雪之丞な日々Ⅱ



<   2009年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧


帰り道。

d0137764_1839983.jpg

d0137764_1839967.jpg

仕事でお疲れ気味の帰り道。
東京タワーと月が目にとびこんできたので思わずパチリ!

そして自宅最寄り駅に帰るといつになく賑わう商店街。月明かりに誘われて散歩かしらん、と思ったらさまざまな変装をした子供たちがいっぱい。
今日はハロウィンなのね!商店街の何店舗かで変装した子供たちにお菓子を配っていたから。
でもハロウィンて「それで、かぼちゃがどうしたの?」ぐらい私にはどうも馴染めない…。


それより『聖☆おにいさん』と『きのう何食べた?』の新刊を手に入れてにんまり。
今夜はこれをアテにのんびり過ごすとしましょう。
[PR]
by yukinojyo3 | 2009-10-31 18:39 | Trackback | Comments(0)

食で世界旅行!? スイス料理。

この日はカルテットの練習。そしてずばりSちゃんのお誕生日~!
だから「お誕生会しましょっ!」ってことでH奴から「何が食べたい~?」とメールが来たけど、その時のわたしは「食で世界旅行!?」の真っ最中。
「御馳走続きなので普通のお惣菜とか…。」とH奴の神経逆なでしただけで、もちろん却下。

そしてH奴が考えてくれたメニューは『チーズフォンデュ。』


練習が終わるとともに、用意スタート!
いまや役割分担ははっきりしているので、キッチンはH奴とK玉のお仕事場、Sちゃんと私はお邪魔にならないように地道にチーズをすりおろし~、生クリームを泡だて~。あとは洗い物や運ぶものがあればお任せを~。
手が空いたSちゃんは「ファイト」「がんばれー」の旗を作って応援!

キッチンからは「K玉すごーい、速ーい!」とH奴がしきりに感嘆の声。K玉の手際の良さは素晴らしい。私から見ても素晴らしいH奴が言うくらいだし、出来上がった量を見れば、これだけの大量の野菜を切って蒸してという作業。私など、一晩かかっちゃうに違いない。
それがあっという間にたくさんの種類の野菜がそれぞれ絶妙な硬さに蒸しあがっていくんだもん、すごいの一言だね。

その間にもH奴は子供たち用にキノコの炊き込みご飯を作ったり。そしてH奴はその後出来上がったご飯を子供に出すとき、ちゃんとゼリー型につめてお皿にポンと。こうやって形どってあげるだけでも子供にとってはうれしいもの。ちょっとしたことなんだけどこういう心遣いがあるところもH奴に感心するところ。

こんな風に4人で準備するとあっという間ね。
そして食卓が整ったころ、Sちゃん一家が「トリックオアトリート!」と叫びながらかぶり物をして登場。相変わらずパワフルで明るい一家だわ。
そして、Sちゃんの誕生日を祝い、乾杯!

d0137764_1932654.jpg

今回のチーズフォンデュはとにかく野菜いっぱい。
ジャガイモ、ニンジン、カリフラワー、ブッロッコリー、シイタケ、かぼちゃ、レンコン、セロリ、トマト、ついでにK玉がささっと作ってくれた大根サラダの残りの大根なんかも。
定番のフランスパンはもちろん、ソーセージやH奴が前日から仕込んでくれた肉団子などなど。
これなら子供たちも喜んでいっぱい食べるし、私たちも美味しくってついついチーズを絡めてはパクリ。
「いいね、これ~!!!」
おいしいし、バランスもいいし、こうやってみんなで楽しく食べられる料理っていいね。

子供たちは元気いっぱい!でも生後3カ月のMちゃんはそんな騒ぎにもカルテットの練習中も平和な顔でスヤスヤzzz。大物になるわね!こんな様子を見られるのもSちゃん一家のおかげ。

ご飯も一通り終わった頃大きな花束を抱え、Y奴が仕事とを終えて疲れた顔で帰宅。お疲れ様!と乾杯。
お子たちは先に帰り一人残ったSちゃんと久々に女5人でしっとり。。。。のはずだが。
Y奴が持ち帰った大きな花束、どうやって持って帰る?と背負って見たSちゃんがまさに宝塚もどき!でまた大笑い!
d0137764_19554691.jpg

背が高くてもともとはっきりした顔の美人さんだし。
なんでもやってくれるわね~!
相変わらずカルテットのメンバーはいろんな意味でそれぞれの役割分担がはっきり。
ただ、このところSちゃんと絡んでなかったから昔はSちゃんの繰り出すどんな変化球や速球も打ち返せたのに、今は見逃しばっかりでくやしー。そこんとこの感覚を取り戻さないと。

そして宴もたけなわなれどそろそろね。
私はH奴が子供用にと作った炊き込みご飯の残りも頂き、H奴作のナッツのケーキも頂き。
あのね、このナッツのケーキ、、ミックスナッツを砕いたものをまぜこんであってその塩気と甘みのバランスが素晴らしくて普段好んでは甘いものを食べない私がお持ち帰りをしたぐらいおいしいの。ワインにも合います。


音を合わせてみればやっぱりカルテットっていいなぁ。

願わくば出来るだけ長くこうやって一緒に音楽して一緒においしいもの食べて一緒に笑えていられたら最高だね♪
[PR]
by yukinojyo3 | 2009-10-27 23:14 | Trackback | Comments(0)

食で世界旅行!? イタリア??

仲良しAちゃんから「イタリアンな夕べ」をやりましょう、と誘われて行ったのはワインセラーのあるAちゃんち。
先日うちで飲んだ時にAちゃんがAちゃんと相談して買ったイタリアワインを飲もう、ってわけね。

まずは泡で乾杯だけど。。。
「焼き物はみんな揃ってからにしようね。」

となると。。。。

仲良しAちゃんは買い置きのスモークチキンを持ってくるはずが忘れたー!

となると。。。。

パン担当のCタンが遅れて到着。

となると。。。。

テーブルにはチーズと干しブドウ。
2軒目に行ったワインバーな風情で静かに開宴。

DVDなど見ながらしっとりと飲んでいるところに。。。

パンとともにCタン登場。
いきなりパワー全開です。パンもがっつり大き目カットです。

そして泡のうちに、とAちゃんがささっと牡蠣をパン粉焼きに。
d0137764_10332854.jpg

牡蠣ラブ♪身は一口でつるっと。うまーい!そして殻に残った汁にもパンを浸して無駄なくいただきますよ。

そしてメインのイタリアワイン。
d0137764_1040369.jpg

やっぱりこれおいしいねーーー!!!買っといて正解(私が買ったわけじゃないけど)!

美味しいワインを楽しみAちゃんの作ってくれたグラタンや牛の煮込みを食べあっという間に盛り上がりテンション高っ!

なんといってもAちゃんの素晴らしい芸に大笑い!!!3回ぐらいやってもらっちゃったわ。
笑いすぎでものすごーくエネルギー消費(した気分)。

笑い疲れたころ仲良しAちゃんの終電時間。
みんな翌日の予定もあったのでこの日はこれにて解散!

美味しい料理とワインと大笑いの芸達者ぶり、ありがとうAちゃん。もー大満足よ!私たちは。

そしてまたもや被害を受けたのはAちゃんの愛猫のあやめちゃんとカンタクン。
あやめちゃんは抱っこされてやっと顔を見せてくれたぐらい気配を消し、カンタくんは私たちが到着したときからずーっと眠りたいモードなのに、この騒ぎ。迷惑そうな顔も顧みず何かとちょっかいをだし。
うんざりのカンタくん、最後にはちょっと高いところに避難。ごめんよ。
っていいながらこれからもやっちゃうんだな!だってカワイイんだもん。

で、ワインはイタリアだけど、料理はイタリアンじゃないんじゃ?
だけど、Aちゃんが最後に作ったジェノペーゼソース、これをパンに塗って焼いてくれたのがすっごく美味しかった!のでむりくりイタリア料理ってことで!
[PR]
by yukinojyo3 | 2009-10-26 23:20 | Trackback | Comments(0)

食で世界旅行!? フランス料理。

お友達2人と行ったのは神楽坂のフレンチ「ラ・マティエール」。
3人で春ごろから「行きたいねー!」と言っていながら予約が取れなかったり予約が取れても仕事が入ってしまったり。

それがついに念願かなって行くことができたのよ!

それも2週間前ぐらいに予約の電話をしたらこの日が一番早い予約という状態。
やっとたどり着いたこの日なわけよ。

席に案内されメニューの説明。
「本日の前菜の方を説明させていただきたいと思います。本日ほにゃららタルタルほにゃらら…カルパッチョほにゃららほにゃらら…」
「お魚料理の方はほにゃらら産ほにゃららとほにゃらら鱗までかりかりほにゃららほにゃらら…」
「お肉料理の方はタンのほにゃららほにゃららほにゃららほにゃらら…」

「となっております。どうぞごゆっくりお選びくださいませ。」
ととても丁寧な説明。
なのに3人とも「で、なんだっけ?」と全然頭に入ってないし。

でもその前にコースを決めなくちゃね。お魚かお肉どちらか1品か両方かお任せか。
残すのはいや、でもせっかくやっとこれたのだから。とお肉とお魚両方のコースに。

さて、そこからが前菜、魚料理、肉料理から何を食べるか選び出すのが大変。
「もう一回説明してもらおうか。」

そしてもう一度説明していただくも、もちろん料理名は頭に入っておらずだけど、それもありーので再検討。
そしてやっとイメージ的に決定。注文するも、メニューに書いてあるもの以外はもう一回説明してもらった挙句「あの、前菜で2個目に言った何とかのタルタル。」とか、「なんとか鯛のっていうの」とかというものすごい手のかかる人たちになってしまい。





注文が終わって「なんだか、これでほっとしたね。あとは食べるだけ!!」
とシャンパンで乾杯!

そしてやってきました。私の頼んだ前菜。
d0137764_12571456.jpg

カツオの燻製とアボカドとマスカルポーネのほにゃらら…。

それぞれの頼んだ料理を前にしていただきまーす!
「おいしぃぃぃい!」と思った瞬間に他の2人からも同時に「おいしぃぃい…」というつぶやき。
それぞれ違うものを頼んだので、「じゃあ、右回しね。」とお皿を交換しあい味見させてもらう。あ、これもすごいね、うわっこれもすごい、美味しいね!と3人でうなずきあい。これは今後魚料理~デザートまで以下同文。

私の食べたカツオの…
かつおとチーズがこんなに合うなんて!!上に乗っているポテトをカリカリに揚げたのがスパイシーで美味しい上に全体にねっとりした食感のものが多いのにいいバランス。
とか細かい説明は面倒なのであとは写真だけ。

魚料理
d0137764_13921.jpg

真鯛のポアレ。

肉料理
d0137764_1310398.jpg

私が頼んだのは牛ほほ肉の赤ワイン煮込み。

せっかくだから友人が頼んだ肉料理の写真も載せちゃおう。
d0137764_1331910.jpg



デザート
d0137764_13122197.jpg

黒ゴマのブラマンジュ

ふえーお腹いっぱいを通り越した。けど、ここの料理は野菜、それもすごくおいしい野菜がとっても多い。
だから魚料理までは結構余裕で「そうはいっても野菜が多いしね~♪」を合言葉のようにモリモリ食べていたけれど、肉料理のあたりから「かなりお腹いっぱいになってきましたね~。」
といいつつパンも美味しいし、リエットもかなり美味しいのでついつい手が伸びてしまい。


それでもデザートは美味しくいただけるのが不思議。
そしてどの料理も「自分が頼んだものが一番美味しいに違いない!」とおもっているのに、他の料理を味見させてもらうとこれまた美味しいのにびっくり。3人で行くと色々な料理を味見できて楽しい。店も心地よいし。

食べ終わったあとは美味しい幸せの笑顔の余韻のままのーんびりおしゃべり。
だってお腹いっぱいですぐにはうごけないんだもん。

どれくらいお腹いっぱいだったかというと。。。

私が、シャンパンと白、赤ワインを各グラス1杯ずつしか飲めなかったぐらい。。。っていったらわかっていただけるかしら。

念願かなっての美味しいフレンチの夜でありました。
[PR]
by yukinojyo3 | 2009-10-25 12:31 | Trackback | Comments(0)

食で世界旅行!? 韓国料理。

友人Kちゃんに誘われて「韓国料理を作ろう!」という会に。
といっても、私たちが作るのではなく、レシピをもらい、作り方の説明やポイントを見せてもらい、食材についての説明や食べ合わせなどを聞きあとは食べながら楽しくおしゃべり、という会。

話を聞いていると韓国料理は実に美容にいいのよね。

にんにくが体に入るとビタミンB1(だっけ)が「よくぞいらっしゃいました!」と力を発揮するらしいし、野菜もたくさん、ごまもたくさん使うのでビタミンがいっぱい。

この日のメニューは
にんにくご飯、トマトとオニオンの韓国サラダ、いんげんのナムル、かぼちゃそうざい、ユッケジャン。そして辛みをすっきりさせるためのなつめ茶。

食材は組み合わせによって色々な力を発揮する、とい事にいちいち「なるほど~!」。
そして楽しくおしゃべりしながら食べることで前頭葉も働きが活発になるということで、早速いただきまーす!
d0137764_18214380.jpg

テーブルセッティングも美しい。ユッケジャンが美味しい~!これは安い肉を使ったほうがいいらしい。あとかぼちゃの炒め煮の桜エビがものすごくいい仕事してたわ。いろいろなお惣菜を結構おかわりしてパクパク食べ.

デザートには蒸しパンやハロウィンを意識してかぼちゃのクッキー、梨のコンポートなど。生姜のソルベも生姜たっぷりで冷たいのに体が温まりそうな勢い。
d0137764_18263319.jpg


ものすごーくお腹いっぱい!ちょっと動かないと、とお皿洗いをちょっと手伝ったりしてまたおしゃべりタイム。
普段自分とは全然違う生活をしていていろいろな経験をしている女性たちの話は本当に興味深かった。

今後の自分へのヒントもいっぱい貰ったような。
何があるか分からないけど人生は一回戦なのよね。
色々な話をきいたなかでも私に希望を与えてくれたのは「脳の可能性」。
脳のなかの枝は自分の興味があったり得意な方に偏っている、けど、何かきっかけがあればいろいろな方向にいろいろ延びることが出来る、それも何歳になってもね!というような話。

帰り道Kちゃんに「どうしよう、私何年後かにすっごく頭良くなっちゃってるかもしれない!」って。

「だって今これだけ「出来ないこと、苦手なこと」が多いってことは、『きっかけ』さえあれば、枝はその分今後ぐんぐんいろんな方向に発達しちゃうかもしれないでしょ?」。
そう思うとなんだかうれしくなっちゃう。私ってこういうところがすごーく単純。
でもこの単純さが私のいいところだとも思ってもいるんだけどね。

料理も美味しかったし、食べるって内容が大切なんだなって勉強になったし、色々な話に今後のヒントまで貰ちゃい。すごく充実した時間。いつもいろんなところに私を引っ張り出してくれるKちゃんに感謝。

さーて、あとは、きっかけね、きっかけ!
[PR]
by yukinojyo3 | 2009-10-23 18:07 | Trackback | Comments(0)

食で世界旅行!? 中華料理。

酒の女神、カスミさんにお渡ししたいものがあり女神の住む高円寺に。

カスミさんが「どこか店を探しましょう」と言ってくださったけど、「いつもの福来門でようござんす。」と。
なんだか、何カ月かに1回はここに行かないと恋しくなってしまうので。

高円寺に行くもう一つの楽しみは商店街。バスを降りてルック商店街で色々な店をのぞく。肉屋さんのコロッケとか焼き鳥とか買い食いしたい!気持ちを抑えて、店に向かう。

カスミさんが仕事の都合で10分ほど遅れるというので、生ビールとパクチー、豚と野菜の玉子炒めなど定番ものを頼み、お先にグビッと。こういうところが気楽にできるのがカスミさんと福来門のいいところ。

仕事を終えて駆けつけてくれたカスミさんと改めて「かんぱーい!」。
d0137764_17521611.jpg


私は商店街を歩きまわったあと。カスミさんは仕事終わり。
ビールが美味しいよ!

近況を話したり、私の今後の髪型の方向性をカスミ画伯に書いていただいたり、マンガの話やどんだけ私たちが酒税を払っているか。など聞き上手、話上手なカスミさんとの話はいくらでも。
でも、なんだかこの日私も眠く、カスミさんに至っては前日の睡眠時間も2時間ぐらいのうえ翌日も早いとのことで、よい子の時間にホロ酔いで電車で帰る。

そして翌朝。うわっ、口の中がにんにく臭い!
こりゃ、肉団子の仕業に違いない。
なんか肉を頼みましょ、ってことで頼んだ肉団子。イメージしていたものとは違い、塩味でガーリックがものすごい威力を発し、中はものすごくジンジャー!
ビールのつまみにはいいけどね、このにおいを振りまきながら電車にのって帰ってきた私は周りにとんでもない迷惑な人だった!?
ま、仕方ないやね。

やっぱり落ち着く福来門。
そしていつも楽しくつきあってくださるカスミさま、ありがとう。また近いうちに襲撃します!
[PR]
by yukinojyo3 | 2009-10-16 23:33 | Trackback | Comments(0)

食で世界旅行!? スペイン料理。

このところ色々なお料理をいただいてます。
まさに食で世界旅行している感じ!?
第一弾はスペイン料理。

この日、TBSで収録仕事。ならば美味しいスペイン料理を、と仕事仲間たちで向かったのが赤坂駅近くロスプラトス

H奴が仕事終わりで店に予約を入れてくれ、店に行ってみると、なんだかお祝いムード。
改装祝いだったみたい。そんな時に私たち来ちゃっていいの?まあ。予約できたってことは良いってことよね。タイミングが良かったのか、8人で個室に案内され。

みんなでメニューを見ようか、というところにお店の方から
「あの、改装祝いですのでご迷惑でなければこれを1本サービスさせていただきたいのですが。」
とシャンパンを。
d0137764_17102566.jpg

ご迷惑どころか大歓迎!断る理由なんてどうやったってみつからないでしょ!

みんなでありがたーーーくいただきました。

みんなお腹がすいていたの料理もどんどん頼む。
d0137764_1730073.jpg

d0137764_17313237.jpg

d0137764_17323643.jpg


綺麗に盛られた前菜。「せっかく来たんだからみんな食べたいもの食べよう!」
ってことで、まあ、いろいろなもの食べましたわ。
そして何より美味しかったのがここのパエリア。炊き加減も味も素晴らしい。もうお腹いっぱいの状態だったけど、たべたわよー!

なんか久しぶりにこれだけの人数での食事。
みんなで食べると美味しいね~。楽しいね~。
ワインもたくさんいただき。

となれば、当然お値段もそれなりに。でも美味しかったからね!そして店方々も雰囲気もとてもよかったし。
個室で周りに気がねすることもなく盛り上がれるし。

うーん、これは店の人に「この人たち、大騒ぎする」「この人たちよく食べる」「この人たちものすごくよく飲む」
ってのが一目瞭然だったか!?

よく食べ、よく飲み、よく笑ったまさにスペインな(行ったことないけど)楽しい夜でありました。
[PR]
by yukinojyo3 | 2009-10-15 23:56 | Trackback | Comments(0)

芸術の秋の正しくないオペラの見方。

なのだと思う。

昨夜H奴と仕事で会った時「BSで『ラボエーム』を観たんだけどそれがね…」
という話を聞き、そうだ!私も「ラボエーム」のDVDを初夏に買ったけどまだ観ていなかった!

『ラボエーム』といってもイタリアンカフェのじゃなく(ここの名前もこのオペラからとったものらしいけど)、プッチーニのオペラ『ラ・ボエーム』ね。
d0137764_21086.jpg

私がDVDを購入するなんて珍しいんだけど、これを買うまえにちょっと、このオペラのアリアの部分だけを伴奏する機会があって、まだ若いころ、H奴とよくオペラの仕事をしていて、そのなかでも私の圧倒的なお気に入りだったこのオペラをもう一度ちゃんと観たいと思って。

もう一度ちゃんと観たいと、と言いながら、実はちゃんと観たことがないと気がついたのはH奴と話していてはじめてきがついたんだけどね。オケピットにいるから弾いていない間、オケピットから見える舞台の前方のわずかな部分しか観たことはないし、あらすじや場面は知っているけれど、細かい歌詞までは全然わかっていなかったんだわ。だってイタリア語だし。

だけど、曲がものすごく素晴らしいから弾いていても幸せで、いつの間にか「大好きなオペラ」になっていたわけね。
で、芸術の秋とはよくいったもんで、勢いで買ってしまったもの夏のあっつい時にオペラのDVDをじっくり観る気にもならずそのままになっていたもの。

そんな時にH奴からこのオペラの話が出たのでどうしても観たくなって、今朝が早いにも関わらず、夜中に観てしまった。

要するに初めて細かい歌詞まで知ってしまったのだけど。
しかも結構直訳されたものだから観るとちょっとイメージが違っちゃうんだなー。
まあ、H奴も言っていたけれど、突っ込みどころ満載というか。

歌詞もそうだし、私の買ったDVDはあのパヴァロッティが出ているものなので、歌はそれはそれは素晴らしい。他の歌い手も大物ばかり。みんな歌いあげること。
なぜ、自分の生活をそこまで歌いあげられるんだ~。だけど、これがまたいい曲なのよね。

で、「僕が貧乏で寒い部屋に住んでいるから彼女が病気になった~ぁぁー」と悲しまれても、いや、その割にいい体格していいもの食べてそうだし。
ミミ(女性の主役)が、「私、もすぐ死ぬのかしら。」と歌っても、
「絶対大丈夫、体格もいいし、もうすぐ死ぬ人はそこまで声張り上げないから。。。」

とついつい突っ込みを入れてしまう私。
いや、これはいけないオペラの見方なのです。
今のオペラ歌手の方は細くても美しくても声量もたっぷり、な方々ばかりだけれど、この録画は1977年のもの。このころは体が楽器の歌い手の方々は体格もしっかりしていた時代?かな。

私たちがオペラの伴奏をよくやらせていただいていた頃でもまだラボエームや他のオペラでも「もう命が長くないの。」的な歌をどんなに青白い化粧で歌われても、2人でついつい「いや、大丈夫、それだけしっかりした体格なら絶対大丈夫!」と人生に太鼓判を押してしまう方々が多かったから。

そんな感じで夜中まで突っ込みまくりでオペラを観てしまったわ。そのうえ、特に教訓的なものもないお話!?
あらら・・・。おわっちゃった。ただ愛だの嫉妬だの病気だの。。。。?


これは私がメッセージ把握力にかけていたせいだよね。多分…。


でも曲は本当にいい!歌い手も素晴らしい!
だから音楽としては素晴らしいのよ。
プッチーニの曲は劇的ないい曲が多い。
荒川静香さんが金メダルをとった時の「もう誰も寝てはならぬ」もプッチーニの「トゥーランドット」の中の曲だし。
伴奏しているこちらももかなり入り込めるのよね。特にヴァイオリンはメロディーなぞるところも多いので気持ちが盛り上がるったら。

なので今日は画面に見入ることなくバックミュージック的に流しながら料理したりブログ書いたり。うーん、素晴らしい歌の数々。何回聴いても飽きないメロディー。燃えるわ~。これ一番いいかも。

オペラファンの方々からは確実にクレームがくるだろうけど。

でも、プッチーニの『ラボエーム』、お勧めよ、アリアだけでもいいから一度は聴いていただきたい!とここで言ってもいまさら説得力ないか…。
[PR]
by yukinojyo3 | 2009-10-14 20:53 | Trackback | Comments(2)

M先生を探せ!

昨年末に高校時代の親友、ユウとセンシュと連絡を取り合うようになり一緒にランチしたりしているうちに私の中でほぼ消えかけていた高校時代の記憶が少しづつよみがえってくるように。

というのもセンシュと私は高校時代の事をほとんど覚えていないんだけど、ユウは先生方のことから同級生の事、いろいろな出来事をよく覚えていていろいろ話をしてくれるので、「あー、そういえば!」とだんだん記憶が呼び戻されたというか。

そんな前振りもありーので、「今度学園祭こっそりのぞきにいかない?」という話に。
残念ながらセンシュは予定があってダメだったのでユウと2人で現地待ち合わせ。
とはいえ、ユウは行く前に歯医者、私はその後仕事、と時間制限あり。

私はちょっと早めにつき、「卒業生、近隣の方、保護者」などと分かれている受付で、まごまごしていると
「保護者の方ですか?」
だよね。バリバリ保護者の年齢だわよ。ま、別に嘘つくとこでもないので卒業生ってことで。

校内は改装で全く面影を残していなくて思い出に浸るでもなくだな。。。
なんて思っているところにユウが到着。

いきなり「あれ、O先生だよね。」。と受付近くの先生らしき男性を。
え~~っ?そう言われればなんとなく…?
「あ、あれはN先生だよ。」と女子生徒と話す男の先生を。
よくわかるなぁ。O先生もN先生も副担任の先生だったから名前や感じは覚えているけど、まだ先生方も副担任だったぐらいだから当時新卒の先生だったので、そのころのイメージしかなくて。当たり前だけど、あれから○十年だものね。

それはさておき、私たちが一番お会いしたかったのは私の1年の時の担任だったM先生。2年の時の担任の先生はもう退職していらっしゃるし、3年の時の担任の先生はかなり前に亡くなってしまっていて。
ユウは1年の時は違うクラスだったけど英語を習っていて。
私たちの間でも一番話題に上るのはM先生。私もM先生のことだけはものすごーくよく覚えているし。

さ、時間は限られてるよ!ってことで職員室にいってみるものの学園祭となると先生方も職員室にはほとんどいらっしゃらない。そこで、「M先生はいらっしゃいますか?」と聞いてみると、「M先生は今中学を担当していらっしゃるのでそちらにいると思います。」
ここは付属中学もあり、校舎は数十メートル離れているので、急いでそちらに。だけど、そちらの職員室でもM先生は見つからず。目撃情報などを集めたところ、「今、高校のほうに行かれていると思います。」というのでまた高校に。でもみつからなーい!
そこでユウ。O先生に何気なく
「あのM先生を探しているんですけれども、どこにいらっしゃるかわかりますか?」
「あ、M先生ならギター部の顧問なのでそちらにいらっしゃるかもしれません。」など普通に会話した後。
「やっぱり全然覚えてらっしゃらないですね、私たちの事。」
という意地悪な作戦。
O先生もやられたー、という感じで、「名前なんだっけ?何年前?」といろいろ話ているうちに「あー、」と記憶がよみがえってきた様子。
だけど、ユウ、時間もないよ、急ごう。次はN先生に「あのM先生を探しているんですけど」
するとN先生ユウの腕をつかみ、「君、どっかで見たよ、卒業生だよね!」ピンポーン!だけど、名前は思い出せず。「じゃあ、彼女は覚えてます?委員長の」と私をさすも、ん~?
その間にも時間が。結局M先生は中学にいるということで「とにかくそっちに行ってきます!」と行きかけたところでN先生。今度は私の腕をつかみ「Iか!楽器がヒントになった!(仕事に行く前だったので楽器を背負っていた)、それでIが正委員(学級委員ね)で副委員がKで!」。
すごいな、誰と組んで委員をしてたかなんて私も覚えていなかったよ。

さ、残り時間も20分ぐらい。これで中学に行ってM先生がいなかったら諦めるね」と決めて中学に行き、職員室を覗くも、姿は見えず、もお会いできないかな。。というところでひょい、と覗いた教室に。
いたーーー!!!M先生。
だけど、私たちの事が誰だかはわかっていない。
ユウがいろいろ説明するうちに
「えーっGちゃん(昔から今に至る私のあだ名)?Gちゃんて言ってくれたらすぐ分ったのに、でも見てもわからないわよ、だってあなた髪の毛チリチリだったじゃない!」
でた!これがM先生!心にぐさっとくる数々言葉を私の思い出に残してくれた先生。チリチリって。。
まあ、私の高校のころって天パーで人の5倍ぐらいある量の髪を二つに分けて三つ編みにして分厚い眼鏡かけて。ひどい有様だったし(今は縮毛矯正とカットで何とかしてる)。
「私覚えてますよ、先生が卒業近くなったころ『あなた!卒業したら髪型どうするの!?』って真剣に聞いてきたの。」というと「そんなこと言うわけないじゃない!」と言いつつも、「私、考える前に思いついたまま言っちゃうのよね。」
そんなところが面白かったんだけど。なんて話をしているうちに先生もあの頃のことを鮮明に思い出して来たようで。「あのクラスは本当に手がかからなくていいクラスだったのよ。私なんにも心配しなかったもの。それで、何カ月もクラスの皆勤がつづいて、でも途中でインフルエンザが流行っちゃってね。」
そういう記憶が私にはまったくないけど、、、「そうでしたっけ。私は欠席なしだったけど」と言えば。
「あなたは頑丈だったもの。それに岩のようにどーんとしてて、頼りにしてたのよ。」
せ、先生、ほ、褒めてます?女子高生で頑丈でどーんとしてるってどうよ。
先生の毒舌ぶりは変わらずでユウとクックック。
もう話は尽きないけれど、時間も迫ってきたし、そろそろ。。。というと
「でも、二人とも素敵な女性になってくれて。」と言ってくださり、「来てくれてありがとうね。」と。
私たちも「今度はセンシュと3人でまた来ますね!」。

先生と別れてからユウと「○十年たってもM先生は全く変わらないし相変わらず、ぐさっとくるお言葉の数々いいよねー」と大笑い。なんかM先生がM先生のままでいてくれてものすごくうれしかった。
サバサバっとしててみんなに公平で、でもどこかおちゃめで早口で。先生としても女性としても大好きだなぁ。
お会いできて本当によかった!

先生も「今日の事は日記に書いておくわ!」とおっしゃっていたので、私も心の中で「今日の事はブログに書いておくわ」!と。

さて、ここでユウとはわかれ、私は仕事に、ユウはまた高校に戻っていった。その後の話を聞くのを楽しみにしているんだけど。

でも学校の先生ってすごい!何十年もの間毎年何十人もの生徒とかかわり、その卒業生たるやものすごい数になると思うのに、何人かの名前や年代を言うと、その時の事がすらすらと出てくるんだもの。

タイムリミットありだったけどいろんな事を思い、その後もあの頃の自分は何を考え、どんな生徒だったんだろうとか思い出してみたり、かなり立場は違うけれど自分は先生としてどうなんだろうとか。
この年齢だからこそわかるようになった事なんかもいっぱいあるものね。
[PR]
by yukinojyo3 | 2009-10-10 23:04 | Trackback | Comments(0)

秋の昼夜長

台風が確実に日本上陸かという日。
お互いの仕事の終わり時間がいい具合に合い、午後早い時間にAちゃんと新宿伊勢丹で待ち合わせ。
お目当ては催事場でのイタリア展。

伊勢丹の松戸店で同じ催し物があった時にAちゃんが気に入ったワインをうちに何本か送ってくれ、それを今度は新宿で手に入れようという目的で。

でも腹が減ってはね。

ということで、キッチンステージで幡ヶ谷『ディリット』のランチ。
私が選んだのは「カマスとブロッコリーのラザニア」と「水菜とカラスミのスパゲッティーニ」。
d0137764_1001332.jpg

ラザニアにカマスというのも合うし、スパゲッティーもいい味。

美味しかったです!

そして、目的のイタリア展に。
その前にAちゃんは他の用事を済ませるということなので先に催時場を見ていることに。
ところがものすごい人、人、人にAちゃんが戻ってくるころにはぐったり。しかもコスパの良さから狙っていたワインも新宿では見かけず。
そしてもう意識も朦朧。
はじめはイタリア展で美味しいものも買って家で飲もうか、と言っていたけど、もう催事場にいるのが無理と悟ってくれたAちゃんの提案でやはり行きつけの地下食品売り場に。

あぁ、いいね、買いなれたすいている売り場。
いろいろ買いのもをして夕方に家に。
ビールで乾杯。
d0137764_2321720.jpg

歩きまわったので足もむくむ。なので、二人でこんな姿。

でも家でぐだぐだは落ち着くね。
ビールを飲みながら買ってきたものをお皿に盛り、あっという間に宴会準備。
そしてAちゃんが買ってくれた「魚に合う泡」で赤むつのこぶ締めとあぶりすしを。
そしてこの店で手に入れたお塩「黒め塩」がこの二つに合うこと!
d0137764_23493657.jpg

寿司ひとつにしても美味しい食べ方を見つけ出すAちゃん。いちいち二人で握手のベストマッチ!才能だなぁ。
うっまー。さすが「塩で食べる寿司」の店のものだけある。
そして、Aちゃんが松戸の伊勢丹イタリア展で気に入って送ってくれた赤ワイン。

これが美味しくて、この期間中にまた買い足すか検討するも、2000円台のワインは私がデイリーに飲むには高すぎ。なんせ毎日のことだから。
ということで、Aちゃんが「今、飲んでいるワイン、何本づつか買わない?」とワインセラーを持つAちゃんに電話(どちらのAちゃんも先週一緒だったAちゃん今回大文字にしてみました)。

そんな話をしているうちに一人で飲んでいた電話先のAちゃん「そのワインの味見もしたいし、一人で飲んでるのも。。これから行っていい?」と。雨の中タクシーで駆けつけてくれた。

なんだか20代のころはこうやって電話をしてて、「これから飲む~?」みたいなノリで誰かの家に行くこととかよくあったけど、最近はそういうのが久しいからなんとなくわくわく。

で、雨の中、泡と赤を持ってAちゃんも到着。
家で飲むって帰らなくていいから楽でいいな~。しかも、ワインは送ってもらったり持ってきてもらったりした美味しいものばかりだし。

3人もいればどんどんワインは消費され。
ここで、台風がなければ泊ってくれる予定だったけど、動けなくなると困るので帰ることにした終電があるAちゃんは先に帰路に。

そのあともテレビ仲間(特に昔の昼ドラ)Aちゃんに「懐かしの『華の嵐』ケーブルでやってるから絶対見て!」と無理やり見させたりしながら再びもりあがり。。。。。
気がつけば。。。。。「「今、起きた方もこれからお休みになる方も」な時間。

ひっさしぶりにかなり飲んだ一日。しかもこの日(ってか前日か)朝早かったので酔った~!
そして並んだ空き瓶
d0137764_2331157.jpg

ビール、泡、白、赤、泡、赤、赤」
よく飲みましたっと。それだけすごく楽しかったんだもん!
でも美味しいワインばかり!でもこれ、家飲みだからできること。

以前は家に人が来るっていうときにはものすごーく徹底的に掃除しなくちゃ人は入れられないような感覚があったけど、今は「雑然としてるけど、掃除機かけときゃいいか。」と人が家に来てくれることのハードルがものすごく低くなって来たのがいいのか悪いのか。

最近こういうのが楽しい。
あ、でもその場合もちろん、お酒と食べ物は持ち込みでお願いだけど。



気楽で楽しい秋の夜。
[PR]
by yukinojyo3 | 2009-10-08 22:36 | Trackback | Comments(4)


ヴァイオリン弾き、芸者ストリングスカルテット(芸スト)雪之丞の日常をなんとなく。ほぼ飲食ブログと化してます。
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
鍵様、了解です。ありがとう。
by yukinojyo3 at 22:53
スミちゃん。 それは残..
by yukinojyo3 at 15:48
4月15日はスチャダラパ..
by スミノフ at 14:41
スミちゃん。 >街を破..
by yukinojyo3 at 11:30
おおー!雪さまもシン・ゴ..
by sumirnoff1 at 21:23
南風さん。 それはトラ..
by yukinojyo3 at 09:28
おや、ダリ展ってそんなに..
by 南風 at 18:51
DAIさん。 ダリ展は..
by yukinojyo3 at 01:31
芸術の秋+食&飲みの秋?..
by すぎなみくDAI。 at 22:19
和さん。 そうだ。上越..
by yukinojyo3 at 10:35
メモ帳
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
18世紀のイタリアを代表..
from dezire_photo &..
中秋の名月
from おん ザ ひとりごと
カニ遠方より来たるありま..
from 東京アンダーザブリッヂ
北海道開拓おかき
from 迷わず並べよ 食べればわかる..
クロワッサンNO1を体験!
from 東京アンダーザブリッヂ
気が付けば朝……
from まいにち酒飲み
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧