雪之丞な日々Ⅱ



旅の過ごし方。宮崎編。

12月も半ばになりました。

先月の終わり、そして今月のはじめと、トランペット界の巨匠、北村源三先生のコンサートに弦楽アンサンブルで出演させていただきましたが、80歳でトランペットを吹けること、そしてその音楽、お人柄、すべてが素晴らしかった。

今まで歌やオペラのように歌詞があったり、何か理由がない限り音楽で涙を流すことはあまりないと思っていましたが、このコンサートはステージ上にも関わらず、うるうると来てしまいました。
「何にそんなに感動したの?」って聞かれるけれど、それが説明できない自然に染み入ってくるというか。
こんな素晴らしい体験をさせていただいたことに感謝です。
この体験と今後の記事を一緒にアップしていいのかと思い分けようとも思ったのですが、それも何なので、これはこれで貴重な体験をありがとうございました。

そんなことやこんなことやいろんなことで、最近旅してます。
ここかからはどうでもいい私の旅日記なんで適当にどうぞ。
もともと乗り物大好き。電車に乗ったら運転席の後ろに立ってこんな風景楽しんだり。

d0137764_11195191.jpg
地下鉄でも「こんなにカーブしてるんだ」とか「高低差があるんだ。」とかホームに入っていく瞬間とか好き。バスに乗っても小学生と競ってでも一番前の席が好き。なんでしょうね。景色がすきなんでしょうか。

さて前置きが長くなりましたが、そんなこともあり先月末は宮崎に。
飛行機乗るのも大好き。
そして飛行機乗る前の定番は蕎麦かな。大体朝が多いのでのど越しの良いものとなるのでしょうか。
d0137764_11200724.jpg
宮崎に着くと木が南国。宮崎は何度も来ているはずなんだけれど、風景はすっかり忘れてますね。最後に来たのはもう10年以上前だもの。

仕事も終わりみんなで飲みにでます。
2日とも地鶏のお店に。一日目のお店は写真を撮りませんでしたが美味しかった。赤霧島もボトルで頼んでいただきました。

この日は宮崎在住の大学時代の友達がホテルに会いに来てくれました。何年経っても変わらないね~。仕事で博多から飛行機で帰って来たという彼女。なかなか飛行機が飛ばなくて遅れるかも、とのことだったけど飛んだらすごく早くて30分で着いたとか。でも東西ならそれってあるけど、南北でそんなに差が出るってあるの?
でも会えてうれしかった!私達に博多土産のかわいいお菓子を買って来てくれ、ここのホテルの温泉に入っていくね~。と手慣れた様子でお風呂に向かっていきました。さすが地元人!
翌日は昼間時間があったので、スーパー探検隊出動します。
流石海が近いだけあって、魚も豪快に売ってます。
d0137764_11202758.jpg
これを裏でさばいてもくれるんですね。
そして知らないインスタント麺があると買います。
d0137764_11204376.jpg
この数日後ケンミンショーでやっていましたが、これ、宮崎の県民食。麺は春雨だそうです。これは普通の乾麺ですけれど。
楽器屋さんも充実していて面白かった。さすが音楽祭などやっている宮崎。

さて、仕事終わりは飲みに。
d0137764_11210200.jpg
こちらで刺身と行ったら地鶏の刺身になりますね。
焼酎はこれを頼んでみました。
d0137764_11213661.jpg
旧霧島。普通を知らないので旧がどう違うのかわかりませんが。「残りわずか」だったら飲まねば。まろやかで飲みやすかったです。
d0137764_11212088.jpg
炭火焼はお約束。私はこういう歯ごたえのしっかりしたこりこり系の肉は苦手かなと思っていましたが、さすがに美味しい。2日ともすごく良く食べた。
ひと様が頼んだ冷や汁も味見させてもらいました。

d0137764_11215273.jpg
うん、想像通りの味。こうして宮崎を楽しみました。
今回はじめましての方や顔は知っていてもそれほど話す機会もなかった方々もご一緒でしたが、一緒に飲むと一気に距離が縮まりますね。

そんな宮崎旅でした。
最後まで読んでくださったかた、お付き合いありがとうございました。
そのうち琵琶湖編に続く。。。。予定。



[PR]
# by yukinojyo3 | 2017-12-14 12:06 | Trackback | Comments(2)

スペインな夜。

11月も今日で終わり。本当に時間が過ぎていくのが速すぎて、今月の色んな出来事も遠い昔の事のような気がします。

そんな月末、大阪に転勤中のTスからM嬢と私に連絡があり、東京出張なので飲みませんか?と。
飲みましょ、飲みましょ!

場所は「月島スペインクラブ」。
以前来たのは10年くらい前かも。イベリコしゃぶしゃぶやワインなど色々取り寄せたり買い物はしているスペインクラブだけど、銀座店の方が行く率多かったかな。

早めに着いたM嬢とお先に乾杯してます。
d0137764_12414906.jpg
削りたての生ハムはやはりジューシーで美味しい。このビールグラスも好きです。
しばらくしてTスも到着。お疲れ様~。

普段忙しくておいしいものを食べる暇がないというTス。
今日は美味しいものいっぱい食べようね。
d0137764_12422966.jpg
釜揚げしらすのアヒージョと、なんだっけ。。。。ポテトサラダ的なもの?
ケーキみたい。
アヒージョはここに来る前日渋谷の東急フードショウに行ったとき、10月からスペインクラブグループが入ったので覗いたらアヒージョも売っていて、思わず買いそうになったところで、翌日こちらに来ることを思い出したという経緯があるのでどうしても私が食べたかったのです。
あぁ、美味しい。
d0137764_12424242.jpg
白レバーのパテ。間違いないね。臭みが一個もない。

この日は月曜日でお店ではフラメンコのショーがあります。今まで見たことのないシンプルな衣装で綺麗な踊り。
ショーの途中で客席にも降りて来てくれます。
d0137764_12432393.jpg
ここの店は外観も店内も本当に日本じゃないみたい。
d0137764_12420949.jpg
雰囲気が盛り上がります。テレビの撮影などでよく使われるのも納得ですね。

ビール、泡、白と行き、赤ワインお願いします。
d0137764_12425520.jpg
このワイン、美味しかった。お値段調べていたらやはりそれなりのお値段だった。
前日まで感謝祭だったのでその時開けたのかなとM嬢。Tスは大阪に行ってからワイン飲む機会も無くなったとのこと。それはかわいそうに。今日は思う存分食べて飲んでね。

d0137764_12430736.jpg
パイ包み焼きに。
d0137764_12433700.jpg
お肉もいっっちゃいますよ。イベリコ豚のロースト。このお肉美味しかったなぁ。

最後にはもちろんパエリア
d0137764_12435193.jpg
ここのお店では巨大なパエリア鍋にパエリアが炊き上がると、鐘が鳴り響き、2人の店員さんがパエリアを鍋ごと持ち、うまい具合にお客さんに見せつつすごい速さで店内を一周します。息の合ったその技?は店の名物。

1.5人前お願いしました。
もうお腹いっぱい!!!!
久しぶりに月島スペインクラブで食事したけれど、やはりお料理も美味しいなぁ。

Tスも満足したよう。要するに美味しいものを食べて飲んで満足するっていうのはそれを一緒に美味しいね~、と言い合いながら飲んだり食べたり出来る人と一緒だからなのよね。それが大阪にいると難しいらしい。
仕事も忙しそう。でも少しは充電できたかな。
また次に東京に帰ってくるまで頑張って!

私も11月はほぼ外飲みはしなかったのでこの夜は大満足でした。
飲み友は大事。ありがとうTス、M嬢。
それにしてもお腹いっぱい過ぎるほどよく食べたわ。

さて明日から12月かぁ。より慌ただしくなりそうです。
でもいつもの年ほどまだクリスマス感を感じないのはなんだろう。
ハロウィンが終わると早々とクリスマスに向けてのイルミネーションとか飾り付けがなされるような感じが今まであったのだけど、それを今年は感じない。
どっちにしても、クリスマスも何も関係ないけど。
夜の街に繰り出していないので派手なイルミネーションとか見てないからかもね。
ちょっと咳が出るのが気になるけれど、たぶん乾燥のせい。本格的に風邪などひかないように12月も乗り切りたいと思います。

[PR]
# by yukinojyo3 | 2017-11-30 13:24 | Trackback | Comments(0)

寒かった10月その弐



寒かった10月。
思えば、足の裏の水膨れが破れ、足の裏って全部の体重がかかるから毎日痛いし治らないしでびっこ引いて歩いたり、ゴム製のかかとの靴が履いているうちにどんどん崩壊していき、ぎりぎりで靴屋さんに飛び込み「とにかく靴下さーい」と靴屋さんに泣きついたり、寒気や胃痛があったりと、なんか、いい思いがあまりない。

けれど、般若湯しかり、美味しく楽しい時間はそんな私を癒してくれる。

という事でだれの誕生会でもないけれど、普通に行っちゃいました、桜新町アンフュージョン!

それというのも最近シェフがFBを始め、美味しそうな食材や料理を動画でアップするのですよ。おいしそうでたまらん、、、、
でも次に行けるのはM嬢誕生月の12月かぁ。。
と思っているときにM嬢からアンに行かない?リーダーももう耐えられないって。
たまらん、、、と思っていたのは私だけじゃなかったか。シェフの釣り餌にまんまとくらいついちゃったわけです。

てなわけで、冷たい雨の中アンフージョンに。
一番乗りだったのでビールでみんなを待ちます。

d0137764_12294958.jpg
と言っても結局メンバーはリーダー、M嬢、私の三人。平日だけあって他の人たちは都合がつかなかったとのこと。

リーダーは遅れるという事だったので先に始めちやううことに。
★季節のアミューズ
・焼き茄子のムースと北海道産 秋刀魚の燻焼き
・車海老の燻製 巨峰添え
・越前・三国産レンコ鯛の土佐酢・昆布〆
・とりゅふとじゃがいものクロケット
d0137764_12302986.jpg
運ばれてきたときにM嬢と大笑い。「なにこれ、和食やに転身か?」「インスタ映え狙いか?」
そしてたこ焼きまで乗っけてきたか!?
だけど、たこ焼きからはトリュフの香りがプンプンしてます。
秋刀魚を食べると、秋刀魚の味濃い!けど、茄子も負けてないすごいね。
車海老も燻製香がしっかり、巨峰と合います。そしてレンコ鯛。この〆方が抜群。完全に和食だね。だって土佐酢と昆布で〆ているんだもの。これ、もう一枚づつ食べたいね。なんてやっているところにリーダーも登場。
乾杯。
d0137764_12320108.jpg
さてさて、アミューズでさんざん盛り上がった後には。
★フォアグラ大根 キャラメル風味 炙り松茸添え
d0137764_12331937.jpg
松茸の香りがほわぁ~ん。お出汁の香りのふわぁ~ん。やっぱり和食や?
だけど、大根の中には

d0137764_12324321.jpg
フランもしっかり入ってます。ホタテもうまい、フォアグラもうまぁい。大根とフォアグラのコンビは王道。そして出汁をたっぷり吸わせておいた松茸もうまい。
大根からとったコンソメを使ってるとのこと。これ今回の私の一番。
食べ終わるのもったいなかった。

★兵庫・赤穂;坂越:牡蠣のヴァプール 春菊風味
d0137764_12334036.jpg
これまた運ばれてきたときに「シュレックかっ!」と突っ込みたくなるものすごい緑。牡蠣は蒸してあるのかな。一口でいちゃいます。牡蠣好きなので普通なら牡蠣の味をどうこう言いたいのだけど、やっぱりこのソースがすごすぎて。
春菊ってこんなに濃い味だっけ?ソース美味しい。とパン泥棒。

★兵庫・淡路産 天然真鯛のパイ包み焼き
ソースロション

はーい、お約束のたい焼き。
d0137764_12351700.jpg
からの。

d0137764_12353371.jpg
切り身。リーダーのはお頭付き。
これ身も柔らかいけどうまみしっかり。ソースがこれまた。
リーダーとM嬢懐かしい味だぁー、と。若い頃からお金を貯めてフレンチをたべに行っていた二人にはそのころに一瞬で戻る懐かしい味だそう。
これぞ王道だそう。

★伊豆天城産 日本鹿 内もも肉のロースト キイチゴビネガーと安曇野産ブルーベリーのソース

d0137764_12360111.jpg
すっかり鹿好きになった私。やっぱり鹿は美味しいなぁ。ソースも合うんだなぁ。
ってあ、もういう事なしです。

★フランス産 山栗のプリン
マロングラッセとラム酒のアイスクリーム添え

d0137764_12363786.jpg
濃いよ、濃い、栗の味が。すごいね、でもプリンだからしつこくない。アイスとのバランスもいんだな。秋って感じです。

そして今回のカフェアート
私の

d0137764_12370441.jpg
いちょう、って書いてなきゃわかんないし、手抜きでないの?

リーダーの

d0137764_12364873.jpg
あげぎんなん、ってどうみても団子三兄弟でしょ。

いつもこの微妙すぎるところが楽しみ。

それにしても今回全体的にせめて来てるね~。器にしろ、食材の組み合わせにしろシェフも楽しみながら作っている感じがして目でも楽しめたし、本当に美味しかった。
シェフも話していたけれど、若者はフレンチに興味がないと。
確かにフレンチって特別な時じゃないと行ってはいけないような敷居の高さがあるし、私もこちらでフレンチをいただくまでは若い時に食べたフレンチの脂が重くて具合が悪くなったので敬遠していたからなぁ。

ここのお店のおかげでこんなふうに楽しみに美味しくフレンチが食べられるようになったし。この楽しみを知らないってもったいない。

と思うような、大満足で楽しめたアンの料理とワインでした。
またシェフの動画にまんまとつり上げられそうだわ。

こうやって思い返せば10月も悪くなかったかな。
でも寒いと雨ばかりなのは勘弁してほしいものです。



[PR]
# by yukinojyo3 | 2017-10-28 13:46 | Trackback | Comments(0)

寒かった10月。

10月もあとわずか。
何だかとても忙しいかった。
しかも10月とは思えない雨と寒さが私から体力と気力を奪っていきます。

そんな中、松戸でのおオペラ仕事。
今年は「フィガロの結婚」。
モーツァルトの人気オペラですね。
でもこれが何回もやっているのに弾けないところは毎回弾けなくて苦労するのです。
そして目もしばしば、腕も疲れがピークに達するフィナーレでステージが盛りあがったときにやってくる16分音符の羅列。
今回が短縮ヴァージョンだったのでいつもより疲れは少ないはずなのだけれど、やはりフィナーレの長さは厳しい。
けれどやはりお客様は楽しめる。だから「フィガロの結婚」って人気があるのですね。

そんな中、仲良しAちゃんが松戸ツアーを計画してくれました。

仕事終わり、待ち合わせして「バスに乗りまーす!」
おう、松戸でバスなんてなかんか乗らないのでそれだけで新鮮。バス停の名前だけでも楽しめるわ。
そして降り立ったのは「ここどこ?」な真っ暗さ。
街灯の少なさに足元も怖め。絶対一人では歩けないね。
というところをしばらく行くといきなり現れる灯り。
「兄さん、灯りが。」とチルチルミチルごっこが出来そうな唐突に表れた灯り。
これ、なんとセブンイレブン。だけど、ここ、セブンイレブンとは思えないワインの品揃え、そして安い!ということで今回連れて行ってもらったのです。
笑っちゃうぐらい安いし、ポップが多すぎてワイン選びに迷ってしまう。そのうえ、つまみも美味しそうなもの厳選してる。本当にセブンイレブン?と疑ってしまいます。自由だわ。
迷いに迷って4本ぐらい普段飲みのワインを選んで自宅に送りました。つまみは自分で持ち帰り。帰りもまた暗ーい道をかえり、バス停に。ちょうどいいタイミングでバスが来て、松戸駅方面に向かい、駅より手前で下車。
連れて行ってもらったのは「般若湯」。日本酒のお店です。私は2度目。
ちょうどカウンターが2席だけ空いてました。よかった~。

ビールで乾杯!
d0137764_11183828.jpg
ふぅ。このために生きてるね。そしてこのなんでもなさそうなお通しがものすごく普通に美味しい。ゴマ風味です。

そして頼んだ茄子の揚げ浸しも生姜たっぷり、茄子ふっくらでなすの甘さが際立つ。こういうものが普通にものすごく美味しいってすごいことだし、すごくほっとする。
d0137764_11191600.jpg
日本酒はお店の方にお任せします。
d0137764_11525356.jpg
これはフルーティーで飲みやすかった。

なのでするすると飲めちゃう。Aちゃんはつぎのお酒に。
d0137764_11240500.jpg
私も後から追いかけます。
だってこれが来たから。
d0137764_11202257.jpg
ひゃっほー!刺身盛り。メニューにはないのですが、隣のお客さんが誕生日のお祝いで刺身盛りにしてもらったというので私達も無理をお願いしてみました。
「どんなケーキよりもうれしい一皿だね。」とAちゃんと私。
生しらすに生姜とお醤油で。んーたまらんね。から始まり。まあ、どれもこれも美味しい事。日本人に生まれて良かった。これは特別に最高に美味しい一皿でした。

この日も寒かったので、おでんも頼みます。
d0137764_11211552.jpg
私はたこ串と大根。Aちゃんは大根と栃尾のお揚げ。このお出汁の美味しさは何?
Aちゃんに味見させてもらった栃尾の揚げもこの出汁をたっぷり吸って美味しかった。もうお出汁の最後の一滴まで飲み干しました。
Aちゃんはちくわぶも追加。
d0137764_12033654.jpg
ちくわぶの良さがわからないという私に食べてみて、とAちゃんが味見させてくれたけど、やっぱり良さがわからない。ちくわでいいんじゃないの?
ちくわぶについては意見が分かれるところですよね。

そろそろ仕上げタイム。
から揚げにハイボールいきますよ、でもその前におすすめ干物三種。そして私はビールも。
d0137764_11223967.jpg
d0137764_11221380.jpg
こういうものもいいね。
そしてから揚げ。
d0137764_11215008.jpg
サックさくの軽い仕上がり。これまた美味しい事。
そして、やはりほかのお客様がすすっているものは何?と聞いてみれば「稲庭うどん」とのこと。麺食いの私はそれも食べたいとお願いしちゃいました。
d0137764_12042316.jpg
ちょっと食べ過ぎたかも。。。

でもここは本当に居心地もいいし、店主のご夫婦も気配り上手だし、何気ないお料理が本当に普通にものすごく美味しいお店です。

帰り道にあったら通ってしまいそう。松戸いいなぁ。
と思わせてくれる満足な松戸ツアーでした。
Aちゃん、ありがとね。







[PR]
# by yukinojyo3 | 2017-10-28 12:16 | Trackback | Comments(0)

9月の飲み。


9月もあと数日。
なんだか忙しかったです、9月。特に飲み会が。

その中から数件。
メインは、「郡山に飲むためだけに行くぞー!」
ですかね。

M嬢が福島にお墓参りに行く帰りに途中下車して郡山のツキタクンのワインバーに行くけど合流できる人は行きましょう。

とのお誘い。
その日休日となったし天気もいい。行きましょう。

ふらりと家を出て昼過ぎに郡山に到着。まずお腹を満たします。喉も潤わせます。
d0137764_13090766.jpg
そして私の大好きな街探索に出かけますよ~。

だけど、聞いていたけど、本当に郡山には何もなかった。駅前にすべてがあつまっちゃってるのね。駅近のスーパーが一番楽しかった。
車社会なのでしょうね。人もあまりいないし。ただただ道があるだけ。

どうしよっかな。この日はカンカン照り、そろそろ水分補給しないと。
どこかでビールを飲まなくては。でも日曜のせいもあって店もやってないし、どうしようか。この辺で大きいところと言えばイオンスーパー。そこなら何かあるかも、と行ってみたもののだだっっぴろい駐車場。そう、車社会のこの町でビールw気軽に飲むのはむずいかしいという事にここで気づく私。
仕方ないので、日陰のベンチでこういうことになりました。
d0137764_13084933.jpg
結局駅前あたりでうろうろして夕方M嬢とリーダーと合流。
ツキタクンの店には食べ物はあまりないというのでどこかで何かお腹に入れてから行こうかと思ったけれど、とりあえず店に行っちゃえ、と。
駅からすぐの角を曲がると。
d0137764_13054540.jpg
ありました。『RunaDen(ルナデン)』
以前桜新町アンフュージョンにいたツキタクンが地元に戻りだしたお店です。
外観からしていい感じです。
ツキタクン久しぶり!
店内もセンスのいいインテリアです。
まずビールお願い。
d0137764_13060429.jpg
生き返ります。
d0137764_13061899.jpg
お通しはパン。そしてここの名物?お母さんの煮卵です。
パンと煮卵、なんか違和感あるね。と言っていたけど、この煮卵の黄身のトロトロ加減が絶妙。トロトロの黄身をパンにつけて食べる技もできます。

d0137764_13063454.jpg
おつまみもキノコのマリネや自家製の野菜のジェノペーゼ、とか、色々あるし、美味しいじゃん。そういえばツキタクンの料理って食べたことなかったものね。
じゃあワインをいただきます。
d0137764_13065141.jpg
M嬢と私に選んでくれた白はこちら。
エチケットがステキです。
d0137764_13071682.jpg
リーダーはこちらのビオ。ブドウジュースの様な果実味。

お次はこれ。
d0137764_13074034.jpg
面白いロゼワイン。中華に合いそう。ちょっと紹興酒っぽさをかんじるのかな?

d0137764_13080075.jpg
赤は王道だね。肉にがっつり合いそう。
d0137764_13052991.jpg
飲み物メニューはこちら。飲み比べセットとかもあって初心者でも飲みやすいようになってるのね。それに
白ワイン2番の「白じゃない!ロゼ!」
だったら白じゃないだろう。とか、
赤ワイン1番の「渋みかねい味、まあまあ良。」
まあまあかいっ!
とか突っ込めるところもお茶目。
私たちが飲んでいる間にもひっきりなしにお客さんが出入りしていきます。店はいつでも満席。
まだ2か月ですっかり地元に愛される店になっている様子。ツキタクンの腕の確かさと人柄と店のセンスの良さなんでしょうね。
新幹線の時間もあるのでこの辺で店を出ます。行けて良かった、ツキタクンの店です。
皆さんも郡山に行く機会があったら(ほとんどないと思うけど)是非。ただし不定休なのでそこは確認をしてからね。

郡山までただ飲むだけに行くなんて馬鹿だとおもうでしょ?
だけど、気ままに東京を抜け出して、知らない土地に行ってすごく息抜きになった一日。そういう意味もあるんです。
帰りに自分へのお土産に買ったこれ。
d0137764_13032670.jpg
冷ややっこに乗せたり鍋物に少したらしたりと結構使えるやつです。

さて他には、9月には必ず合わなきゃなアイコとの飲み。場所的に赤羽で。
赤羽飲みを楽しむというより二人で一年あったことを話してお互い安心して生きていけるという会。会う前から電話のやり取りもうまくいかない私ら。
その日美容院に行ったけれど、こうしてほしいといった写真とあまりにも違いすぎる出来を見せてもらって大笑いしたり、飲み始めから私がぼけの連発したり。
昨年いった居酒屋さんがダメになっていたのでさっさと切り上げ、4階からエレベーターに乗ったけれど、1階に着いた時傘を忘れたことに気づいた私、がその時には店のおねーさんが私の傘を持って外から来てくれた。どうなってる?エレベーターより俊足なのか!?とか、次に行った居酒屋でも挙動不審な店員さんがいたりと赤羽の不思議にまたもや大笑いしながらの飲み会。
d0137764_13045152.jpg
来年も無事こうして会えることをお互い切に願って駅でバイバイ。

そしてある日はあるイタリアンにて知り合いの方の誕生日大宴会。
d0137764_13035320.jpg
d0137764_13041425.jpg
しゃべったりなんだりで写真を撮る暇がなく、この二枚だけ。
へしこのパスタ。にチキンの丸焼き。ほかにもたくさんの料理があったけれど、どれも美味しかった。店貸し切りで総勢約25人での誕生会。

マグナムボトルバンバン空いていきましたとさ。

などなど、一枚でも写真が撮れたものだけでもこんな感じ。

こんな感じで9月が終わり、10月からはまた輪をかけて時間の流れが速くなるのでしょう。気が付いたら年が明けて2月くらいになっていそうな感じさえします。

ということで、今回も音楽の事が一つも出てこない9月飲み日記でありました。




[PR]
# by yukinojyo3 | 2017-09-28 14:19 | Trackback | Comments(0)

東久留米で4人会-1人で3人会。


8月も終わりが近付いてきたある日、東久留米の「寿し銀河」さんにて4人会開催予定でしたが、T君だけはどうにも都合がつかず、Aちゃん、Kくん、私で3人会。
私はちょうどいい電車がなく、ちょっと遅れるから先にやってて、とAちゃんに連絡をいれておき、AちゃんからもどうせKくんも遅れてくるでしょうとの返事。だよね~。

ってことで余裕で店に入ると、Aちゃんと、なんとKくんもいる?どうした?
「ぼくいつも早めにきてるよ、ここ5年くらい。」
なのか、、・。
でも30年前くらい前の出来事から飲み会に関してはなんとなくKくんを信用してないAちゃんと私。いまだに30年前のことを毎回いわれるKくんもかわいそうだけどね。

さてk君が早く来たせいではないだろうけど、なんとなく会話がかみ合ってない3人にどのタイミングで料理を出せば戸惑う大将シゲちゃん。

そろそろいいですか。もちろん。そして出てきたのが。

d0137764_11581470.jpg

じゃじゃーーん。のこちら。
なんだ、この幸せでピカピカの一皿は。
地産の豆のポタージュ、豆腐もチーズのようでびっくりした。
日本酒いかないとね。
獺祭と屋守どちらからにします?という事でしたが今後の日本酒の順番はお店の方にお任せすることに。
「とにかく切らさないようにしてください。」とのAちゃんの注文、さすがです。
こういうのをちびちびやりながら日本酒がたまりません。いつからこんなに大人になったんだろうね。若い頃はこういうものじゃ飲めなかったよねと同い年3人。

シゲちゃんがこれからの料理プランを言ってくれ、そのうえで牡蠣は召し上がりますか?
「私は絶対召し上がります!!!」
3にんとも注文。食べ方は、生、しゃぶ、焼き、とありますがどうしましょう。
しゃぶるか焼くか迷ってたけど、3人ともしゃぶることに。

d0137764_11580269.jpg

わーい、なんか牡蠣がいっぱいだぁ~。
そして来た来た。
d0137764_11574871.jpg

みてるだけでも幸せな綺麗な牡蠣です。今回は北海道の昆布森さんと新潟産です。
牡蠣は開けてみないと本当に良いものかはわからないそうで、私の牡蠣好きを知っているシゲちゃんがもし牡蠣が食べられなかったら残念がるだろうと保険で2種類準備していてくれたそうです。愛を感じます。ありがたや。

カウンターにカセットコンロの上に出汁が入った鍋が用意されます。これに10秒くらいしゃぶしゃぶしていただきます。私は一番離れたところにいたのでKくんに任せまーす。失敗はゆるされなよ。しゃぶしゃぶしてもらった牡蠣にスダチを少し絞って一口でいただきます。うんまーーーい。少し温まった牡蠣はとろんとして甘ちくていつまでも口の中に余韻が続きます。はぁ~。溜息が出てしまいます。しばらくして余韻がおさまったところで、2個目行きます。これまた全然味が違う。これまた美味しい。みんな背もたれによかっかって、はぁ~~~。幸せ過ぎる。
シゲよありがとう。
そのうえのこの牡蠣のうまみを出た出汁を温めてくれ、ねぎとポン酢でお汁としていただきます。しみわたる~。
残ったお汁どうしますか?と聞かれ、キープしておいてもらいます。

気持ちも落ち着いたところで刺身です。
d0137764_11564846.jpg

まぐろも綺麗な赤だこと。
d0137764_11563455.jpg

粒貝もこりっこり。日本酒はきらせませんよ。
日本酒2合づつ頼んだ方が効率がよさそうだけど、1合づつ方が冷えたままのめますよ、とシゲちゃんが言っていたのを聞き逃していたKくん、「2合で」と言ったとたんAちゃんと私から突っ込まれ即「1合で」。こういう対処が素早く正しいところがKくんのイイとこです。

そしてまた美味しいものづくしがきましたよ~。
d0137764_11560901.jpg

アワビと大根、蛸、烏賊。どれも柔らかくてしみじみ美味しい。
「こんな美味しいもの食べないなんてTは馬鹿だね~。」と。
日本酒も進みます。
d0137764_11555484.jpg
そんな日本酒も楽しんでいるとき、シゲちゃんが「毛ガニもあるんですけど、皆さんお腹の具合はいかがですか?」と聞いてくれます。
甲殻類大好きの私はもちろんいただきます。3人ともね。
そこでAちゃん「蟹の時にはハイボールだよ。」日本酒だと蟹の甘さをけしてしまうから。さすが。しかも特別注文。角のロックに炭酸少し。だそう。
それだとすごく酔ってしまいそうなので私とKくんは普通のハイボールで。
d0137764_11554000.jpg
こんなケーキみたいな毛ガニ。どこからどこまで手が込んでます。蟹が甘いよ~。
それにしてもAちゃんの飲んでるハイボールというか角ロックに自分で炭酸注ぐスタイル。美味しそうです。KくんさっさとAちゃん方式に乗り換えました。裏切者め。

そしてここから握り行きますよ~。すし屋に来て握り食べないで帰るのかと思ったというKくんも安心したでしょ。
先ずはシンコ。
d0137764_11552433.jpg
今年はシンコは食べられないまま終わるかと思っていたのでうれしい。美味しい。
後の握りも一個一個乗せたいけど、紙面の都合上まとめて。烏賊に海老にしめ鯖にアナゴに。。。
d0137764_14193982.jpeg
今思い出してもどれもおいしかったなぁ。
さっきの牡蠣のお汁も出してもらってます。

そして〆ビールを頼みつつ。私の宝石箱行きますよ。

d0137764_11573383.jpg
今日もキラキラです。なんて美味しいんだ。この量もちょうどいいんです。
あぁ~、日本人に生まれてきてよかった。こういうもの食べられる大人になれて良かった。ほかのお客様が頼んだたくあんを見て巻物にしてもらいます。
d0137764_14195770.jpeg
最後はさっぱりとブドウ。
d0137764_11535606.jpg
椀物もいただき、途中シゲ作美味しい梅漬けの味見をさせてもらってお土産にまでそれぞれいただいてもう、なんといっていいか、大満足でした。
シゲちゃんありがとう。
この寿し銀河さん、一度店を閉めて新たにここの2階にお店を出すそうです。ますますシゲちゃんの腕が光る店となる事でしょう。楽しみです。

こうして大満足して気持ちよく店を後にした3人。
帰りは必ず腕を組んで帰るが鉄則ですが、電車の中でも腕組んでキャッキャやってました。空いていたとはいえ、いい年したおじちゃんおばちゃんが腕組みながらキャッキャしてるって周りの人たちは何だろうと思ったろうな。。。。
とその時には気が付かないご機嫌な3人の帰路でありましたとさ。


[PR]
# by yukinojyo3 | 2017-08-31 13:34 | Trackback | Comments(0)

久しぶりのアンフュージョン。

8月は雨ばかりでした。このまま夏が終わってしまうのでしょうか。
そんな8月もなかばを過ぎた土曜日、桜新町アンフュージョンにてバースデーディナーでした。

さて、アンフュージョンのある桜新町に向かおうと家を出ようとした30分くらい前から外から激しい雨音。外を見ると激しい雨で真っ白になってました。どーしよう。もう少し待てば雨脚は弱まるのか。でも雨雲レーダーだとその様子なし。

決死の覚悟でバス停へ。2分ぐらいバスを待つ間にも雨もだけど、雷の音がすごい。天を引き裂くようなバリバリという音があちらこちらから聞こえてきます。
なんだか、雷様を怒らせちゃいけないと思わされましたわ。

さて渋谷駅に着くとそこは雨宿りする人であふれかえり、浴衣の人がいっぱい。
知らなかったのですがこの日は玉川の花火大会だったのね。

ホームに降りると、「花火大会は中止になりました。」のアナウンス。
でしょうね。浴衣の女の子たち、雨でかわいそうに。

桜新町に着くと雨はかなりおさまってました。よかった。
そしてお店到着。
本当にお久しぶりのアンフュージョンです。2月以来。
楽しみです。
到着すると自動的に出てくるビールを飲みながら今日のメニューを見て期待を膨らませます。
1人遅れてくるとのことで5人でスタートです。

★季節のアミューズバリエ
・漢方卵の半熟卵 クロテッドクリームとトリュフソース
・淡路産 完熟イチジクとフォアグラのコンフィ
・グリッシーニと生ハム添え
d0137764_11264347.jpg
漢方卵って何?なんでも餌に漢方をたっぷり混ぜたものを与えた卵だそうです。
この卵がすごかった。濃厚で甘味があって、混ぜて食べるたびに「なにこれ?」
「うーん」「すごい」とか各所から聞こえてきます。混ざれば混ざるほどまた味が美味しくなっていく。残りのグリッシーニを浸して食べて下さいと言われてたけど、ここでパンも出てきたので、パンをちぎって最後の最後まで拭っていただきます。
もちろんフォアグラのコンフィーとイチジクもものすごく美味しい。
この一皿だけで、ワイン何杯かいただいてごちそう様でもいいぐらいの満足度。

★活オマール海老と白桃のサラダ カクテル仕立て
信州安曇野の夏野菜とライムのグラニテ 黒梅酢の香りで
d0137764_11270519.jpg
あー夏のアンフージョンだなぁ。オマールと白桃の組み合わせ。美味しいに違いないやつ。
これに合わせてくれたのがこちらのワイン。

d0137764_11275177.jpg
すごい濃い色、ビールと同じ色です。
香りもマールみたい。味もマールみたい。
なるほど~、これが海老や白桃のさっぱりとしたうまさに合うわけね。
オマールごろごろ、白桃とライムでさっぱり。なんとも絶妙なバランスでした。

★サーモン・キュールノンスキー
d0137764_11272615.jpg
メニューを見た時に「キュルノンスキーってだれ?作曲家?小説家?」などとさんざん話題になったキュルノンスキー。
ソーセージのことだそうです。でもこの料理を編み出したのがキュルノンスキーさんで、その名前が残っているんだとか。。とシェフが言っていたような。
これ、めちゃくちゃ美味しい。サーモン自体がものすごく美味しいんだな。
またなにこれ、の声があちこちから上がります。
もうさんざんやられてますが。まだまだ続くよ~

★三浦の冬瓜と本ズワイ蟹の冷製スープ
d0137764_11282229.jpg
てかさ、これスープじゃないでしょう。すごく高級な中華やさんで出てきそう。
ここでこんなスープ初めて。たんぱくな冬瓜に蟹が良いアクセントになって上品な味だこと。すごいね。

★越前・三国産 活サワラのフライ
グリビシュソース モンサンミッシェル産ムール貝のフラン
d0137764_11284819.jpg
この器のふたを開けると。

d0137764_11290935.jpg
出た、茶わん蒸し。だってシイタケまで乗っちゃってるし。
ここでフライをいただいたのも初めて。脂がのる前だからできるそう。
グレープフルーツも添えてあります。グリビッシュソースは要するにタルタルソース。フライと合わないわけがりません。そして、フライを食べた後にフランを口にふくんでも味がふわっとして美味しいし、グレープフルーツと食べればさっぱりと。このお皿のなかでどんな組み合わせでも美味しくいただけるというものすごい一皿。フランはムール貝の出汁だけ。それと卵液を茶わん蒸しと同じ割合で作ったそうで、まさに茶わん蒸し。よく考えるなぁ。

★本日のメイン。
d0137764_11292785.jpg
私は鴨をお願いしました。鹿、羊、豚(何産の何とか豚とかちゃんと全部産地と名前ついてますが)もみんなで交換しあって一口ずついただきましたが、どれも美味しい事。鴨もさっぱりです。夏は肉がさっぱりしてる?冬のジビエとは違ってさっぱりいただけてこれもいいなぁ。
牛ほほ肉の赤ワイン煮込みかロッシーニしか頼まなかったころからはだいぶ大人な選択ができるようになりました。要するに美味しい肉は美味しいのです。

★ココナッツのムースと南国フルーツ・赤いハイビスカスのゼリー寄せ
ソルベエキゾチックとパッションフルーツ

さて、今回はリーダーとコイちゃんの獅子座会のバースデーディナー♪

d0137764_11295964.jpg
おめでとう!!!ここでプレゼント渡し始めるとソルベが溶けてしまうので徐々にね。それぞれのプレゼントを楽しみながら。
d0137764_11305749.jpg
今回のカフェアート。リーダーのはアジフライ。
今回のサワラのフライが美味しくてその時にリーダーが「これ、鯵でもうまいんじゃない。」と定食屋的なことを言っていたからか?
そしてマコトくんのは
d0137764_11311086.jpg
甲殻類が食べられないマコト君は今回そういうものは別メニューだったので、せめて絵だけでも海老?
いつもながらビミョーすぎるカフェアートでありました。

それにしても今回すごかった。フレンチを超えちゃってる?
和洋中取り入れてますね。でも一皿一皿がすべて素晴らしかった。
円熟してキクチシェフのお料理。堪能いたしました。

あぁ、美味しかったなぁ。全部リピートしたい。

こうして久しぶりのアンフュージョンはやっぱり美味しかったのでした。
ごちそうさまでした。獅子座会の二人、おめでとう!

翌日の夜は色々なところから花火の音が聞こえてきました。
無事開催できて良かったなぁ、と思いながら遠くに見える花火を楽しみました。
夏は戻ってくるのかなぁ、このまま終わってしまうと寂しすぎです。




[PR]
# by yukinojyo3 | 2017-08-22 11:25 | Trackback | Comments(0)

今、運河が熱い?

買い物に出るのに管理人さんはいないし、いつも挨拶してくれる交通整理のおじさんがいないのはなぜ、というところで今日が祝日だと気が付いたところで、続けてのブログアップです。

先日、地元の友達から「Eテレみて、流山出てるよ。」と聞いた時には私は夢の中。
再放送情報も教えてもらい昨日見ました。
『ふるカフェ系 ハルさんの休日』という番組で「千葉・流山のふるカフェhttp://www4.nhk.or.jp/furucafe/x/2017-07-12/31/13502/1973030/」という題名で運河のカフェを紹介していました。

あ、まず「運河」って?と言われることがありますが、これが駅名なのです。
東武アーバンパークライン、昔でいう東武野田線の駅。

そこには江戸川と利根川と結ぶ利根運河というものが流れています。

今でこそ、地元の友達が顔が広く、運河の色々なところを紹介してくれますが、それまではほぼ縁のない駅でした。それが久しぶりに行ったてみたら立派になっているは川沿いは緑豊かだわでいつの間にこんな街に、と、びっくりしました。

先日も実家に帰ったついでに運河でギターの友人と音出しすることに。
待ち合わせまで時間があったので、川沿いを散策。
d0137764_14230842.jpg
カップヌードルの販売機にこの何とも言えぬシャッターの絵。渋い。

その先に行くと何やら森の中に古い蔵のようなものが。探検隊出動です。
d0137764_14232565.jpg
夕方以降は一人では通れないうっそうとした山道(森路)を下りていくとこんな建物が。あとから聞けば、窪田醤油という会社の倉庫だったようです。

この後、友達と待ち合わせの「Cafe&Dininng SLOW」というお店が仕込みの時間帯お店を使わせてくれるとのことです。
以前飲みにつれて来てもらったこともありますが、オレンジを基調としたアメリカンな店。そのかっこをさせればジャック・スパロウそっくりなんじゃ、なかっこいい店長さんもいていい店です。

ここでビール飲みながら(私だけ)音出しなどして、もう一人小学校の同級生も駆けつけてくれ、ランチに連れて行ってもらいます。

ランチに行ったのは「ギャラリー平左衛門」という駅近くの竹林に囲まれた心地のいい空間の中にあるギャラリーに併設されている「茶房 さわ」というところ。

2種類のランチから蕎麦のランチをいただきました。美味しくてお腹もいっぱい。


食事のあと、ギャラリーになっている蔵を見せてもらえるよう友達が頼んでくれてました。
築120年のお蔵をリフォームしてギャラリーとして作品展やコンサートに使われているそうです。
d0137764_14234117.jpg
なんともいい感じ。
場所によって音が違うというので、音出しもさせていただいちゃいました。

d0137764_14235580.jpg
歩き回りながらいろんなとろで引いてみると、天井が吹き抜けているところだと一番高音のE線がビンビン響きます。気持ちいい~。
しばらく弾かせていただきました。
そうしたら、なんと、今日のランチ代はいらないから、とご厚意でごちそうになってしまいました。

友達は今後ももっと案内したいところがあるそうなので私のなかでも運河は今、熱い街となっています。
もし東武アーバンパークラインを利用する際には運河に注目してみてくださいね。なかなかないと思うけれど。
d0137764_14240732.jpg
日暮れ時も綺麗でした。
運河はお店も人もいい街です。前回は「アジアンキッチン イニサジャ」さんにもお世話になりました。
どのお店でもよくしていただきありがとうございました。
そしていつもその素晴らしいアシストをしてくれる友よ、ありがとう。


[PR]
# by yukinojyo3 | 2017-07-17 15:04 | Trackback | Comments(0)

タイミングばっちり。

7月も半ば過ぎ。
時が経つのが早すぎるし、セミの声や秋刀魚の話が出てくると、8月があることも忘れ、秋がすぐそこまで来ているような気がして寂しさを感じてしまう私です。
だって秋が来たら冬がすぐ来て寒くなるし日照時間は少なくなるし。

という感じで時が過ぎて行っているので、これは6月終わりの話になりまりますが。

仕事が良い時間に終わる日にご一緒の仕事場だった仲良しAちゃん。
つつつつーー、と背後に立っておりました。

今日いかがですか?
空いてますよ!

やったー。
ということで急遽ですが2人とも行きたかったのは小川町のイタリアン「Zect」。
仕事が終わり足取りも軽く向かいまーす。
こんばんは~!
最近FBでノーゲストの日があると店長が嘆いたのでこの日はどうかなと思ったけれど、店は賑わっています。よかったよかった!

さて私達の目的は社員研修でフィレンツェに行ってきた戦利品。
店長、頭がいがぐり坊主になってますが。

先ずはお土産セット。
d0137764_12331039.jpg
サラミやハムにオリーブ。
おいしい。なんかうまみがすごいです。器も一新したのね。
今までシンプルだったのが急にかわいく変身してました。
d0137764_12334778.jpg
辛いピザ。奥に見える台で手打ちしてくれます。この薄さがすごくツボ。
辛いのはチョリソーかサラミか?
店長、この日は忙しくて大変。

d0137764_12332500.jpg
これはトリュフチーズ。トリュフの香りがすごかった。すごすぎて普通のチーズまでこれと一緒に食べるとトリュフチーズになるほど。

d0137764_12341629.jpg
上方はいがぐり坊主になってもテビチのような腕は変わらず。この手でパスタを打ってくれます。
そしてこの日の暖簾は2種類の麺。開化楼さんというところの麺(だっけ)と手打ち麺を同じソースで食べ比べさせてもらいます。
d0137764_12343334.jpg
d0137764_12345461.jpg
ソースは魚介のラグー。アサリたーーーーっぷりです。
麺によってこんなに感じが違うんだなという感じ。
舌触りの良い手打ちパスタ、縮れ麺の方はソースががっつり絡む。
どちらも好き。てか、まずソースが美味しいんだもん。

なんとなく炭水化物寄りになってしまいお腹も満足。
ここでAちゃんはお目当てのグラッパ行きます。
ちょっと味見させてもらったけど、香りもすごく良かったような
強いお酒はあまり飲めないヘタレの私はお決まりのビールで〆ます。
d0137764_12352042.jpg
いやー、Aちゃんとばっちりタイミング合ってこの日ここに来れて良かった。
やっぱり楽しくておいしい大好きな店です。
良い6月の終わり飲みでした。

[PR]
# by yukinojyo3 | 2017-07-17 13:13 | Trackback | Comments(0)

面白すぎたお鮨屋さん。

仲良しAちゃんと「遊ぼうね~。」と言っていた先週。
どこに行こうか?とかやっていた時にAちゃんのゆかいな兄さんからのお誘いがあり、代々木上原のお鮨屋さんに行くことに。

駅で待ち合わせてAちゃんから「大将がものすごく面白い店だから。」とレクチャーを受けながら駅すぐのお鮨屋さんへ。

お兄さんは少し遅れるとのことなので先にやってます。

荷物を置いたりしてると、「いよっ!」
…。
何か聞こえた?

さて、ビールでカンパーイ!この日はビール日和。ぐびっといこうとするところで、「んにゃっ!」
あっぶなーーい。もう少しで吹くところだった。
Aちゃんから聞いていたからいいけど、ここの大将、自然と掛け声がでちゃうらしい。
d0137764_11312177.jpg
岩ガキがあったので、私は生で、Aちゃんは焼きでお願いします。
うんま~い。
d0137764_11313393.jpg
ヒラメと鯛。ポン酢でいただきます。
うんま~い。
その間にもよっ、はっ、と掛け声の不意打ちは続くし、大将の話が面白い。もうぐんぐんツボに入ってきます。

そのうちAちゃん兄さん到着。
お兄さんは翌日ゴルフで早いのであまり飲めないというのに私達は日本酒も行っちゃいます。
d0137764_11315327.jpg
かつおとアジを生姜醤油で。
握りもごはん少な目でお願いします。
予約の常連さんたちもどんどん入店してきて、どんどん大将のテンションも上がっていきます。もう私、ドツボにはまってしまい、ずーっと下向いてくくくくっ!
そのたびにAちゃんにテーブルの下で足たたかれてました。
もうだめだ、面白すぎる。
d0137764_11321200.jpg
アスパラガスのサラダ。こういうメニューがあるのもうれしいお鮨屋さん。
何より、ここ、ものすごくネタがいいんです。
あれ、今旬だっけ?というものも「旬より産地で選んでいる。」というだけあって、産地も書いてあります。仕入れがすごい。
握りもハマグリとか、概念を変える火入れ加減、鯖の脂の乗りも最高。
笑いだけちゃなくちゃんとものすごく美味しいものがいただけるんです。


牡蠣は最後に頼んだお客さんの時には品切れ。カウンターのお客さん、みんな証拠
(殻ね)残してるし。
そして常連さんでいっぱいになったお店で大将の注文忘れちゃう話から来た客断っちゃう話からもうどれを聴いても面白いし、また大将の顔がはっきりしてるもんだから余計面白くてもう笑いっぱなし。もうゆるしてー!

最後に雲丹を頼もうと思っていたけど、笑いでお腹いっぱいになっちゃって、もういいや状態。飲み物もぐびっと行ったときに大将の不意打ち掛け声に合うと吹き出してしまうので注意しながら行きます。

最後に巻物でネギトロをいただいてフィニッシュ。
ごちそう様でした。また絶対来たい。
ここで翌日早いお兄さんは帰宅するという。
お休みなさい。ごちそうさまでした。

お兄さんと別れ、二人になってからまた思い出し笑い。
ちょっと待って階段降りてからにして~。
Aちゃんと面白話してると笑いすぎて階段から転げ落ちそうになることが多々あるので、笑いをこらえて階段を下りてから笑わないとね。
大将の話で大笑いしながら梅ちゃんBarに向かいます。

ここは打って変わって静かな雰囲気。
うめちゃんの憎まれ口にふんがふんがしながら、ビールにワイン、そして梅ちゃんスペシャルでスイカのカクテルをいただき、うん、やっぱり「腕は確か。」とAちゃんに言わしめる梅ちゃんのカクテルは美味しいかった。

うめちゃんといいすし屋の大将といい、腕は確か、ちゃんとしたものをちゃんと提供するっていうところがね。

Aちゃん兄さんが言っていたけど、「ある意味日本で唯一のすし屋だろう。」ほんとそうだわ。
ってなわけで、この日はものすごいインパクトのお鮨屋さんで一年分くらい笑ったかも。もう少し落ち着いてお鮨を味わえるよう、大将にもっと慣れたいような、このままずっと笑いのツボにはまったままでもいいような。

いつもAちゃんとの飲みは美味しくて楽しいけど、楽しいを通り越して笑いっぱなしの夜でありました。今思い出しても笑える。。。



[PR]
# by yukinojyo3 | 2017-06-11 11:30 | Trackback | Comments(0)

地元時間。

6月に入りました。
5月は夏日が多かったような。

梅雨入り前に爽やかな代々木公園の写真でも。
d0137764_11404781.jpg
d0137764_11430608.jpg
ゴールデンウィークの頃のものかな。

さてさて、珍しいことに先月今月と続けて実家に帰ってきました。
ゴールデンウィーク帰るね、と言っておきながら帰る暇がなかったので5月中に一度帰らねばと思って。

実家は電子レンジを買い替えたのですが、これがネットに接続されていて、色々しゃべる。
「おはようございます。」「今日のメニューにいかがでしょう。」とかとか。
父はいい話し相手が出来たと喜んでいるようです。
電子レンジとの会話を楽しむ父。このままでいいのかな。。。

庭ではさやえんどうが育ちまくってました。

d0137764_11474511.jpg
朝採ろうと思っていて忘れていたら夕方にはもう伸びているそうです。
「ジャックと豆の木とはよくいったものだわ。」
お母さん、それ何か違うと思う。。。

夜はすぐ近くのお友達のお母さんがやっているお店で小学校の同級生4人で飲みながら地元あるある話。
一番のあるあるが私達が若かったころの終電早すぎて東京で飲んでると10時過ぎにはそわそわしだす、と一瞬の居眠りが命取り話。
都会と違って一駅が長いので乗り越したら泣きそうになるよね。とかね。
10時過ぎには解散。郊外の夜は早いのです。でも「またかえって来た時には知らせてね。」「こうやって40年経ってまた会って飲めるなんて思ってもいなかったよね。」なんて言いながらバイバイして。30秒くらいで家に帰れる気楽さ。

そして先日も実家に。
実家方面にコンサートを聴きに行き、母も一緒だったのでそのまま実家に。
緑も茂ってきました。
d0137764_11453373.jpg
d0137764_11455127.jpg

このバジル、東京で買ったらいくらかしらとか考えてしまいます。
さてさて12時になり、この日もまた駅で同級生2人と待ち合わせ。
友達が車を出してくれ、出身小学校に行ってみます。
この日土曜日だったので普通に学校やっているのね。ちょうど給食時で懐かしい給食の時の匂いがしました。
入口で「卒業生なのですが、写真とかとってもいいですか。」と許可をもらい校内は無理だけど、あとはどうぞ、と丁寧に対応していただき、校庭に出て見たり体育館が昔のままで懐かしかったり。でもどこに視聴覚室があったとか、ここに何があったとか、2人ともいろいろなことよく覚えてるなぁ。     
    
d0137764_12314970.jpg
校庭も広ーい。周りに高い建物がないので空が本当にきれいで広かった。
校内見学も終わり、お礼を言って学校を出た後は隣の駅に。
ランチして。

d0137764_11465248.jpg
暑いので水分補給も大切!
このお店を使わせていただいたり、友達の事務所を使わせてもらわせたりして楽器弾いちゃったりなんかして、また飲みに行って、9時ごろまで。

帰りも乗換駅まで車で送ってもらったけれど、その最中にも、ここ、○〇君の家だよね、とか△△さんの家だとか、まあ、よくおぼえているなぁ。
私は後部座席で「ふぅーん、へぇー、ほぉー。」でした。

こうして帰ってみるとまだ地元にも友達はいっぱいいるし、やはり緑は多いし、空気もいいし、この辺に住んでたら楽しいんだろうな、なんても思うけれど、たまに帰るからいいんでしょうね。

そしてやはり気温が低い。東京の家を出るとき、ちょっと暑かったかな、と思う服装でも駅を降りるとちょっとひんやり感じますもの。だから寒さに弱い私は冬にはお正月しか帰れないのです。

次は梅雨が明けた7月ごろに帰ろうかな。庭に植えてあるものが収穫できるころにね。
プチ気分転換、そして同級生たちとの気の置けない飲み。
そんな地元時間でありました。



[PR]
# by yukinojyo3 | 2017-06-04 12:51 | Trackback | Comments(0)

やっとたどり着きました。

5月もはや20日。すっかりブログ放置してました。


そしてこれは10日ぐらい前のお話。なのできおくもあやふや。

ライブが終わり、まずの一緒に飲みたいのが仲良しAちゃん。
だけど、なんか慌ただしくて2人の予定も合わず、この前やっと行けました『ZecT』さん。

ライブ前は外飲にする気になれない私。そんな私の様子をいつも察してくれるAちゃんがライブが終わって飲みにいこ~!ってなったときに「どこの店に行きたい?とと聞いてくれたとき迷いもなく真っ先に挙げたのがこの店。

私は開店時間に到着。Aちゃんは仕事で遅れるという事なのでお先にやってまーす。
d0137764_12354236.jpg
ああ、このカウンターにマスターにアオキちゃん。好きなんだな。
しばらくしてAちゃんも到着。Aちゃんは泡でカンパーイ!
料理もいただきます。

d0137764_12394642.jpg


d0137764_12412148.jpg
サラダ変わった?と聞いたら盛り方を変えただけだよ、だそうです。
さて何食べようか。
最後にパスタは絶対最後に食べるとして。
でもポルチーニ茸のリゾットも絶対食べたいね。
なのでお願いします。

d0137764_12533683.jpg
美味しーーい。この絶妙なアルデンテさ、凄いなぁ、ポルチーニの香りもふんわり。美味しくて食べ終わるのもったいないくらい。

そしてもう一つ気になったメニュー『アリスタ』も頼みます。
ハーブを効かせたフィレンツェ風ローストポークだそう。
最近肉が好きなのです。
出てきたのは、
d0137764_13010569.jpg
綺麗な色の肉です。でも私のもう一つのお気に入りのお肉にも登場していただきましょう。
d0137764_13023193.jpg
私の大好きなマスターのテビチのような腕です。手首の曲がり具合もテビチっぽくていいね。モミモミさせてもらいました。むっちむち。
この店来てこんなことしてる人いないだろうな。。。
肉はもちろんのおいしさ。あ、アリスタの方ね。

さてパスタはどうしよう。
「ボンゴレか、あとはボロネーゼかな。」というのでボロネーゼをお願いします。
すると暖簾はこんな感じ。
d0137764_13083186.jpg
かなりの太麺で好み。
そしてこれがこうなる。
d0137764_13093614.jpg
うわぁ~い!絶対美味しいやつだ。んーここのパスタ大好きです。
やっぱりこの店が好き。
味も人もそしてAちゃんとここで飲むのも。
このあとデザートまでいただいて大満足。

ライブが終わってAちゃんと飲むのは私にとっては遠足で「家に着くまでが遠足です。」と言われるように「Aちゃんと飲むまでがライブです。」みたいな感じで(ちょっと違うか!?)やっとここにたどり着いた感ありでした。
なんかやり遂げた感ありです。

しばらくぶりにPCを開くといろんなことが使いにくくて、このブログも写真のアップの仕方とかが変わっていてものすごくいらっとするんですけど。
わたしのブログは思ったまま一気に書きあげたいのに、途中で邪魔されるとやる気なくなってしまう。
ま、いいか。慣れてきたうちに次のブログアップできればいいけど、そうそうネタもないし。今後文章にイラッと感を感じても気にしないでくださいね~。

で、要約すると、やっとAちゃんと飲めて好きなお店にも行けて美味しくって満足だったということでございます。





[PR]
# by yukinojyo3 | 2017-05-21 13:25 | Trackback | Comments(0)

ありがとうございました。

ザ・芸者ストリングス・カルテット

定期ライブ 其の二十 ~幸運~

15日に無事開催することが出来ました。

一年に一度わたしの指先が固くなる時期です。

ここ数年は本当に年齢を実感します。

体調、肩腰腕の痛み、指の回らなさ…

リハもちゃんと休み休みやらないとね。

1月の曲決めから始まり、稽古を重ね、約一週間前に一度通し稽古をしてこれはやばい!となり、それぞれ気になったところを取り出して細かくやって音のバランスや弾き方をそろえてなど細かい練習をするとだいぶすっきりして輪郭が見えてきます。

それでも今回最後まで頭を悩ませたのはやはりフランセでした。
弾き方、解釈どちらもね。いまだにどうだったんだろうと思う。
昨日春奴にあったとき録音聴いた?と聞いたら「怖くて聞けない。」って。

晶ちゃんも紅玉も反省飲み会やりたいねー、って言ってるのでみんなで一緒に録音聴いて笑い飛ばせたらいいな、と思ってます。それともみんなで落ち込むのか。いや、お酒があれば大丈夫、きっと、、、たぶん、、、。

私自身は本番二日前に急に緊張がピークになってしまい、リハでも弓は震えるは脈拍上がるは夜中に目が覚めてドキドキするは。

だけど、前日には少し落ち着き、そして毎回のことながら会場のムジカーサに着くとなんだかホッとするのです。

腕に負担がかからない程度にテーブルセッティングなどを手伝い、あとはスタッフにお任せしてリハーサルに入ります。
今回一番驚いたのは子供たちの成長ぶり。

小さい時から見てきた2人は今年高校1年生。
もう立派な女性になっていました。なんか子供の成長ってすごい。
そりゃーこちらも歳をとるわけですね。
d0137764_13584486.jpg

d0137764_103446.jpg

こんなふうに準備してくれました。

そして本番。
フランセはやはりお客様もはてなマークだったのではないかと。もし率直な感想聞かせていただけたら参考になります。。
弐部はお客様に盛り上げていただきました。
それにしても幸せそうな曲を集めてみたらポルタメントを使う曲ばっかりだ。と練習しているときに思い、アンコールはわたしの独断と偏見で落ち着くものを選ばせていただきました。

こうして無事20回めの定期ライブが終わりました。
20回というのは一つのくぎりでもあるので無事迎えられたことはうれしく思いますが、今後回数にとらわれることなく、4人で続けられるだけ続けていけたらいいなと思っています。

足を運んでくださったお客様、励ましいただいた方々、そしてスタッフの皆様に感謝です。

そしてこの4人で弦楽四重奏というものが続けられている幸運に感謝です。

ありがとうございました。

本番や打ち上げ写真はこちらかから↓
顔出しNGな方がいらしたらお知らせください。

写真。
[PR]
# by yukinojyo3 | 2017-04-18 10:10 | Trackback | Comments(0)

今度弾く曲私の想い。

さて定期ライブも明々後日に迫ってきたというのにこんなことしてていいのでしょうか。

ですが自分への覚書として。

一曲目は
フランセの弦楽四重奏曲。

フランセは1997年没なので最近の作曲家ですね。
フランスの新古典主義音楽の作曲家だそうです。

この曲は聞いた時に軽い感じなのでいいんじゃない?と決めたのですが。。。

こういう曲こそ難しかった。
フランスのオシャレな感じ、日本人の私にはわかりませんの。
思い入れができるわけでもないし、誰がメロディーなんだか悩むところ多いし、4人の掛け合いが多いのでそれがそろわないとかっこが付かない。3楽章などは掛け合いの最たるもので回数こなして慣れるしかないね。ってことでとにかく通し練習したりしてます。

こういうのが一番難しい。今回もこれが罠だったかぁ、という感じです。
その点、昨年のクライスラーはわかりやすかったなぁ。
そのうえ技術的にも難しいところが箇所箇所あって、でもそうした意味が読めなかったりする。

フランセは幼いころから天才と言われたそうで、ラヴェルがフランセの少年時代フランセの両親に「この子の才能は旺盛な好奇心に恵まれていること、この感受性をしなびさせないように」といったと言われる。Bywiki。

フランス音楽とフランス映画と天才の感性はよくわからない私でありました。
こんなことをライブ前に言いきっちゃっていいのかわからないけど。
挑戦したらいままでと全く違う意味で難しかったという曲かな。
こういう曲を何気ない顔して華麗にひけたらいいんだけど。。

2曲目
メンデルスゾーン弦楽四重奏曲第2番

この曲はメンデルスゾーンが18歳の時に書いたもの。
ベートヴェンの弦楽四重奏曲から多くの着想を得ている。
なるほど。よくわかる。
けれど、そこはメンデルスゾーン。やはりロマン派という感じです。

この曲同じメロディの掛け合いが続くので練習が続くと毎日どこかの部分が頭の中でなっていたりします。
そしてビオラからから始まる掛け合いが非常に多い。ほぼそうのじゃないかな。

なんでこんなにビオラが多いんだろうね、と4人で話していて、「ビオラ弾きに淡いおもいを抱いていたんじゃない?それも年上のね。」とか想像して楽しんでいます。

そして1stヴァイオリンのカデンツァもかなり多い。これも弦楽四重奏曲では珍しいかも。
これはもしや自分を愛しの人にアピールしたいってことなのか?なんて洗濯物干しながらおもいついたりして、一人で想像して楽しんでます。

このなんとも曲への思い入れが感じられない文章。
この前通し稽古をしてやっと全体像が浮かんできたかなぁ、ぐらいでまだつかめてない感満載なのです。このままだと不安と緊張でいっぱいなまま本番を迎えてしまいそう。

あと二日でどう変わるのか。
頑張ってみよう。
[PR]
# by yukinojyo3 | 2017-04-13 10:31 | Trackback | Comments(0)

花より団子。

花見シーズン真っ盛りですね。

私も先週末に花見してきました。

恒例高齢花見宴

中目黒のあるお店で毎年バーベキューしながらお花見の会です。
前年にもう今年の予約を取っておくのだけど、みんなで高齢なので、何日に予約取ったっけ?と3月ごろからざわざわする会です。

今年は開花宣言は早かったけれどそのあと寒くなったのでなかなかつぼみがひらきませんでしたね。

さて私は池尻大橋側から目黒川沿いに歩きながら中目黒を目指します。

こちら側はまだのんびりした雰囲気です。
そして山手通を超えドンキなどを通り越したあたりからまた目黒川に戻ると、そこはすごい人込み。

d0137764_10552470.jpg

d0137764_1111610.jpg

d0137764_112283.jpg

まだ五分咲きくらいかな。でも綺麗です。

ここではまだ写真撮る余裕ありました。
が、ここから中目黒方面に向かうのは本当に大変。ものすごい人に加え、中目黒方面から歩いてくる流れに逆らって歩くことになるのでより困難さを増します。

そしてやっと到着。
苦労して来たかいあってビールがうんまいね。
さて七輪で焼き物始めます。
d0137764_113535.jpg


大量の肉から。でも火が強くて軽いボヤ状態。
こういうことに慣れている殿方たちが火力の調整をして片方は強火、もう一つは弱火にしてくれます。
d0137764_1141338.jpg

強火の方は炎あがってますね。

魚もあるよ。
d0137764_1144798.jpg

アジの開きを皮目から焼いたらかたーくボロボロに。こういう時は身の方から焼いた方が良いんだよ、と、殿方に教えていただく春奴と私。勉強になります。

d0137764_1165641.jpg

焼いている間に、と煮物まで。これがまた美味しかった。

d0137764_1175153.jpg

エビフライに稲荷寿司に鉄火巻き。どっひゃーなボリューム。
エビフライなんて何年ぶりにたべたろう。ソース染み染みのしたに敷いてあるキャベツの千切りが妙に美味しかったりね。

まだまだ肉もたーっぷりあるよ。焼いても焼いてもある感じ。
通りがかりの人たちが口々に、いいなぁ~、と言いながら通り過ぎていきます。
いいでしょ!
花見って暖かい日でも夜になると冷えてくるけど、火で温まりながら炭火焼で暖かいものをたべてお酒飲んで座って花見ができるなんて最高ですもん。

日が暮れてくると灯りがともり夜桜が綺麗です。
d0137764_11133528.jpg


だけど、食べるのに大変。さらに。
d0137764_1114671.jpg

フルーツと団子も出てきた。まさに花より団子ですな。

流石に高齢花見なので食べきれず、残ったものはお店でラップとアルミホイルをいただいてそれぞれお持ち帰りしました。

いやー、とにかくお腹いっぱい。残念なのは食べ過ぎてしまい、飲み放題なのにお思ったほど飲めなかったことかな。なんといっても高齢なもんで。


こうして無事今年も恒例高齢花見の宴終了。
楽しかった美味しかったお腹いっぱいだった!

帰りはまた池尻方面へ。
川沿いは避けて山手通りに出て春奴とホットワインを1杯だけ。

ここで春奴ともバイバイして家まで歩いて帰ったけど、家についてもお腹いっぱい、翌日までお腹いっぱいでしたとさ。

今日あたり桜も見ごろかな。風が強いので花びらも舞い始めてますね。
こうして今年も桜の時期が終わっていくと思うとちょっと寂しいけど、そのあとには新緑の季節が待ってますしね。その前に芸ストライブも。とさりげなく宣伝を挟みつつ。
さて来週は怒涛のリハ週間、そして本番だ!
[PR]
# by yukinojyo3 | 2017-04-07 10:46 | Trackback | Comments(0)


ヴァイオリン弾き、芸者ストリングスカルテット(芸スト)雪之丞の日常をなんとなく。ほぼ飲食ブログと化してます。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
フォロー中のブログ
最新のコメント
南風さん。 そうだ、芸..
by yukinojyo3 at 15:45
宮崎が10年以上前って、..
by 南風 at 19:48
鍵様、了解です。ありがとう。
by yukinojyo3 at 22:53
スミちゃん。 それは残..
by yukinojyo3 at 15:48
4月15日はスチャダラパ..
by スミノフ at 14:41
スミちゃん。 >街を破..
by yukinojyo3 at 11:30
おおー!雪さまもシン・ゴ..
by sumirnoff1 at 21:23
南風さん。 それはトラ..
by yukinojyo3 at 09:28
おや、ダリ展ってそんなに..
by 南風 at 18:51
DAIさん。 ダリ展は..
by yukinojyo3 at 01:31
メモ帳
最新のトラックバック
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
夢とは遊びの世界を描いた..
from dezire_photo &..
18世紀のイタリアを代表..
from dezire_photo &..
中秋の名月
from おん ザ ひとりごと
カニ遠方より来たるありま..
from 東京アンダーザブリッヂ
北海道開拓おかき
from 迷わず並べよ 食べればわかる..
クロワッサンNO1を体験!
from 東京アンダーザブリッヂ
気が付けば朝……
from まいにち酒飲み
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧