパックで100円前後。となると、約400円相当かしら?むふふ。
唐辛子はこれからうまく乾燥させないと。1つだけ大きな唐辛子は「韓国唐辛子」という種類。ふつうの唐辛子と並べて植えてあっても不思議とこれだけ虫が付く。ってことは美味しいのかな。むふふ。

育ちが悪かったゴーヤも
d0137764_1559481.jpg

こんな手のひらサイズなら私には丁度いい。

他にも梅干しやらっきょうを分けてもらってと。
こういうものはなかなか市販のものでは美味しいと思えるものがないし。

ひさしぶりに帰れば生活時間や習慣に違いに戸惑うことはあってもやはりありがたい実家。
こういうこともあと何年続くのか、あと何カ月なのか。両親の年齢もそうだし自分自身もいつ何があるかわからない世の中。そうでなくともお互い歳はとる。

だから今のうちに出来ることはしなくちゃね。

と思いつつ、先ずはこの野菜たちをどう使おうかな。
みょうがは半分は甘酢漬け?ゴーヤは炒める?湯がいてお浸し?
とどうしても食に直結する思考回路。

あとは、やっぱり何かあった時の為に充電式の小型ラジオがほしいな、とか。でもこういうことはどうも後回し後回しになってしまう。ラジオ体操も覚えなおしたい!


だけど、実家で朝、地震がグラッ、と来た瞬間に「(東京の)自分の家は大丈夫かな(含む、というか特に楽器)。もし大事だったら川を3つ渡って…」等と先ず思ってしまうあたりは、やはり、自分の家はもう今の住んでいる家しかないんだな、としっかり自覚した時でもあったけれど。

次に帰るのはいつになるかわからないけれど、柑橘類も重そうな青い実をたくさんつけていてこのまま普通に時間が過ぎれば冬にはまた夏ミカンがたくさん出来るはず。

そういう当たり前のように過ぎて来たことが年々、そしてこのご時世、特にありがたいことなんだという思いもかみしめた久々の実家帰りでありました。
[PR]
by yukinojyo3 | 2011-09-04 16:54 | Trackback | Comments(2)


ヴァイオリン弾き、芸者ストリングスカルテット(芸スト)雪之丞の日常をなんとなく。ほぼ飲食ブログと化してます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
南風さん。 そうだ、芸..
by yukinojyo3 at 15:45
宮崎が10年以上前って、..
by 南風 at 19:48
鍵様、了解です。ありがとう。
by yukinojyo3 at 22:53
スミちゃん。 それは残..
by yukinojyo3 at 15:48
4月15日はスチャダラパ..
by スミノフ at 14:41
スミちゃん。 >街を破..
by yukinojyo3 at 11:30
おおー!雪さまもシン・ゴ..
by sumirnoff1 at 21:23
南風さん。 それはトラ..
by yukinojyo3 at 09:28
おや、ダリ展ってそんなに..
by 南風 at 18:51
DAIさん。 ダリ展は..
by yukinojyo3 at 01:31
メモ帳
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
18世紀のイタリアを代表..
from dezire_photo &..
中秋の名月
from おん ザ ひとりごと
カニ遠方より来たるありま..
from 東京アンダーザブリッヂ
北海道開拓おかき
from 迷わず並べよ 食べればわかる..
クロワッサンNO1を体験!
from 東京アンダーザブリッヂ
気が付けば朝……
from まいにち酒飲み
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧