雪之丞な日々Ⅱ



<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧


危険な職場!?

一昨日、昨日は@東京ドーム。

これが危険に満ちた仕事場だったわ。

何が危険って体重、体型、胃拡張にね!

ケータリングの食事も昼夜ともにおかずの品数たっぷり。

それにもまして危険だっのが、どんどん並ぶ差し入れのお菓子の数々。

一昨日は堂島ロール(おいしいのよね)に萩の月、しろたえのシュークリームetc....
d0137764_12314814.jpg


昨日は「クリスピードーナツ」がどどん!
d0137764_11302818.jpg

プレーンのほかにも色々な種類がいっぱい。

目移りする~。迷う~。
けど、基本は押さえなきゃね、と、プレーンとチョコを半分ずつ。
甘いものはそんなに食べないし、特にドーナツには興味が無いから、と今までたべたことがなかったんだけど、「なるほど、あま~い!けど、べったりしてないのね。」さくっと食べられました。

このほか、アンジェリーナのお菓子から岡埜栄泉の豆大福やらどこぞやのカヌレやらetc....。
甘いものばかりじゃなく、スナック菓子も充実。

本番が終わり、うわー、ビールが飲みたいね~!どっかに無いかな、、とCたんとケータリングの飲み物ケースの奥をのぞいちゃったりして。

さすがにそれはなかったけれど、この後みんなでお食事にいきましょ!ッてことで、夜11時ごろから中華。一口めのビールの美味しいことったら!
車で来てて飲めない皆様ごめんなさい、と思いつつ紹興酒までしっかりいただきました。

もう怖くてしばらくは体重計れませ~ん。
確実に1日目より2日目の方が衣装がきつくなっていたきがするけどね。。。

もちろん、お菓子は全部食べたわけじゃなく、大福やきんつばとか詰め合わせにしてお持ち帰り。一緒にお持ち帰りした、「稚加栄」の「和牛肉まん」。
これも今朝、温めて食べたら甘味があってめちゃ美味しかった!
ここの明太子も食事の時、毎食いただいちゃった。ご飯にあうのよね。

いやいや、2日以上続いたらほんとに食欲中枢が麻痺してしまうところだったわ。
それに食事の後に甘いものを食べるのがちょっと習慣化しそうで怖いわ。
今朝の肉まんの後に豆大福食べちゃうし(これまた美味しかった!)

それはそれは危険な職場でございました。
でも素敵な仕事場でもございました。

ドームのでのちゃんとしたコンサートには初めて参加したけど、それにしても広い!
お客様4万5千人ですって!
そして小田さまの歌声はどうしてあんなに澄んでいるの?についつい一緒に口ずさんだり歌詞に涙ぐみそうになったり。

小田さんは歌も声ももちろんのことお会いすればするほどその人柄にも惹かれていっってしまうわ!

兎にも角にもアワアワなこともありながらも楽しく充実した2日間でありました。
[PR]
by yukinojyo3 | 2008-11-28 12:08 | Trackback | Comments(10)

かなり贅沢なボジョレーヌーヴォー!

フランス人でもないのになぜボジョレヌーボーだと騒ぐのだ?
けど、今年は騒がせていただきましたよ。

先週末はK嬢のお誘いで、新宿のあるホテルで行われた『ボジョレヌーヴォーの会』にFちゃんと共に参加。

ここには12種類のボジョレヌーヴォーがそろえてあり、リストに順番がつけられていて、順番に飲んでいってもいいし、好きそうなものだけをどれだけ飲んでいってもいいというシステム。

どれから行くか悩むね~。
ってことで、3人でそれぞれ違うものを順番に頼んでいくことに。
グラスに番号が振ってあるので、ワインリストで確認出来るし、何番が好きか、とか、間違えることも無い。

d0137764_12534345.jpg


d0137764_12542094.jpg


そうするとこんなに並んじゃうわけなわけ!
なんだかグラスが並んでいると妙にうれしくなってしまうのは私の性分。

そして、お互いのグラスを交換しながら飲み比べていくと、
「こんなに作り手によって味が違うものなんだね!おもしろ~~い!」

味の違いのわからない女、といわれる私でも、これはわかりやすかったわ。
ボジョレヌーヴォーをこうやって楽しむのはいいね!

そして、料理もこれまた素晴らしいラインナップ。
ブルスケッタ三種、フォワグラのソテー、あわびのサラダ仕立て、宮城牛のテンダーロイン、毛蟹ご飯、シャーベットのデザート。
もう通風まっしぐらな感じでしょ!
でもね、これがまたワインの若い味に合うように上品なさっぱりさの味付けになっていてすばらしかったわ。

d0137764_1315850.jpg

フォワグラをこんなに贅沢に!でも蜂蜜りんごが添えてあるのでさっぱり。

d0137764_2325174.jpg

野菜の下にやわらかい鮑がたっぷり~!

d0137764_1331414.jpg

お肉はどこまでも柔らかく~!

このお肉ですっかりお腹がいっぱいになってしまったので、毛蟹ご飯は店の方にお願いしてお持ち帰りにしてもらい、デザートは3人で1つに。

いや~、贅沢です!贅沢すぎます!!

で、ワインね。
「料理によっても味が変わってくるね~!」なんていいながら一通りのワインを試飲。
今年はワインの出来がよくないと言われているけど、そんなことも無いんじゃないかと。
K嬢は気に入ったワインを「試飲用のグラスじゃなくて大きなグラスでください。」
Fちゃんもリストのなかからワインを選び、私は5番か8番かどちらかが好みだったなぁ、っておもってもう一回飲みなおしてみたけど、違いがわからなくなっちゃってるよ(笑)!なので多分8番!って感じで頼みなおし。


いやいや、楽しいボジョレヌーヴォーの会でありました。
K嬢ありがとう!
ワインもかなり楽しんだし、こんな贅沢な食事。
なんだかバチがあたりそうよ!






しかしながら、自分でみても『この人、すごい贅沢な食生活してないか?』と思うほど、ここのところおいしいものをたくさんいただいているけど、普段は「なんで、ブナシメジがこんなに高くなったんだ~!?」とか「お、魚の切り身20%オフ、だったらゲット!」とか、「鍋が何日も続きます」って感じの質素な生活よ。栄養バランスにはなるべく気をつけているけどね。

なんでこんなどうでもいい言い訳がましいこといってるんだか。
ちょっと贅沢すると、なんだか申し訳ないような気になっちゃう庶民な私なんだな。
[PR]
by yukinojyo3 | 2008-11-25 13:20 | Trackback | Comments(4)

色、色々。

今チマタでは「たりないもの占い」なるものが流行っていると聞き、早速やってみたけど、私にたりないものに「19人が人間味」といっているのはともかく、「36人の人がコマネチ」といっています。ってコマネチがたりないってどうすればいいのよ、そもそも今の若い人、コマネチ知らないんじゃないの。

そんなことやっているうちに見つけたのが「こちら」
色占いですね。

今日の気分にはほとんどあたっていなかったけどその日の気分によって選ぶ色も違うからこれはこれかな。

私が好きな色は「ワインレッド」。
「えんじ色」じゃないのよ。あくまでも「ワインレッド」。

同じ赤でも朱色はあまり好まないのよね。


今はあまり色にこだわりはないけれど、中学生のころはオレンジにはまり、パープルにはまり、最後にワインレッドにいきついたんだけど、そのたびに単語帳やらボールペンやらいろいろな文房具を好きな色で統一するのが大好きだったっけ。

今はいくら好きだからって小物を全部好きな色にするって感じでもないしね。
着るものにしても、私の顔色は結構色を選ぶから色の好きだけじゃ選べないし。

特に黄緑とか黄色、ピンクとかは無理かしらね。

そうやって行くと、だんだんクローゼットに黒や紺、グレー、茶色、って言う無難な色が増えてきちゃうのよね。

でもこの前、TVでの実験をみたんだけれど、男性に同じ女性の黒い服を着た写真とピンクの服を着た写真を見せると、男性は必ずと言っていいほど、ピンクの服の方に好感を抱くらしい。

なるほど、ピンクね、ピンクっと。。

私の洋服の中に「ピンク」を探したけれど、1枚しかないじゃない。
しかも、なんだか一回きたらその姿を外の鏡でみて、自分で気恥ずかしくなってその後1度も着ないままの夏のカーディガン。悲しいほど似合わないのがかわいいピンク色だったりするのよ。

まピンクは無理にしても、赤(かなり色を選ぶけど)やオレンジ(さし色に大好き!)など自分に似合うもので、黒いものばかり着ないように少しきをつけてみようかな。

と思って、この前ちょっとフェミニンな感じのブラウスを試着してみたらあまりの似合わなさにがっくりよ。

黒のタートルネックを4枚ぐらい持って着まわしているのはもうやめたいものだわ。
今年の流行はパープルだそうで、店には綺麗なパープルが並んでいて見ていてうれしい。
けど、パープルの半そでタートル(またタートルなんだけど、首が寒いといやなんだもん)はもう買っちゃったしなぁ。(しかも軽井沢のアウトレットですっごく安く)。
自分が好きな色で好きなデザインで自分にしっくりと来る洋服を見つけるってなかなか大変だわ。

そして、私が最近見た中で、一番のお気に入りの色は那須のM家の新しくなった冷蔵庫。綺麗なワインレッドだった。私も次に冷蔵庫を買うなら(10年以上後!?)あの色がいいなぁ。。。

色で思い出したけど、昔、
青、白、赤、茶色(だかグレーだか)とかの色にイメージする異性を書き出す、なんていうのも流行ってたような。

それによってその異性をどういう感じで見ているか(たとえば遊び相手、とか、理想の相手とか興味がないとか)、、という感じのやつ。
これが結構的を得ていた覚えがあるわ。


食欲をそそるのは赤とか、リラックスには緑とか、色ってすごい色々なことに関係しているんだね。人間は視覚から得る情報の割合がかなりだというから。



追記
どうでもいいけど、さっき見つけました、ピンク!
ここのところ寒いのでストール類を出したらその中に正統派ピンク発見!

よっしゃ、これだね!


何が「これだね!」…!?なんだけど。
[PR]
by yukinojyo3 | 2008-11-20 19:57 | Trackback | Comments(2)

堪能しまくり!

私、ここで何度も申しておりますが、甲殻類大好きです。
その中でも毛蟹は好きを超えて愛しております。

そんな私ですもの恒例『旬の会』が10月の旬の会の御題が「毛蟹」知ったときから
「今月は絶対行くわよ!」
と意気込んでいたものの、何やらみんな忙しそうな様子で、もはやお流れか。。。

と、思っていたけど、11月に入ったにも係らず、店主Iさんがやってくれました。

d0137764_2254220.jpg


毎回言ってるけど、これが1人前なの。
これに海鮮サラダ、ホタテとほうれん草のグラタン、握り寿司もつくの。

そして、この蟹、感動のおいしさ。
身がぽってりしていて甘いのよ~~!!

いつものメンバー、リーダー、VoMさん、久々の参加のS氏も!そして前回から参加のソムリエO氏、初参加のMさんいとこのSちゃんも。

これだけおいしいもん好きが揃っているので、持ち込みの泡もワインも料理にぴったりマッチ充実!すばらし~。

そして私はここに来るといつも思うのだけれども、世間のことを知らなすぎ。
ここでは政治の話からスポーツの話からワインの話から各仕事場の話からテレビの話。最近の若者の話、その他色々。

いつも話題に尽きることなしなのだよ。
そして私の無知さをさらけ出して質問してもバカにされることなく、私の質問にはものすごくわかりやすい答えが返ってくるし。

そして話していて面白いのは、どんな仕事についていても思うことはどんなジャンルでも一緒なんだなって。

もちろん大笑いもあり、ワインのセレクトも完璧、毛蟹も
「もう、こんな喜び今後ないかもしれない!」ってほどのおいしさ!

いつも充実しまくってます!

せっかくだからブログに乗せるタイミングを失った9月の御題「伊勢海老」
d0137764_2317180.jpg


松茸の土瓶蒸しもついてますよ~。えびの頭は後で味噌汁になるのだよ。
これもすばらしくおいしかった!

両方の味の印象を言うならどちらも「あま~~い!うま~い!」
のよ。最高でしょ!!

次はタラバ蟹よ!
甲殻類好きの私にはたまらない季節だわね。

店主Iさん、いつの最高においしいものをありがとう!そしておいしさを倍増してくれる仲間たちよ、ありがとう!な旬の会。

そして数年後には目指せ欧州ってことでいろいろよろしく!(謎)



それにしても、毛蟹、おいしかった。。。
[PR]
by yukinojyo3 | 2008-11-15 22:45 | Trackback | Comments(4)

温かい、ありがたい那須。

那須はもうかなり寒くなってたのだけどね。

昨日、那須の弦楽亭にて「鼻歌モーツァルトシリーズ」本番。

土曜日の混雑を避けるため、前夜H嬢の車に4人で乗り込み那須に向う。運転はH嬢とSちゃんが交代で。
いつも宿泊させてもらっているM家(だんなはんとY嬢の家)は2人とも帰りが遅くなるという。

なので家を出る前にしっかり食事を済ませ、9時ごろ到着し、後は軽く飲む程度にしようね、って感じ。

予定通り無事那須に到着。

勝手に(といってもH嬢もSちゃんも姉妹だからいいんだけど)M家にお邪魔し、新調した冷蔵庫を覗かせてもらうと琥珀エビスがたーっぷり冷やしてある。冷蔵庫も赤で素敵だけど、中の琥珀の赤も素敵よ。

K嬢とコップを勝手に探し出したりしている間に、H嬢とSちゃんは隣接するY家(3姉妹の両親の家)から大きなお皿に盛られた料理やら鍋やらを抱えて来てくれた。
で、かなり豪華な宴会になってしまった。
まずは4人で「明日よろしくね!乾杯!」

そしてしばらくしてだんなはんもY嬢も次々帰宅。
またもや乾杯。


d0137764_13544423.jpg

Y家のお父さん特製の自家製スモークサーモンやら写真には写っていないけれどお母さんの作ってくれた鶏団子としらたきと切干大根の煮物やら。

この煮物がなんだかとまらなくて、カウンターに鍋ごと置いてあったんだけど、食べ盛りの男の子のようにみんなで何回もテーブルとカウンターを行き来してしまったわ。

そして素晴らしかったのがY家父自家製スモークサーモン。
身のほろほろ具合からスモーク具合から、もう、最高においしい!
Y家のお父さんとお母さんはそれぞれ競い合うほど料理が上手なのよ。


「食べちゃうね~!」
で、食べちゃうってことは
「飲んじゃうね~!」
ってことでもあるのよね。

K嬢が持参してくれた山形のワインもおいしかった。
だんなはんに焼酎のグレープフルーツ割りも作ってもらい、長飲みの私は1時ごろまでだんなはんとY嬢にお付き合いいただき。


それでも8時ごろにはすっきり目が覚めるのが那須の不思議。
そしてそれよりかなり早い時間からおきて活動を始めているM夫婦。

朝食はご両親のいるY家でいただく。
食卓につくと、すでにテーブル中央のカセットコンロに大きな鍋。
野菜やキノコたっぷり、鮭や豚肉の入った温かい鍋に数々のおかず。
昨日あんなに食べたのに。
「食べちゃうね~!」

H嬢&K嬢、口をそろえて「日本酒ください!って感じ」。だよね。
ご飯だけじゃなくサンドイッチまで。鮭のサンドイッチ、お母さんが「得意なの」というだけあって素晴らしくおいしい!のよ。

お腹もいっぱい。

私はみんなよりちょびっと早めに紅葉に囲まれた弦楽亭へ。
d0137764_14182550.jpg


この時期になるとすでに手が冷え始める私はウォーミングアップしておかないと手が痛くなりそうで、基礎練習はここ最近の習慣(みんな昔から普通にやっているんだろうけど)。

昔は冷たいままでも指はまわったんだけどね。これが年齢ってものなのか。
特に今回弾くモーツァルト弦楽四重奏曲18番はそれじゃなくても手がこんがらかりそうだし、って実際かこんがらかりまくりだし。

そしてリハーサルを終え楽屋に行くと、Y嬢お手製のおにぎりとポットに入ったコーヒー。
Y嬢のおにぎりは本当においしくて、サイズも小ぶりに作ってくれてあるので本番前に力をつけるにはベストなのよ。そしてコーヒーは近くの「珈琲工房」でブレンドしてもらった「弦楽亭スペシャル」。普段コーヒーをあまり飲まない私でもこのコーヒーはかなりお気に入り。

そして本番。

……。

本番終わりました。
とだけ言っておきましょう。

でも那須のお客様はいつも温かいのです。

そして、運転のない私がカウンターでカヴァの味見をさせてもらいながら待っていると、H嬢とSちゃんが包みを抱えて返ってきた。

『これ、お母さんがみんなにもたせてくれた「お弁当」(おつまみセット?)。』
うれしーい!

そしてまた4人で車に乗り込み東京へ。

那須への往復、その間に本番もあるのに、H嬢、Sちゃん、運転お疲れ様でした。いつも頼りっぱなしですみません。私も免許持っているんだけど、H嬢の車をめちゃめちゃにするわけに行かないし、みんなに大怪我させるわけに行かないし、えもいわれぬ恐怖体験をしてもらうことになっちゃうし。
役に立たなくてごめん。2人ともすごく疲れているのがわかるだけに申し訳ない。ありがとね!

こうして帰宅後お風呂にゆーっくりつかり、早速もらった包みをあけてみると。

雪之丞、感動です!!!!
d0137764_14412578.jpg

中には10種類近くのお惣菜がこれまた綺麗につめてある。それも彩り豊か、栄養バランスもばっちり。
これに琥珀エビスまでついてきたのよ。これはM家からかしらわからないまま受け取ってお風呂の間にキンキンにひやしておいたんだけど。

早速頂きま~す!

口にしてみればどれも本当にいい味付け。
「ん~ん、おいしい~、しあわせ~。」とつい声が出てしまったわ。


これだけの品数を作るのももちろん大変。でもそれをこんなに綺麗に味が移らないように区切りをしてつめる×4人分。これがどれだけ大変なことか。

本当に心温まるお弁当ありがとうございます。

そしてこれがまた
「食べちゃう。」=「飲んじゃう。」
なんだなー。


那須にいくとY家のお父さんもお母さんも、M家のだんなはんもY嬢も、忙しい中、両家の連係プレイでいつも私たちが居心地よく過ごせるようにしてくれていて本当に感謝。家族の一員のように過ごさせてもらってます。

那須に行ってくるとなんだか気持ちが和らぐ。

のは本番がひとつ終わったからか。。。。

でもカルテットメンバーのお疲れ様はまだ先。
そして「宴会したいね。」「どっかパーッと遊びに行きたいね。」
への新たな合言葉は

『ブラームスが終わったらね。』へ。

あと1ヶ月、頑張ろうね!


と自分に言い聞かせているのだよ。。。
[PR]
by yukinojyo3 | 2008-11-09 13:51 | Trackback | Comments(0)

おいしゅうございました。

本当に美味しいものを食べるとごたごたと語るまでもなく、美味しかったという事実だけが記憶に残っているものなのね。

と思わせてくれたのが先月行った「ヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリー」

旬の会仲間で、MSさんの軽井沢の別荘に行く企画にいつも誘ってくれるリーダーとVo,Mさんだけど、いつも予定が合わず。

それが、私しては珍しく忙しかった10月だったのだけれど、その日だけがぽっかり丸一日空いているところに軽井沢企画が上手くはまり、念願の軽井沢へ。

朝、MSさんの車に拾ってもらい、すでに車にのっていたリーダー、Mさんと合流し、都会から離れるにしたがってどんどん紅葉もきれいに。

まずはMSさんの別荘に行って一休み。普段なら目の前に山が見えるそうだけど、この日は霧がかかっていて「何も見えないんですけど」。だけど、山の天気は変わりやすく、しばらくすると山の上部が見えてきて紅葉も見えてきて。
それにしても寒かった。ストーブつけてくれましたもの。

さて、別荘を後に、13:30に予約を入れてくれていた「玉村豊男」さんがオーナーを務める「ヴィラベスト」に向う。
「こんなへんぴなところに人なんてくるのかね。」
「でも今日の予約60席満席だって。」
軽井沢から1時間以上かかるこの場所。人も歩いていないんですけど。

だけど、「ヴィラベスト」だけがなんとなく人が集まっている感じ。
そして中に入ると玉村夫妻が笑顔で迎えてくれたよ。ミーハーとしてはそれだけでもうれし。

そして選べるメインとデザートは4人別々なものを。

テーブルには玉村氏のデザインの紙のランチョンマットが敷かれ、小さな花瓶にさりげなく飾られた花。
そしてまず出てきたアミューズ。

d0137764_1535474.jpg


岩魚のリエット。
あ、なんか、これを食べておいしさへの驚きと安心。

なんとなくね、こういう自然派のフレンチとかって、なんかうがった見かたをしていた部分があったの。
HPも割りとあっさりしているいるし、行ってみたものの、自然派の押し売りっぽくて薄味すぎるとか、満足感がないんじゃないか、逆にどこかとてもそれらしく演出し過ぎちゃって興ざめしちゃうんじゃないかとか。だけど、これを食べたとたん、みんな、これから出てくるものが楽しみになってくる美味しさ。

次は前菜の盛り合わせ。
d0137764_154246.jpg

かぼちゃのポタージュがあまくて美味しい、レンコンも味がしっかり、サツマイモはほぼそのままの味、しいたけも味が濃い~!とどの料理もイチイチすごい。っていうかすごくないところがすごいってわかるかしら。これに美味しいフォッカッチャもついてくる。
すごいね、正しいね、みんな笑顔で会話も弾む。周りを見渡せば他のお客様も誰もが穏やかな表情。

こうなるとメインにも期待がかかる。
メインを待つ間、座ったテーブルから左を見れば広びろと広がるブドウ畑。ガラス越しに下を覗くとワインを醸造しているところも見える。
d0137764_15575235.jpg

要するにここで口に入れているものはここで作っていますよ、というのが目に飛び込んでくるのだ。

そしてメイン。
私が頼んだのは「シナノユキマスのソテー」
d0137764_161239.jpg

見るからにカリカリでおいしそう。

そしてそれぞれ頼んだ、
豚のコンフィーやら

d0137764_1635480.jpg


シードル煮やら自家製ソーセージを4等分し、それぞれのお皿に分け、みんなで「まずは魚からかなぁ」なんて言いながら食べてみれば。
カリカリふわっ、やらとろけるやら口の中はイチイチ喜びよ。

「もう、何も余分な味もなく、足りないものもなく素晴らしい!」
としか言葉がないです。

そして、添えられた野菜がまたもや美味しいこと。
「まいたけってこんなに大きくて味があるものだっけ?」とか味をかみ締めちゃいます。
ワインもシードルも雑味の全くないすっきりとした味。

満足なメインが終わったあとはデザート。
私は巨峰のブラマンジュ。

d0137764_16144278.jpg


はぁ。これまた美味しい。ぶどうがマルっと煮られたのやカシスシャーベットが添えられていて。他のデザートもすべて美味しかった。特にかぼちゃのモンブランは季節的にもヒットだったかしら。

「ここ料理食べただけでも今回来た甲斐があるでしょう?これてよかったね!」、
「もう大満足~~~~!!ありがと~~っ!」

「ここに宿泊所も欲しいな~、この店の常連になりたいよ!」とすっかりここにこころを奪われるMさんと私。リーダーは「玉村さんと話りあいたいよ!」って長くなるからやめといてね。

そして
コーヒーも
d0137764_16182088.jpg

こんなにおしゃれ。

器はすべて玉村さんの絵が入ったもの。
センスがいい。

もともと、彼はこれを商売にするために始めたのではなく、田舎に移り住み、自分用のワインを作ろうとブドウ畑を作り、畑を作り、そのワインが美味しいため、つまみが欲しいといわれ、野菜で料理をつくり。

という、周りからの要望でいつの間にかこんなに大きくなってしまったそうな。
これが最初から商売目的だったらこうは行かなかっただろうね、と。

この後ワイナリー見学。
最小規模でワインが醗酵している様子までわかる身近感。ワインのラベルも冬などにスタッフが手作業で張っているとのこと。

その後、お土産を買い、散歩。
ぶどう畑の周りにハーブが植えられ、季節の花も。
ハーブがぶどうを害虫から守り、料理に使われ、きれいに植えられた花たちはテーブルに飾られるという無駄のないつかわれ方。まさに理想郷。

これはかなりの勘と頭脳とセンスがある人では無いと出来ないこと、だと納得。
ここの土地も勘で選んだそうだけれど、日当たり、昼と夜の気温さがぶどうつくりには最適なところだったとか。

そして、これと同じものを東京で食べてもここまでの感動は無いと思うの。
景色を見ながらそこで作ったものを食べている。この両方が気持ちを開放させ、料理のスパイスともなっているんだろうなと。

本当に、本当に、おいしゅうございました。

この後、軽井沢のアウトレットで買い物三昧、新幹線で帰る私のために(みんなはお泊り)駅近くのスペイン料理屋で夕食。と私の都合に合わせてくれたスケジュール。

お迎え、運転ゆえにランチではお酒も飲めずいろいろ手配やら時間配分やら本当にありがとうございましたMSさん。そして、いつも私を楽しい事に引っ張り出してくれるリーダーとMさん、誘ってくれてそして一緒に楽しい時間を過ごしてくれてありがとう!
こうして、私は自分ひとりではありえない素晴らしい休日を楽しい友人たちと楽しむ事ができたのでした。なんだか、ものすごーく気分がリフレッシュできた充実した一日。

そして、すっかり玉村さんファンになってしまった私は翌日すぐに玉村さんの本を購入。
読んで見ればなるほど、と。

そして自分へのお土産として買ってきた「ウーバ ナイアガラ」
d0137764_16563627.jpg

ぶどうの蒸留酒。アルコール度45%。分類としてはブランデーになるらしい。
でも200ml。
いつ開けるか迷うところだわ!

玉村さんにも軽井沢の空気にもはまり中。またよき季節にまた連れて行ってください~!
[PR]
by yukinojyo3 | 2008-11-01 17:00 | Trackback | Comments(8)


ヴァイオリン弾き、芸者ストリングスカルテット(芸スト)雪之丞の日常をなんとなく。ほぼ飲食ブログと化してます。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
南風さん。 そうだ、芸..
by yukinojyo3 at 15:45
宮崎が10年以上前って、..
by 南風 at 19:48
鍵様、了解です。ありがとう。
by yukinojyo3 at 22:53
スミちゃん。 それは残..
by yukinojyo3 at 15:48
4月15日はスチャダラパ..
by スミノフ at 14:41
スミちゃん。 >街を破..
by yukinojyo3 at 11:30
おおー!雪さまもシン・ゴ..
by sumirnoff1 at 21:23
南風さん。 それはトラ..
by yukinojyo3 at 09:28
おや、ダリ展ってそんなに..
by 南風 at 18:51
DAIさん。 ダリ展は..
by yukinojyo3 at 01:31
メモ帳
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
18世紀のイタリアを代表..
from dezire_photo &..
中秋の名月
from おん ザ ひとりごと
カニ遠方より来たるありま..
from 東京アンダーザブリッヂ
北海道開拓おかき
from 迷わず並べよ 食べればわかる..
クロワッサンNO1を体験!
from 東京アンダーザブリッヂ
気が付けば朝……
from まいにち酒飲み
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧